<   2008年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

一本の電話

今日は、障がい者運動会。その後、市長室でテレビ取材。夜は、古賀副市長と朝日町の集まりに。

起きがけに、県庁の然るべき方から、一本の電話が。

(仮に)池友会が武雄から去った場合に、佐賀大学医学部の医師派遣は絶対にしないしできない。佐賀大学としても医師が足りない。もし、池友会が去った場合は、武雄市民病院は、佐賀大学から医師は派遣できないので、廃院か良くて診療所になる。市長としては、そのような状態にならないように努力してほしい。

なお、市長から、この方針はオープンにしてもらっても構わない。


とのことでした。

議会答弁でも申し上げたように、仮にリコールになって、私が失職して新しい市長が誕生した場合でも、池友会との基本協定(民法上の契約)は、組織対組織で結び、庁議という最高意思決定機関で承認されたものであると同時に、議会の議決を経たもので、そして、行政実例上、破棄できない、のです。これは、当然のことながら、顧問弁護士等にも確認済みです。

それでも、新しい市長さんが、池友会との協定を破棄したいと思われた場合、庁議のやり直し(一端Aという結論を出しているのに、Bという結論を出すのは通常困難。)から始まり、議会での数本の条例、予算を再度破棄して、再提案。その上に、池友会からはこれまでにかかった経費や場合によっては遺失利益の損害賠償請求が来ます。

縷々書きましたが、それだけ、この基本協定は重いものです。また、最初に書いたように、池友会が去っても、佐賀大学医学部からの医師派遣はありません。

なお、この基本協定に限らず、特に議会の関与する協定・契約を改訂する、覆すといった行政行為は極めて困難なのです。言いかえれば、市長一人でできる「法的権限」というのは、世の中で思われている以上に狭いのです。


今日は市民病院に行けなかったのですが、入院された方のご家族から感謝の電話が。池友会、佐賀大学医学部とともに、市民医療を維持発展させていきたいと思っています。
d0047811_23475849.jpg

by fromhotelhibiscus | 2008-09-20 23:48

一般質問終了

今日で一般質問が終わりました。帰りに、いくつかの集まりにでかけましたが、

☆子どもの医療費就学前まで無料(この財源は、保育所の民営化)
☆新幹線工事事務所の誘致成功
☆ゴミ削減地域制度の創設(これはまた書きます。)
☆いのしし会議(10月2日スタート)
☆市長がリコールされても、議会の議決下でもある基本協定は法的に(行政事例で)見ても破棄できない


といったことが、話題になりました。
d0047811_08223.jpg


市政は市民病院の他にも課題難題山積しています。明日は、障がい者運動会、取材、打合せ、いろいろあります。気を新たに頑張りたいと思います。
by fromhotelhibiscus | 2008-09-19 23:59

一般質問

今日で3日目。議会は、霞が関時代は大臣や局長のアテンド。後ろの席で、資料やメモを出したり。

高槻時代は部長だったので、答弁に立っていました。特に僕は、市長公室長(企画広報部長)だったので、一番良く立っていました、というか立たされていました。

今は市長。一般質問は7割から8割くらい僕が立ちます。立ち過ぎて、某議員からは、「市長に聞いていない。市民病院事務長に聞いている。」と言われることも(苦笑)。

ちなみに、明後日からの議案審議は、細かい話が多くなるので、部長が立ちます。
d0047811_23573636.jpg


さて、一般質問は、議長が決めた休憩時間以外、執行部は全くトイレや休憩を入れることはできません。

そこで、一番気をつけているのは、やはり水分。取り過ぎないことと、なるべく水分が汗で出るように、厚手のシャツとスーツ。そして、1日7、8時間は、立ったり座ったりするので、膝の屈伸をしてから、議場に入ります。

ただ、いいことは、論戦をしていると体が熱くなる、すなわち、血行が良くなるので、肩こりが解消できることです。ただし、この期間だけという期間限定ですが。

ともあれ、明日で一般質問は終わり。最後の質問の勉強です。今日もまた、市民病院に関してたくさんの応援メールありがとうございます。
by fromhotelhibiscus | 2008-09-18 23:57

