<   2010年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

提訴されました。

提訴されました。_d0047811_2332835.jpg

今日は終日、市役所にいなかったので、電話がかかってきました。

市長、提訴されました。


すぐに、ピーン。一連の市民病院民間移譲問題。佐賀新聞はこちら

訴状によると、

(1)病院の適正価格はベッド135床の価値を含めて22億8100万円で、市の売却価格の3億8905万円と18億9195万円の差額がある

(2)医療機器など時価総額約2億900万円の資産を無償貸与する契約は実質的な贈与

(3)移譲直前に約6千万円の医療機器を駆け込み購入して無償貸与し、損害を与えた-


となっているようですが、


まず、(1)については、公立病院の場合、ベッドの価値というものはありません。あくまでも、行政財産として、土地と建物の評価があるのみで、武雄市の場合、第三者の不動産鑑定の機関にお願いして、3億8905万円という評価額を出していただき、これを、議会にかけて、巨樹の会に売却したもの、

(2)については、無償貸与と無償譲渡(贈与)は全く別モノです。新しい建物として新たなスタートを切る時点、すなわち、来年の春以降に、巨樹の会と武雄市で清算しようとしています、

(3)については、命に直結する医療器具が老朽化し、どうしても、当該医療機器等を至急に手当てしなくてはいけなかったこと、

という正確な理由があり、これを受けて、市の監査委員会はこれら共産党主導の請求を棄却したものです。なので、何をいまさらという感はしますが、それはそれとして、(1)~(3)については、すべて市の顧問弁護士と協議をした上で、庁議決定後、条例・予算議案として議会に提案し、一定の審議を経た上で、議決されています。

共産党の平野さんと江原さんは、この議決に加わっているはずで、かつ、議会でも同様な質問には、執行部からすべてしっかり答えています。6月の一般質問では機会があれば、私から、これらの議員に対して、党利党略ではないしっかりとした意見を聞きたいと思っています。しかし、議決事項を覆すのであれば、私ではなくて、議会に提訴すべきはずですが、私が目立つので、リコールのときと同様、ターゲットになりやすいのでしょう(苦笑)。

私に声をかけていただいた市民は、「議会で決まっていることをどうして。もううんざり。」、「武雄市はいつもニュースになって活気のあるばい。」といろんな反応。

いずれにしても、今後は、司法の場で、淡々と私たちの主張を述べたいと思います。ご心配お掛けしますが、大丈夫です。
by fromhotelhibiscus | 2010-05-11 22:40

席書会、酒見君

昨日5月10日は、朝日小学校の席書会。僕もこの小学校の出身。亡くなった祖父からもこの席書会の模様を聞いたことがあります。凛とした雰囲気。これはとても良い伝統行事だと思います。
席書会、酒見君_d0047811_8332462.jpg

席書会、酒見君_d0047811_8334178.jpg

お結び課、みんなのバスなど制度設計の打合せの合間に、先日、佐賀新聞に橘小2年の酒見英寿君が英検3級に合格と。英検3級といえば、中学卒業レベル。橘小学校に直接参りました。酒見君、昼休みで友だちと遊んでいましたが、橘小学校、とても元気。
席書会、酒見君_d0047811_8335650.jpg


昨日も出勤のときから、22時までフジテレビの密着取材。そのせいか、昨晩はブログを書く気力すら起きず。今日の更新になりました。そういえば、フジのあべさん、武雄は子どもたちがとても元気ですね、とのことでした。
席書会、酒見君_d0047811_8354575.jpg
席書会、酒見君_d0047811_836393.jpg
席書会、酒見君_d0047811_8361437.jpg

by fromhotelhibiscus | 2010-05-11 08:23

書評メール

書評メール_d0047811_2241473.jpg

大阪府高槻市時代に、大変お世話になって、今でもいろいろ教えてくださる大学の先生が幾人かいらっしゃいますが、今日はそのお一人から貴重なメールを頂きました。私一人で独占するのはあまりにもったいないので、ここで、紹介いたします(ご本人の許可は頂いています。)。

