<   2013年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

武雄市では、全小中生4000人にタブレット配布へ

本日(5/9)、武雄市ICT教育推進協議会から私に対し、武雄市立小中学校の児童生徒に整備するタブレットPCについて、答申がありました。

協議会座長の松原聡東洋大学教授から私に対して、答申書が手渡され、「小中学校全学年の全児童生徒(約4,000名)全員に配布することが望ましい」と答申されました。

武雄市は、既に2年前、山内東小と武内小の4~6年生全員にiPadを配布。山内東小では整備後に、知識理解や技能成績が全国より高くなる調査結果が出ました。

松原座長は「これまでの実績と全校長が導入を望んだことが答申の理由。武雄市が先べんをつけて、国全体の教育を動かしてほしい」と発言。私から、「子どもたちは、就学前からタブレットを使っている。小中学で途切れることがないようにしたい。現場の希望もあり、全員配布が望ましい」、「来年4月以降、全学年、全児童生徒に整備するように取り組みたい」と発言しました。

記者会見では、財源、ソフトウェア等、いろいろ聞かれましたが、一定の市費負担の下、国等の負担をお願いしながら、整備を進めていきたいと答えました。

これから、どういうタブレットが望ましいかなどを武雄市ICT教育推進協議会に2次答申したいと思っています。本来、ICT教育は、タイや韓国、シンガポールの例を出すまでも無く、国がやらなきゃいけない。しかし、国の取組が遅すぎるので、松原座長がお話しされたように、武雄市が先べんをつけたいと思います。
d0047811_211535100.jpg
d0047811_21154290.jpg

d0047811_21161750.jpg

by fromhotelhibiscus | 2013-05-09 21:16

国会議員はレベルが低すぎる。

最近で一番、怒り心頭だったのが、このニュース。川口順子参院環境委員長(自民)に対する解任決議案が参議院本会議で可決される見通しとのこと。この決議は拘束力を持つそうで、川口さんは辞めなきゃいけなくなる。


何で、中国外交の関係で、たった一日委員会を遅れただけで、解任されなきゃいけないの?委員長代理を立てて、委員会やればいいじゃない。野党はおかしい。確かに、川口さんが、議員の立場で日本国外交を担えるか、という意見は説得力がある。が、それでも、解任されなきゃいけないくらいにひどいことなのか?

民主党を始めとする野党は、野党としての責任を果たしてないよ。これで国民が支持するかと言えば、僕は大間違いだと思う。かえって川口さんや自民党に同情が集まるよ。自民党はそういう作戦を描いてるのかなって思っていたら、自民党も最悪。何と、異例も異例、参議院予算委員会に、自民党・公明党の与党が、審議欠席。おいおい。予算委員会は、国会唯一のフリーハンドの委員会だから、ちゃんと出てから、川口問題を質問、あるいは意見すれば良いと思うけど。

これじゃあ、まるで、レベルの低い意趣返ししか思えない。まあ、僕も議会ではいろいろあるので、自分のことを棚に上げますが、すみません、それにしても、国会議員のアホさ加減が良く分かった。情けない。いくら、ネット選挙解禁って言ったって、こんなレベルの低いことやっていたら、国民はしらけるばかり。

国政も問題課題山積しています。早く正常化してください。お願いします。
d0047811_2325352.jpg

by fromhotelhibiscus | 2013-05-08 23:03

宿の基本

出張、プライベート問わず、移動が多いと、疲れをとる(僕だって疲れます)のは、宿。多少生意気なことを言うと、食や住の豪華さの優先順位は最下位に近くなり、僕にとっての優先順位は、「空間・人・朝食」です。

まず、空間。これが優先順位の一丁目一番地。武雄市図書館がなぜ人気があるかというと、あの空間なんですね。それは、お部屋から眺める眺望も大切。これいいでしょ。僕が富山県南砺市で泊まっている「薪の音」のお部屋から。昨年12月に泊まったときはただただ吹雪の音。今回は満天の星空の下、水田の蛙の声、朝起きたらこの風景。何も無いのがたまりません。
d0047811_8504058.jpg

そして、次は、人。よくもまあ、こんなに気がつくというくらいに気がつかれます。しかし、それが押しつけがましさが全く無い。宿のオーナーは山本さん。以前、書きましたが、もともと、地元の役場の職員さん。一念発起して、このお宿をゼロからつくられた。さらに、今は宿にとどまらず、近所の集落の方と一緒にまちづくり。その象徴が、このCafé。「なやかふぇ」というそうで、5月16日オープンです。元市議会議員の山瀬さんのご自宅の納屋を自分たちで改装して、Café。スイーツは、近所の薪の音からだそうで、これは絶対に人気が出ます。そうそう、この方々、農業もされていて、かっこいいのです。こういう大人に僕もなりたい(無理だけど。)。ごめんなさい、写真のピントが合わず。わざとはありません。
d0047811_8495821.jpg

d0047811_850392.jpg

人が人を呼び、巻き込んで、エリアとして、面として、まちづくりを行う。それを、田中市長を始めとする行政が強力に後押しする。素晴らしい。この野口というちっちゃな集落は、集落として、人を呼び込む、日本で最初のケースになるかもしれません。実際歩いていても気持ちよかった。

