<   2006年 10月 ( 40 )   > この月の画像一覧

「佐賀のがばいばあちゃん」ドラマ誘致スペシャル講座

取材やメールでよく聞かれるのが、

佐賀のがばいばあちゃん、なぜ武雄でロケなんですか?
佐賀のがばいばあちゃんの経済効果は?
佐賀のがばいばあちゃんのロケセットはどう活用するんですか?
d0047811_20292560.jpg

ロケ隊にどういうもてなしをしたんですか?
佐賀のがばいばあちゃん課の仕事は?
ボランティアスタッフの仕事は?
d0047811_20293943.jpg

1月放映に向けて、武雄はどんなことをやるんですか?
佐賀のがばいばあちゃんを観光にどう活かすんですか?


などです。
d0047811_2029715.jpg

そこで、考えました。題して、「佐賀のがばいばあちゃん」ドラマ誘致スペシャル講座


全国のフィルム・コミッションの皆さん、自治体の担当の皆さん、議会の皆さん、ぜひ、武雄にお越しください。
d0047811_20295713.jpg

実際、当地で白濱貞則・佐賀のがばいばあちゃん課長が、今回のもてなしに関する成功例・失敗例(失敗のほうが多い。)を交えながら、僕も時間が合えば、スペシャル講座の講師をしたいと思っています。

もういくつかの自治体が、既に、武雄にお越しになります。お目にかかれること、楽しみにしています。
d0047811_2030126.jpg

by fromhotelhibiscus | 2006-10-19 15:50

こども部・新設へ

私の具約42(公約)の一つ(№12)に、こども課の新設<pdf>というのがあります。
d0047811_21242716.jpg

昨今のいじめ問題の頻発、子育て支援、児童の安全・安心の確保・・・という観点から、ここ最近この課をどういう風に作り上げるか、考えていました。教育委員会も大事ですが、市長部局レベルで何かできることは無いか。
d0047811_21244056.jpg


今日、市内の子育てサークルの集合体である「ぽっかぽっか」のメンバーの皆さんと「市長と語る会」。マスコミの皆さんもたくさん入っておられました。本当に、ボランティアの皆さんたちには頭が下がります。私からは、

各公民館の子育て開放、
北方支所等に子育て総合支援センター(児童館)を設置、
武雄市役所1階に子育てサークルの集合場所の確保、
母子健康手帳等をお渡しする際に、子育てサークルの紹介、


などを私から提言しました。
d0047811_2124558.jpg


その際に、

こども課ではなくて、来年の4月の機構改革にあわせて、「こども部」を新設したい旨、表明。一瞬、どよめきが起きました。


課は市長の判断で改廃ができるんですが、部となると、条例の改正が必要になります。

現在、こども関係の仕事は、総務・企画・福祉・教育委員会全般にまたがりますが、可能な限り、一本化して、ご相談や情報発信の一本化を図りたいと思います。

明日、新聞各紙に載るかもしれません。ご覧ください。

追伸)昨日、自宅で、映画「天使のくれた時間」を見ました。見る価値ありの秀作だと思いました。
by fromhotelhibiscus | 2006-10-18 23:00

密造!?

d0047811_2050617.jpg

市長に着任して、ちょうど半年が経ちました。ある信頼する記者さんから、電話を頂き、気づきました(笑)。無我夢中でここまで来た感じです。

「佐賀のがばいばあちゃん」という超ビッグな出来事から、目立たないけれど大切なことまで、いろいろなことがあり、成功し、失敗し、また、いろいろ学びました。


期待どおり、期待以上、期待はずれ、いろんなご意見があると思います。市民のご意見をきちんと聞く、そして、歴史に耐えうる決断をしていきたいと改めて感じています。

あわせて、武雄市政に目を向けていただくような仕掛けをこれからもしていきます。気持ちは、オープン、スピード、そして、親しみ易さです。
d0047811_20495088.jpg


さて、最近の新聞各紙で仰天したのは、鍋島藩武雄領の大砲・密造場所が、ひょっこり出てきたこと。

西日本新聞はこちら
佐賀新聞はこちら


なんとかの密造では無くて、西洋式の大砲というのが、また、歴史的なロマンをかき立てる、いいニュースですね。

近いうちに現地説明会を開きたいと思っています。僕も現地説明会の日程が合えば、ぜひ行きたいのですが、日程が合うかどうか・・・。


心機一転、これからも、よろしくお願いいたします。

(今回の画像は、光と影が自分なりに出ているなと思うものを選んでみました。)
by fromhotelhibiscus | 2006-10-17 23:42

困った

武雄市役所の封筒に広告枠を作って、その広告枠そのものを、ヤフーのインターネットオークションに出したんですが、ほとんど反応がありません(苦笑)。

日本で初めて、広告枠という「権利」をオークションに出したんですが、権利はモノと違って、分かりにくかったのかもしれません。
d0047811_23153191.jpg