思えば、霞が関時代からの習性として、大学の先生には、飛び込みでいろんなことを聞きに行ってました。大学の先生でなくても、やっぱり分からないことは聞くのが一番ですね。

樋渡 様

ご無沙汰しております。『江副浩正の真実』の読後感想をブログで拝見し、お便りいたします。お忙しいなか、継続して読書に勤しまれる姿勢に、いつも感心しておりますが、上記の本は、私も1ヶ月ばかり前に読んで、深く考えさせられた一冊でした。

樋渡さんは、江副氏の主張に必ずしも本当のことかどうか分からないとやや懐疑的な姿勢を持っておられるようですね。確かに、事実はどのようにも見えるもので、私もまた専門分野の関係もあって、歴史に関わるとその点に関しては、ずいぶんと疑い深くなるものです。

しかし、今回私は江副さんの本を読んで、やはり日本の検察、警察、裁判所をひっくるめた司法の問題点と、独自の取材をもとに真実に迫ることができず、ストーリーに従った一方的な「事実」を安易かつ無反省に報道する日本のメディアの未成熟を、より強く感じたというのが本当のところです。

多くの冤罪事件は別としても、政治が絡んだ事件に限ってみても、佐藤優氏の一連の作品、鈴木宗男氏の『汚名』、最近の小沢報道と郷原氏の著作などから、厚労省の村本さんの事件まで、そこにはほぼ同じ構図が透けて見えるのではないでしょうか。

ともあれ、私が深く反省したのは、事件当時からこの本を読み終えるまで、リクルートといえば大量の未公開株を使った贈収賄事件であることをまったく疑いもせずに今まで過ごしてきたことにあります。

江副氏が、リクルート事件のいくつかの容疑に関して、まったくの無実であるというわけではないとしても、彼が真実として主張したかったことが、これまで正当に省みられることなく済まされてきたことが、残念でなりません。事件からかなりの時間がたったからかもしれませんが、当事者である氏の証言は、一定の説得力のあるものだと感じます。

また、江副氏の謙虚さ、潔さとあきらめが、糾弾口調や恨み言ではない、ある種の悲しみとすがすがしさを、読者に与えてくれていると思います。

それにしても、やはり検察のやり方は、どうなんでしょうか。私自身、ライブドア事件や村上ファンドの捜査の時にも、「こんなことは許されない」という検察官の独りよがりの捜査指揮に、かなりの違和感を感じたのですが、本書におけるきわめて詳細な取調べでのやり取りの記録を見る限り、こうしたやり方は、リクルートの時も、そして今も、変わらず続いているという印象を拭えないところです。

強引な検面調書の取り方も、さまざまな苦痛を与えたり、取引をちらつかせたりしながら容疑者を追い込んでいくやり方も、当局の意に沿った証言をしない限り長期間にわたり拘束して保釈を認めないやり方も、あまりに非人間的で、あえて評すれば「あさましい所業」と言わねばなりません。

郵便割引制度不正事件で逮捕された厚生労働省の村木厚子局長は、一審の法廷において、取調べでは検察官から、「認めさえすれば、すぐに釈放され執行猶予にしてあげる」と勧められ、「まったく身に覚えのないことを認めるというのは、私の職業的良心に背くことになる」と言って拒否したことを、涙を流しながら証言したと伝えられました。無理につじつまあわせをしているのは、一体どちらなのでしょうか。

もうこうした嫌なことはお終いにしなくてはいけません。近代の裁判は、お白州とは違うという、当たり前の常識をもって多くの人が司法手続きを受け止めることができるようになりたいものです。お触れになった「取調べの可視化」は当然として、そうしたプロセスを通じて、社会が本当に成熟していくことを期待しております。

勝手な長文で、失礼しました。読み捨てていただきますよう、どうぞお願いいたします。



ブログやメール、ツイッターは本当に便利。S先生、これからもいろいろ教えてください。ありがとうございました。
by fromhotelhibiscus | 2010-05-09 17:32