最後に、朝食。何で、日本の宿は、朝から、てんこ盛りのご馳走が出るんだろう。そんな食べれないって。一番、食べたいのは、僕は、美味しいお米に、お味噌汁、梅干し。清いでしょ、この朝食。今、那須の「二期倶楽部」と並び、日本で一番だと思います。
d0047811_8504360.jpg

というわけで、南砺市にはまるきっかけとなったこのお宿、薪の音。作家吉田修一さんが激賞されるのもよく分かります。そうそう、しょっちゅう行くことはできませんが、また、必ず、行きたいと思わせるお宿です。ありがとうございました!
by fromhotelhibiscus | 2013-05-07 08:51

【書評】GILT(ギルト)――ITとファッションで世界を変える私たちの起業ストーリー

d0047811_12392636.jpg

GILT(ギルト)――ITとファッションで世界を変える私たちの起業ストーリー

最高の仲間がいればリスクなんて怖くない。超一流ブランドを口説き、3年半でオンラインセール「ギルト」を10億ドル企業に育てた挑戦の日々。

この本で初めて知ったGILT.ブランド品が最大70%OFFの招待制のオンライン・ブランドショップ。

この本を読んだ直後に、サイトに飛び込んでいろいろ見ましたが、これは凄い。普通、ブランド品とセールってあんまり広がらないし、ましてや、オンラインだと今まで全然ダメ。ブランド品にあんまり興味の無い僕が釘付けになるくらい。デザイン、呼び寄せ方など舌を巻く。

このサイト、GILTが立ち上がるまでを克明に記した本が出た。共同創業者の2人が、起業にいたる経緯、起業してからを分かりやすく語る。読みながら映画の一シーン、一シーンを見ている気がしてくるのは、翻訳がかなりこなれているからだと思うし、それ以上に、著者が徹底的に楽しんでいるのが伝わってくるからだろう。特に、オンラインがスタートした「2007年、11月13日、ニューヨーク(16ページ)」の記述は秀逸。23ページまでのハラハラドキドキ感が、それ以降の割と地に足の着いた経験論にしっかりつながれている。だから、サクセスストーリーとしても、起業物語としても、華やかなファッション界の物語として、そして、僕は、経営論として読んだが、とても、腑に落ちる。成功するには理由があるよね。

解説の孫泰蔵さんが語るように、こういう起業であっても、日々の仕事であっても、チームの大切さが前面に出ている。ただ、僕はそれ以上に、スピードの重要性。いかに、チャンスを掴んで、短期間で形にするか、また、短期間に修正していくか。僕は、知らず知らずのうちに、武雄市図書館はこのチーム&スピードというスタンスでやってきた。だからこそ、成功を収めつつあるんだろうね。

僕が尊敬する経営者の一人に、前野智純さんという人がいる。FB良品のシンガポール進出を一緒にやっていますが、彼は、「スピードは誠意だ。」と。全く同感。このスピード感は、今の日本人にはなかなかないものであるけど、だからこそ、とっても参考になる。お薦めです。
by fromhotelhibiscus | 2013-05-02 23:43

今日、武雄市図書館10万人を突破

昨晩の報道ステーションの影響は凄まじく、午前中、かなりの方がこの番組をご覧になって見えられていたという報告を受けました。今日はまたニュースです。

武雄市図書館の入館者数が、今日(1日)正午に10万人を突破。予定をはるかに上回るたくさんの方のご利用に、深く感謝申し上げます。今後も、皆さんのご意見を取り入れながら、どんどん修正して参ります。ご期待ください。

なお、武雄市図書館のリニューアルオープンから一か月が経過しましたので、4月の実績につきまして、カルチュア・コンビニエンス・クラブ㈱のプレスリリースをご覧ください
d0047811_2345447.jpg


ちょうど、今日、設立70周年を迎えた肥前通運㈱様(北方町)より「武雄市図書館の図書購入への活用を!」とご寄付をいただきました。肥前通運㈱様は武雄市町で貨物運送やLPガス事業、損害保険や携帯電話の販売など幅広く事業を展開されており、まさに地域の中核として活躍されています。

2年前の東日本大震災発生時には、市から被災地への救援物資の搬送に際し、震災翌日から迅速に対応いただきました。

頂いた寄付については、特に市民からの要望の高い児童書や絵本を中心とした図書購入に活用させていただきます。肥前通運さん、感謝申し上げます。
d0047811_2346613.jpg


前にも書きましたが、6月下旬に、来館者のアンケートを実施します。このアンケート結果を踏まえ、CCCと教育委員会と力を合わせて、武雄市図書館をさらに充実させていきたいと思います。
by fromhotelhibiscus | 2013-05-01 23:45