武雄市の場合、黒塗りの公用車をネットオークションに出して、予想をはるかに上回る金額で落札できたんですが、こういった「モノ」は分かりやすいのかもしれません。

ちなみに、大阪・高槻のときは、これまた当時、日本で初めて、放置自転車をネットオークションにしました。


というわけで、封筒の広告枠のネットオークションへのご参加、心からお待ちしています。
by fromhotelhibiscus | 2006-10-16 23:15

フジテレビのサイトに

「佐賀のがばいばあちゃん」のことが載っています。ご覧ください。

9月上旬から佐賀県の武雄市を中心にロケが行われた。全国最年少市長をはじめ、市民が番組のロケスタッフを熱烈歓迎し、町中に「佐賀のがばいばあちゃん 歓迎テレビドラマロケ隊」という看板があふれている。武雄市は現在、熱狂的な“がばいタウン”と化している。

       (略)

(泉ピン子さんは、)「武雄市の皆さんには大歓迎していただき、ボランティアの方には長期間に渡って協力していただき、一つ一つ思い出になっています。故郷(ふるさと)のように感じますね」と話し、名残惜しそうな様子だった。


と嬉しいコメント。市民の皆さんありがとうございました。


今日は、朝から朝日川・クリーンアップ作戦に参加。住民皆さんの日ごろのご協力で、僕らが小学校時代を過ごした時よりもはるかにきれいでした。デジカメのバッテリーが切れていて、写真が撮れなかったのが残念。

引き続き、庁内で教育委員会と打合せ。いろいろ課題整理が出来て良かったです。

夕方は、「佐賀のがばいばあちゃん」の原作者・島田洋七氏にお目にかかります。クランクアップのご報告とお礼を申し上げようと思っています。
d0047811_12392644.jpg

(画像は佐賀空港近くの夕景です。中国大陸で眺めた雄大な夕景と似てました。)
by fromhotelhibiscus | 2006-10-15 12:40

江森浩子プロデューサー

今日、「佐賀のがばいロケ」プロデューサーのお一人で最後まで武雄に残って、挨拶まわりをされていた江森浩子・共同テレビプロデューサー(以下、江森P)が、帰京されました。

佐賀空港には別れを惜しみ多くの皆さんに集まっていただきました。
d0047811_0251720.jpg


思えば、市内在住のMさん夫妻からメールを頂いたのが、6月3日。それから、間を置かずして、江森Pが武雄にお越しになり、また、原作者の島田洋七さんもお見えになり、市内200以上の箇所をまわり、最終的に、ロケ地を武雄に決めていただいた方のお一人です。

以後、私のカウンターパート(窓口)は、江森Pでした。お人柄はもちろんですが、同世代ということもあり、一緒にドラマを作っている、そう実感させた方です。


ちなみに、プロデューサーの仕事は、スタッフ選び、ロケ地選び、俳優選びから予算の確保、予算の配分に始まり、台本修正、スケジュール調整、映像の編集なども加わります。

また、こまごました仕事まで多岐に渡る上に、僕らのような異分野の人たちとの折衝にも当たられます。


その膨大なそして難しい仕事を、陰日なた無く、そして、わけ隔てなく、スタッフにも、実行委員、ボランティアスタッフ、そして、私を含む市役所職員にも接していただきました。ボランティアだった私の妻も感心しきりでした。

今、市長として、市の組織運営の中枢にいますが、江森Pの仕事の進め方は大いに参考になりました。大プロデューサーの道を歩んでください。万感の思いをこめて、これからも武雄のこと、よろしくお願いします!
d0047811_0232446.jpg

(佐賀空港にて、みんな、涙の後でした。)
by fromhotelhibiscus | 2006-10-14 23:59

がばいロケ隊出発式

d0047811_0461463.jpg
出会いがあれば別れもある

今日はがばいロケ隊の「出発」式

昨日、すべてを撮り終え、今日、帰京の途につかれました。


河野圭太監督が深々とお礼を挨拶されていたお姿に感激。バスが出発し、佐賀空港にも多くの皆さんが見送りへ。
d0047811_0463612.jpg


午後は、武雄が最もお世話になった江森浩子プロデューサーが武雄市役所に。プロデューサーから、武雄市民あてに、スタッフの皆さんからの「寄せ書き」をいただきましたので、即席の寄贈式。
d0047811_0472089.jpg