リクルート事件・江副浩正の真実

この1年くらいでは、最もスリリングかつ考えさせられた本でした。リクルート事件そのものは、大学時代これでもかという報道量で今でも鮮明に記憶に残っています。江副さん自体は、大学時代にリクルートの前身となる会社を起業。不眠不休で日本を代表する会社を作りあげた人で、経営者としてずっと尊敬しています。何より感心するのは、リクルートの人間、あるいは辞めた人たちで魅力的な人たちが多いこと。
リクルート事件・江副浩正の真実_d0047811_658681.jpg

その不世出の経営者が何で、未公開株を政財官学界にそれこそ見境無くばらまくんだろうって当時から思っていましたが、見返りを求めない応援の意味だったそうです(苦笑)。

その辺は信じられませんが、それはご本人も自分で書いたから、自分に都合の良いように書いてあるところも少なくないと率直に述べられています。


では、なぜ、この本が僕にとって凄いのか。ストーリーの起伏、そして、スピード感。佐藤優にも言えることですが、超人的な記憶力に支えられた現実感。

その中でも、検察とのやり取りは白眉。朝日を筆頭にメディアが検察からリークを受けつつ、記事の大洪水。それにあろうことか検察が振り回され、江副さんがメディアの報道に沿った供述をさせられる。しかも、虐待さながら。裁判所はそうやって取られた検察調書に最大の価値を置く。その間、江副さんに関わったさまざまな人間が葬り去られていく。

本当かどうか分かりません。しかし、この本を読むと少なくとも、取調べの可視化は必要と思えるようになってきました。


その江副さんも74歳。月日の経つのは早いもの。リクルートは今でも成長を続けている。その秘訣は、トップの見事な交代があるとは、誰も言うけれど、そこは、江副さん、

あのとき私がリクルートを離れたことが、リクルートにとってもよかった、といましみじみ思っている、

とのこと。

娘さんとの交流、対立してきた検察官との再会など触れられていて、読後感は爽やか。検察(権力)とは何か、メディアとは何か、経営とは何か、家族とは何か、など、いろんな側面から読めます。お薦めです。
by fromhotelhibiscus | 2010-05-07 20:00

16698歩

今日の東京は暑かった。30度前後あったんではないでしょうか。

まず、共同テレビの江森浩子プロデューサー(武雄市市政アドバイザー)と打合せ。

経済産業省の山下車両課長のもとへ。来春の共同通信社杯開催のお礼。その後、総務省へ。逢坂総理大臣補佐官にお目にかかりに。一括交付金に対する懸念などをお伝えしました。総務省の後押しを受けながら、水をめぐる面白い取組ができそう。
16698歩_d0047811_23345227.jpg

議員会館へ。予想に反し、かなり多くの方がいらっしゃいました。介護、防衛、一括交付金など、意見交換。以前、高槻で一緒に働いていた記者さんとも偶然の再会。あの頃、1年生だった方が、もう9年生。政治部、バリバリでした。
16698歩_d0047811_2335145.jpg
16698歩_d0047811_23353193.jpg

丸の内線で本郷東大キャンパスへ。附属病院の地下3階。中川恵一先生にお目にかかりに。放射線治療の最前線の現場で直々にレクチャーを受けましたが、放射線そのものはほとんど熱を持っていないとのことで、原子爆弾の熱は、爆弾そのものの熱とのことで、放射線は関係無いとのことでした。

中川先生には、武雄市の市政アドバイザーの就任を依頼したところ、こころよく引き受けて頂きました。がん撲滅推進条例(仮称)の設置の必要性、学校でのがん教育の重要性を説かれました。

帰る頃には東大キャンパスも暗くなってきていましたが、どんどん新しい建物ができていたり、かなり変化はあったものの、大学の雰囲気自体は僕らのときと変わらず。

朝から晩まで歩いて、16698歩。大体11キロ強。2万歩目標でしたが、届かず。しかし、噴出す汗に充実感?重いカメラを担いで歩くフジテレビのあべさん、ご苦労さまでした。
by fromhotelhibiscus | 2010-05-06 23:35