CREA Traveller

どんなに忙しくても、というか、僕は「忙しい」という言葉そのものがあまり得意ではありません。漢字のつくりから、「心を亡くす」という意味もあるからでしょうか。

それはそれとして、時間がなくても、気に入った音楽を聴きながら、雑誌と本だけは必ず読みます。

その中で定期購読しているのは、旅行関係では、CREA Traveller和楽。僕は前者が大のお気に入り。ちなみに、妻は後者ですが。

このCREA Traveller。やっと日本にまともな旅行雑誌が出てきたと思っています。ただ、あまりにお洒落で高いところの紹介が多いのが玉に瑕ですが、写真、構成、文章。素晴らしい。
d0047811_2330448.jpg


特に今回は一番大好きな都市。フィレンツェの特集。ここは学生時代、貧乏旅行で、一番親切にされた思い出のある都市です。懐かしく読みました。


今日は、市議会で、私に対するリコールの質問があったので、自分の思いを述べました。中継を見た方々も含めて200以上の応援メールが来ました。初めて頂いた方も多くて、こんなに来たのは、オイワイ条例のとき以来です。ただ、あのときは、苦情メールがほとんどでしたが。

議会の一般質問が終わってから、返信します。これから、明日の一般質問の勉強です。
by fromhotelhibiscus | 2008-09-17 23:33

市民病院ニュースの最新版

今日は、一般質問初日。いろいろ示唆に富むご指摘を頂きました。今週の各町敬老会等で配り始めましたが、市民病院ニュースの最新版です。ぜひ、ご覧ください。

表面はこちら
裏面はこちら


昨晩、読んだのが、図書館で借りた官僚との死闘七〇〇日

著者たちと、霞が関、その中でも王者・財務省との死闘。昔、ここにいた経験からすると、当たらずといえども遠からずといった印象を受けましたが、著者の長谷川さん、良くも悪くも安倍総理や井上秘書官たち仲間に甘い。やはり、同志には優しいでしょうね。ストーリーそのものは面白い。

ジャーナリズムが、政策決定の当事者として、官邸中枢まで入っていいのかという議論があるかもしれませんが、どんどん、歴史の証人として入っていき、自分の思いは出していくべきだと思います。
d0047811_1957511.jpg

これから、明日の答弁のチェック。今晩は何を読もうかな。
by fromhotelhibiscus | 2008-09-16 22:57

敬老会

d0047811_22554217.jpg

今朝は、武雄町敬老会。山内町宮野地区敬老会、北方町追分地区敬老会へ。武雄市の場合、私を含めて職員が分担して、敬老会へ出席します。

この敬老会。名称がイヤだ!という指摘を数多く受けました。それは、ともかく、僕はこの敬老会に出向くのが大好き。というのも、一年振りに再会できる方が数多くいらっしゃるからです。

人口5万2千とはいえ、数多くお会いできることはできません。今日もまた、元気なお顔を見せていただきました。

うちの亡くなったじいさんが、1年に1回、敬老会に行くのが楽しみで、小学校に上がる前に、じいちゃんの自転車に乗せてもらって、一緒に出かけていたことを思い出します。


さて、武雄町では、市民病院のお話。山内町・北方町では、市民病院に加えて、沖縄でのおしゃべり時間の長さ、95歳の現役医師、日野原重明さん(聖路加国際病院理事長)の長生きの秘訣のお話をしました。
d0047811_2302674.jpg

特に、日野原先生。昔、TBS情熱大陸で出ていましたが、スケジュールが5年先、7年先まで埋まっているという、驚くべき話を笑顔で手帳を見せながら話をされていました。そして、毎日、来客や打合せがひっきりなし。

僕も、来客や打合せはかなり多いほうだと自負していましたが、比ではありませんでした(笑)。自負はやっぱり自負に過ぎないことが良く分かりました。


昼から夜まで、断続的に打合せ。明日から、一般質問。これから、答弁の勉強開始。レモングラスは秀島レモングラス課長によると、集中力を高める効果があるとのことなので、レモングラスティを飲みます。
d0047811_22564340.jpg

by fromhotelhibiscus | 2008-09-15 22:57

運動会と敬老会

今朝は、楼門朝市。今日は結構いろんなところで行事があるので、少ないだろうと思ったら、大違い。今日もまた、新しいお店がオープン。楼門朝市ブログはこちら

途中で抜けて、西川登町運動会、東川登町運動会。石橋議員には大変お世話になりました。走っても、走っても、小学生には敵わなくなった自分が悲しい(苦笑)。
d0047811_23434292.jpg


