マッセで講演します

この頃僕の仕事は多岐にわたります。一昨日は視察で、レストランを樫田の某所で開きたいという某有名レストランのスーパーシェフ(ご想像つくと思います・・)をご案内したり、昨日はユアサの工場跡地を関大の皆さん18名もいた!(笑)と一緒に視察したり。
マッセで講演します_d0047811_219583.jpg
マッセで講演します_d0047811_21102638.jpg
マッセで講演します_d0047811_21103741.jpg

マッセで講演します_d0047811_21192244.jpg


この頃は、こういう外に出て、いろんな空気を吸ったり、情報を発信したり、そういう仕事の比重が大きくなってきました。部長の一人くらいは僕みたいなのがいていいのかなって思うようになりました。それと、「百聞は一見にしかず」ですもんね。最高に楽しい。


そもそも、僕の役職は市長公室長。分かりますか?どこに行っても説明に窮します。いっそ、営業部長とか経営部長、このブログの題名の企画部長といったネームが分かりやすいと思うこともしばしば。ともあれ、奥本市長も経験されたこの市長公室長という名前を変えるのは憚れるので、しばらくは(永久に?)そのままだとは思いますが。

さて、仕事の一つに講演や研修講師があります。最近は落ち着いて、大きな講演で月1、2回のですが、なぜか7月は大きなのが4から6つ入りそうです。そのうちの一つにマッセがあります。今のところ以下のようなことを話そうと考えています。
マッセで講演します_d0047811_21132274.jpg

マッセで講演します_d0047811_21154080.jpg


((題名))飛び出せ公務員!-生き残る公務員(企画マンとして)になるためには- 

★調整型公務員はたくさんいるし、有能な人も多いので、僕は企画マンとしての生き残りに賭けた(笑)。やっと需要が出てきた。

★まずは、外回り営業マンになってみよう(平日忙しければ土日に。)。
 
★営業で情報をキャッチしたら、「キーパーソン」を探す。

★公務員では思いつかない発想をする「プロ」と企画段階から組む。

★ただし、自分のオリジナルもきちんと出す。でないと、プロからバカにされる。プロと公務員とでオリジナルの創造する。言い換えれば、自分が「ブランド」になるくらいの気概で。

★マスコミを活用するべし。・・・広報は民間ではひとつの部であるくらい。広報は企画と同じくらい大事。

★「遠交近攻」の視点を持つ。ちなみ遠交近攻とは、遠方の国家と結んで(同盟して)、近隣諸国と対決する(攻める)、という外交戦略を意味。ポイントは“外交”。例えば、市役所の中がなかなか変わらなければ市民を味方につけ、市民から変えてもらう、とか、市の中心地を変えるには周辺を変える(いつか説明します。)とか。

★高槻市の実績:関西大学、オーガニックキッチン、ドコモ等、力のある「一流」と組む。これらと組んで、まちのにぎわいも然ることながら、地域の希少価値を生ませる。具体的には、高槻でしか味わえないような価値を創造する。フランチャイズのお店はこれが弱い。

★地元の一流も外の一流と一緒に(負けないように)頑張る必要。まち株に期待。

★今やっていること。スモール・ラグジュエリーホテルの誘致(Hホテル(変な意味じゃないですよ。ホテルのイニシャルです。)と超進学校の誘致。東急ハンズにも仕掛けています。うまくいくかなぁ(笑)。
# by fromhotelhibiscus | 2005-06-01 00:01 | まちづくり

負けも勝ち!?

NHKスペシャル

こちらこそ、はじめまして。僕の知人友人もバブル崩壊に伴って、企業戦士としての戦いに敗れ散ったことを昨日のように思い出します。が、今はまたそれぞれの人生で力強く生きておられる(全員が、というわけではないんですが)のをみて、自分の励みにしています。勝ちがずっと続かないのと同様に負けも続かないのでしょうね。そういう意味では、今回のNHKは、「勝ち組」、「負け組」双方に変な肩入れをしていなったので、見やすかったと思います。
# by fromhotelhibiscus | 2005-05-31 13:35

メルマガ論

ブログをはじめて三週間くらいになります。あまり宣伝していませんが、一定の訪問があります。ありがとうございます。以下の画像は、バンコクの「ジム・トンプソンの家」からです。お薦めです。

さて、ブログ利用者が爆発的に増えているようです。そのあおりで、メールやメルマガが無くなるんではないかということも聞かれます。現に、某インターネット会社では社内メールが無くなって、社内ブログに取って代わったという話。

その会社ではメールだと社内異動があったりすると届かなくなってしまって、人間関係までおかしくなってしまうと。
メルマガ論_d0047811_2132063.jpg

ま、それはちょっと大げさのような気がしますが、一方で、ブログとメルマガの境目が自分自身はっきりしないし、多分そんな論文なるものも無いでしょう(あったら教えてください。)。

でも、何だか似ているものどおしのブログとメルマガだと、双方向性の有無、特にトラックバックの機能を考えると、やっぱりメルマガは廃れていくものと考えます。
メルマガ論_d0047811_21322040.jpg


その中で僕の好きな「力のある」メルマガを紹介します。「力」の内容は三種三様ですが、これらはきっと「しぶとく」生き残ると思います。

Japan Mail Media 作家・村上龍が編集長を務めるメルマガ。村上龍と金融経済の専門家のネットワークによる金融経済関連の記事を中心に、アメリカ、イギリス、オランダ、韓国、中国など各国からの政治・経済・メディアレポート等が見れる。特に、各国レポートが面白い。昔、内閣府の参事官がここに投稿して物議を醸し、クビになったこともある。