今年のGWは暑かった。

今年のGWは暑かった。_d0047811_722559.jpg

今年のゴールデンウィークは、市内周れるだけ、周りました。フジテレビさんもずっと一緒(笑)。一番お耳にしたのは、「お結び課」と「みんなのバス」。次は、子どもたちが遊べる「公園の整備」でした。


明日(6日)は東京出張。元ニセコ町長の逢坂誠二内閣総理大臣補佐官や東大医学部の中川恵一先生を始めさまざまな方とお目にかかります。総務省、国土交通省、農水省、東大(本郷)、議員会館と目標2万歩です。

明日が早いので早めに休みます。お休みなさい。
by fromhotelhibiscus | 2010-05-05 22:36

napster終了

かなり、残念なのが、愛用していたNapsterの終了。音楽供給は、このサービスに頼っていたので、打撃。何よりも、定額で音楽聴き放題、取り放題というのが良かった。データ転送なので、時間もかからず。

5月末までに終わるので、今、せっせとMDにアナログで落としています。車で聴こうと思って。今は、paul simonのベスト。そのうち、MDも終わるんでしょうね。
napster終了_d0047811_2385863.jpg


今日もまた、せっせと密着取材です。今回、フジのディレクターさん、すごいですよ。全く、僕に「こういう絵を取りたい。」というお願いやら指示無し。14分のVTRのために、2週間の取材。しかも、朝から晩まで。去年のフジの「ザ・ノンフィクション」のときもそうでしたが、私が関わったフジテレビの皆さんは、誠実でいいなぁって思います。
by fromhotelhibiscus | 2010-05-04 10:22

ものづくり人展

ものづくり人展_d0047811_2241251.jpg

尊敬してやまないカフェ山閑人の新里先生から、有田での展覧会のお誘いが。

こちらです!!


行きたいのですが、5(水)までびっしり、フジテレビの密着取材が・・。文字通り、密着です。朝から晩まで。新里先生、ごめんなさい。

今日もこれから出かけます。
by fromhotelhibiscus | 2010-05-03 08:30

ジャケ借り

ジャケ借り_d0047811_9195938.jpg
中身は分からなくても、誰がやっているか分からなくても、ついつい手が伸びるときがあります。

僕の中でその筆頭がこれ。このアルバム。イギリス・グラスゴー出身の4人組バンドのセカンドアルバムとのこと

とにかく、ジャケットのセンスがすごい。というか、僕だけそんなこと思っているだけかもしれませんが、中身もそれ以上に良かった。

イギリスという国は不思議なところで、がちがちに保守的にもかかわらず、音楽はぶっ飛んでいるものが出てきます。ビートルズ、クラッシュ、スミス、ボウイ、オアシス。このバンドは、70・80年代の要素をうまく取り入れて、ぶっ飛ばし過ぎ感を無くしています。スモーキーだしクリアー。面白いバンド。

このあたり、ロックもパンクも歴史になってきたのかなって思います。今まで3作出ていますが、どれもこれも当たり。応援したいと思います。
by fromhotelhibiscus | 2010-05-02 21:25

密着取材

密着取材_d0047811_23422568.jpg

まだ、詳しく書けませんが、某テレビ局の某報道番組で、私の特集を組まれることになりました。不思議です。

決まったのが、昨日。そして、今日の午後から、ディレクターが来られて密着。実際の報道は13分くらいだそうです。

ひわたし)いつまで密着ですか?
ディレクター)13日くらいまで。

ひわたし)ずっと密着ですか?
ディレクター)ずっとです。

ひわたし)いつ流すのですか?
ディレクター)16日(日)の予定です。


連休中は、カメラが付いてまわるかもしれません。でも、気軽に声をかけてください。

良いお休みをお過ごしください。
by fromhotelhibiscus | 2010-05-01 21:59