着替えて、武内町敬老会へ。市民病院の民間移譲の話もしましたが、帰り際に、「市長、応援しとーばい。」と多くの高齢者の皆さんから声をかけられました。

その後、そよかぜの杜の敬老会と武雄中運動会へ。夕方、図書館。夜は市民病院。患者さんのご家族から、「和白(池友会)に応援してもらい、医療レベルが上がって、対応も格段によくなっている。」とお言葉。最後は、打合せ。

長い一日でした。

(写真は携帯です。)
by fromhotelhibiscus | 2008-09-14 23:43

スローなバス旅へようこそ

d0047811_2256030.jpg

先日、NHKハイビジョンで、スローなバス旅へようこそという番組が放映。録画していたものを、毎日少しずつ見ていたのですが、今日完結。

奈良橿原~和歌山新宮停留所の数171!168キロをスローに楽しむ旅。番組を紹介しているブログはこちら

日本の地方はいいなぁって思いました。以前、ドラマ「佐賀のがばいばあちゃん」の撮影の合間に、石田ゆり子さんが、「武雄は人と人の距離が近いですね。」と言われましたが、この路線の地域も人と人のつながりが深いなぁって。

これから、ダイハード4を見ます。


明日は、楼門朝市。東川登、西川登の運動会、武内町の敬老会、そよかぜの杜の敬老会・・・と続きます。
by fromhotelhibiscus | 2008-09-13 22:24

救急再開1か月

今朝は、来週から始まる一般質問の勉強会。途中抜けて、市民病院へ。

今日は12日。昨日が市民病院で救急再開を始めてちょうど1か月だったので、今までの実績を含めた記者会見。蒲池医療統括監、樋高院長、正久救命救急部長、伊藤事務長と臨みました。記者会見の資料等はこちらです

この市民病院関係での記者会見は、なごやかな雰囲気。実績が上がってきていることと相まって、我々が目指す市民医療の形が受け入れられ始めたのかなと思いました。

夕方と夜、NHKが報道。何人かの方からメールが。朝日新聞はこちら

しかし、課題もいくつか浮き彫りになってきているので、改善していきます。
d0047811_23585346.jpg


午後は、来客と取材。今日は、FBSの取材。15日(敬老の日)、「めんたいワイド」に武雄の長寿アイドルGABBAが登場するため、僕にも取材。

明日から三連休。走り回りたいと思っています。
by fromhotelhibiscus | 2008-09-13 00:05

幕末維新と佐賀藩

だんだん、書評ブログになりつつありますが、10月の終わりから篤姫展を武雄で行うので、関係の本を読んでいます。

その中で、これは!というのが、この本、幕末維新と佐賀藩。中公新書の最新刊。


僕が霞が関に席を置いていたころ、

先輩:君はどこの出身か?

僕:佐賀です。

先輩:では、江藤新平公だな。



この世界では、江藤新平公は神のような存在。人権の父であり、近代司法や文部省の生みの親だからです。

それはそれとして、石井元武雄市長の祖父である石井良一氏の「武雄史」が参考文献に。

西洋砲術の分野では、佐賀藩は抜きんでてすごかったのですが、その中でも武雄領主の鍋島茂義公はさらに先を走っていたのは、残念ながら、あまり知られていません。

長崎との太い交流を背景にして、科学技術と西洋科学が武雄で息づいていました。そういう話も入っています。


やや江藤新平公に甘いなぁって感じますが、鍋島藩と今話題の薩摩藩との交流、この本のもう一人の主人公の名君・鍋島直正公と岩倉具視公との補完関係、いろいろ勉強になりました。

中公新書の歴史ものにしては珍しくメリハリの利いたストーリー仕立てだったので、面白かったです。

しかし、この本の帯、‟「薩長土肥」の雄藩の中では最も軽視される”には吹き出してしまいました。
d0047811_0161140.jpg

by fromhotelhibiscus | 2008-09-12 00:16