おいしいもの見つけ隊メールマガジン
食品のプロが実際に自分で食べてみて、おいしいと思ったものだけを紹介。なかなか一般の情報では得られない、おいしいものが発見できるし食にまつわる情報も満載。 高槻在住の瀧田さんの恐るべきメルマガ。文章が読みやすく、食が文化だというのを痛感する。

ごまめの歯ぎしり 衆議院議員河野一郎じゃなかった河野太郎のメルマガ。 自民党内野党(笑)の彼らしい内容。主張がはっきりしている上に、文章も短く、更新頻度も高いので、非常に読みやすい。官僚はいやだろうなぁ、彼のメルマガ。

メルマガ論_d0047811_2132423.jpg

メルマガ論_d0047811_2133627.jpg
メルマガ論_d0047811_21325293.jpg

# by fromhotelhibiscus | 2005-05-31 00:55

NHKスペシャル

昨晩(28日)のNHKスペシャル「日本の群像 再起への20年 第2回 銀行マンの苦闘」はご覧になられたでしょうか。

「負け組」の日本長期信用銀行(「長銀」のことです)と「勝ち組」のゴールドマン・サックスのここ20年の対比です。
NHKスペシャル_d0047811_14505048.jpg


長銀元頭取が今ぼろっちいアパートで裁判を抱えながら貧乏生活を送り、かたや、ゴールドマン・サックスは今をときめく六本木ヒルズの最上階に。外人の敏腕トレーダーと思しき若い人が、「富士山を見ながらコーヒーを飲むと、日本はファンタスティックと思うよ。日本最高!!」と興奮気味と語っていた姿とエライ好対照。
NHKスペシャル_d0047811_1865115.jpg


映像の力は恐ろしいものだと思いました。

今日の本題はそれだけではなくて、ゴールドマン・サックスの美人女性の発言にあった「今の日本の企業には、私たち(アメリカ人)が教育しなくてはいけないの。」。あれはエルメスのスーツでんなぁと見ました。

彼女の発言にはかなりムカッときましたが、思い直すと、今から20年前は、日本人が同じことを言っていた記憶があります。

何が正しくて何が間違っているか、今このときの判断と後世の判断、というのを考えました。
NHKスペシャル_d0047811_14534321.jpg


僕ら行政マンにも求められているのは、「後世の人が今僕らがやっていることをどう判断するんだろうか?」という尺度かなぁって思います。

6月の終わりに、一年半かけてきた極秘プロジェクトがやっと表舞台に登場します。僕らはこんなことを考えながら、プロジェクトを進めてきました。中身はまた追って触れたいと思います。

この番組は、 6月1日(水)午前0:15~1:07(5月31日(火)深夜の放送です)に再放送になります。なんだかNHKの宣伝のようでしたね(苦笑)。
# by fromhotelhibiscus | 2005-05-30 15:03 | まちづくり

佐賀から帰りました

今日は午前中、M氏に会って、東洋館から西有田の親戚のお見舞いへ。頭を大怪我しての手術後でしたが、元気そうで何より。それから、急行まで時間があったので、酒井田柿右衛門の展覧館へ。ここは有田に来られたら、ベスト5に入るお薦めです。

有田で他のお薦めは九州陶磁文化館、しん窯、源衛門窯、卸売団地、深川製磁といったところでしょうか。有田の町並みも風情があってお薦めです。新緑が眩しく、しばしの?休憩となりました。

●お世話になった東洋館。最高にお薦めの温泉宿です。
佐賀から帰りました_d0047811_22513267.jpg

佐賀から帰りました_d0047811_22515685.jpg

佐賀から帰りました_d0047811_22542243.jpg


そういえば、昨日、地元の市役所の方と話をしていて、思いつきレベルで何個か自分の企画を披露しました。高槻でも役に立ちそうな?ものとして、

★広報誌(紙)、HPを「地元言葉化」する。地元言葉を、次世代へ残すべき遺産として捉え、自治体が積極的に関与する。例えば、広報誌で「社長がお見えになった。」は「社長の来(き)んさった。」など。幸い佐賀は、僕が働いた沖縄と違い、地元言葉が濃厚に残っています。しかも、説明は省きますが、今や京都でも使わない京言葉も。これは、東北地方も同じですが。

★観光協会は株式会社化して、市民の出資を募る。頑張って事業をやって、配当はお金でもいいんですが、メニュー方式にして、武雄温泉10回タダ券など、現物支給もOK.こっちの現物支給だと、武雄ファンや私の大先輩ドコモの松原さんも積極的に参加していただけるなどの効果もあるかも。

など、何個か言いましたが、要は「市民や市民でなくても武雄ファンを巻き込むこと」だと思います。「まちづくり」といったら、市役所や熱心な方々だけが実際参加しがちですが、まちづくりにもともと無関心な人たちを呼び込み、「まちづくりってこんなに自分達に関係あるのか」とか「まちづくりでもリターン(報酬)があるのか。」とかいろんなパターンを用意する必要があると思います。

●酒井田柿右衛門展示館
佐賀から帰りました_d0047811_22544692.jpg

佐賀から帰りました_d0047811_22551285.jpg

佐賀から帰りました_d0047811_22553580.jpg

佐賀から帰りました_d0047811_22555727.jpg


ま、なかなか簡単にはいかないと思いますが、今日はそんなことを考えました。7月16日(土)の唐津JC、23日(土)の日本JC(at愛知万博)でパネラーとして立ちますが、そんなことを話そうと思っています。
# by fromhotelhibiscus | 2005-05-29 23:03 | まちづくり