市役所2階のホールに掲げていますので、ぜひご覧ください。

d0047811_0474125.jpg


夕方は、サガテレビのかちかちワイドで、「がばいロケ」終了と泉ピン子さん、河野監督、そして、僕のインタビューが流れました。いつか、紹介したいと思います。

明日、いよいよ最後まで残っていただいた江森プロデューサーが編集等の作業のため、東京へ。佐賀空港へ見送りに行きませんか?16時半、市役所集合です。


最後に、手を抜くようで恐縮ですが、「がばい」の模様は、「温泉でヨガ」をご覧ください
d0047811_048489.jpg

by fromhotelhibiscus | 2006-10-13 23:59

クランクアップ

今日は「がばい」クランクアップの日。

今朝は早起きして妻と親戚のT君とウォーキング。いつまで続くやら(笑)。

その後、長崎県の金子知事へ新幹線のお話。鳥栖市長、嬉野市長とともに伺いましたが、報道陣の数に圧倒。30人は超してました。高槻時代にお世話になった敏腕記者の梅岡さんとばったり。世の中狭いものです。
d0047811_1272030.jpg
d0047811_1273616.jpg



そのまま、長崎市で開催されている九州市長会に出席。市長さんたちの間でも「佐賀のがばいばあちゃん」で持ち切り。ありがたいことです。

d0047811_1281371.jpg
いったん、武雄に帰ってきて、河野圭太監督ほかの皆さんとともに、古川康佐賀県知事に、撮影終了の報告とお礼の挨拶へ。
d0047811_1283196.jpg
d0047811_1285070.jpg

夜は、クランクアップの大打ち上げ大会へ。
d0047811_1304341.jpg
d0047811_1311241.jpg

d0047811_1313735.jpg

「がばい」ロケにかかわったすべての皆さん、本当に本当にお世話になりました。
d0047811_1315995.jpg

明日8:20いよいよ別れの瞬間です。旅館なかます前にご集合くださいませ。


今日はニシヘヒガシヘ。まさか一日で佐賀・長崎県知事にお目にかかるとは。

打ち上げのときは、涙、涙。

ドラマは始まっています。ありがとうございました。
by fromhotelhibiscus | 2006-10-12 23:59

坂田千恵子さん逝く

巨星、落つ。

鍋島緞通(だんつう)コレクターであり、鍋島文化、武雄文化の最大の理解者の一人、坂田千恵子さんが今日、お亡くなりになりました

坂田さんとは、5月に染色家・緒方義彦さんとお弟子さんの展覧会の際にお目にかかり、今、思えば重い病身の身ながら、わざわざ市長室にお越しいただき、コレクトされた絵とお手紙を授かりました。
d0047811_2321262.jpg


武雄の文化の素晴らしさ、鍋島の布のモダンさなど、得々とお話された坂田さん。辛口だった(らしい)坂田さんから、珍しくほめていただきました。

嬉しくなって、いろいろお伺いしましたが、かなり御身に負担をかけたかもしれなかったと反省しています。


今、思えば、あの市長室でのお言葉が、僕や僕ら世代に対する遺言だったのかもしれません。

私に対する最後の言葉、そして、最も印象に残っているお言葉が

市長、市長である以上、勉強しなさい。文化が分からない政治家は屑よりひどい。武雄を愛しなさい。それだけのものが残っている。

しかし、市民がそれが知らない。悲しいし情けない。あなたは誰よりも武雄の文化を理解し広めなくてはいけません。分かった!?


合掌。
by fromhotelhibiscus | 2006-10-11 23:02

服部幸應先生

服部幸應先生には、2年前、大阪高槻時代にお世話になりましたが、殺人的なスケジュールの中、わざわざ武雄にお越しいただきました。

服部先生は、受け手の歳や身分に関係なく、わけ隔てなく、きちんと応対していただけるので、敬服しています。

今日は、まず、食育の第一人者として、食育の大切さを講演。「食事で一家団欒のときにテレビを見るのは、世界で日本だけ。少なくとも、夕食のときにテレビ見るのは止めましょう。」といった分かりやすいメッセージの連続。
d0047811_2325264.jpg

数々のデータを挙げながら、説得力のあるお話でした。しばらくしたら、ケーブル・ワンの2時間枠で流れます。お楽しみに。


その後、武雄温泉物産館の一膳飯屋へ。お母さんの真心のこもったお漬物やお菓子に舌鼓。僕はここで別れましたが、山内のなな菜へも行かれました。大変喜んでおられました。
d0047811_23263192.jpg

d0047811_23273731.jpg


来年4月に「食育課」を新設すること。食育を市政の中心課題の一つに据えたいことなどをご説明。その途中で、ゆほほを進呈したところ、びっくり!?されていました。
d0047811_2326592.jpg

今日もまた、先生から、いろんなことを教わりました。服部先生、ありがとうございました。
d0047811_2326493.jpg


夜は「がばい」ロケに急行。KB先生、夜遅くまで本当にありがとうございました。
by fromhotelhibiscus | 2006-10-10 23:40