2014年 03月 09日 ( 2 )

【書評】若木コレクション・記憶たどり 川へ 過ぎし日の水辺の情景と魚たち

d0047811_21520962.jpg
若木コレクション・記憶たどり 川へ 過ぎし日の水辺の情景と魚たち

私事でごめんなさい。僕の親戚は、公務員、教諭を始めいわゆる固い人たちが多く、その中ではみ出しているのは、僕と、この松尾のおんちゃん(オジサンという意味)。松尾おんちゃんは、1950年、武雄市若木町に生まれ、武雄高校卒業、熊本大学を経て、何とあの当時珍しかったコピーライターへ。福岡の西広に何となくコピーライターとして入社し、2009年に、なんと、社長になってしまった。そして、4年も社長をやってしまい、辣腕をふるっていたのは、僕の耳にも、社員の悲鳴としてストレートに入ってきてました(笑)。九州広告業協会会長もやっていたので、その広告筋の人からも、おんちゃんのエピソードは山のように入ってました。

このはみだしもんのおんちゃんが、本を出すということで、生臭く、生々しい業界の本と思いきや、「川の童は、童のまま老いてゆく。」と自分でコピーまで添えて、僕に持ってきてくれました。

川から一番いなくなってしまった生き物は、人間かもしれない。

フナがいた。コイがいた。ウナギがいた。
オイカワが群れ、サンショウウオが潜み、源氏ボタルが乱舞した。
高度経済成長前の、日本の農村の豊かな川の営みが、
みずみずしい文章と絵で鮮やかによみがえる。
佐賀県武雄市若木町。
約50年前の、川の豊かな生き物たちとの
ふれあいを綴った、思い出の断片集。


「動」の人の「静」なる本。落ち着いた瑞々しい文章もさることながら、僕が一番驚いたのは、イラスト。119ページの「蛍の乱舞」のイラストにさり気なく添えられた直筆のコメント。決して、字はうまくないのだが、得も言われぬ味がある。親戚の中での出世頭に言うのもどうかと思うけど、おんちゃんは、この本を描くために、コピーライターとして、そして、経営者として、面白おかしく生きてきた、そう確信します。

久しぶりに会って、枯れているかと思いきや、やっぱり、生々しかった。次の人生は若木町で自然生活を楽しみながら、テレビ業界だそうです(笑)。おんちゃんの後を追って行きます。素敵な本、ありがとう。
d0047811_22095326.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-03-09 22:09

武内公民館、誕生

今日は、武内公民館の落成式。町民悲願の公民館。佐賀県産木材をフルに活用し、バリアフリー。採光も良く明るい。武雄市図書館と同じような居心地の良さ。この時代の公民館なんでしょうね。多くの町民の皆さんが集まっておられました。稲富県議が前田副市長のオファーを受け、佐賀県庁にかけあい、国から多額の補助金。また、武雄市としても、一定の税収増の分を振り回したので、武雄市民の負担はほとんど無い。また、建材が今ほど高くないときに、着工できたのも良かった。いろんな好条件が重なってんですが、最初は、公民館というハコモノは作りたくなかったのが本音。

建設委員の白濱さん、馬場さん、竹内さん、古川お結び課長が、100回以上、私や議長、教育長のところにお越しになりました。さまざまな、活用策を携えて。最終的には根負け(笑)。しかし、今日、伺ってみて、渋々ながらゴーサインを出して良かった。冒頭述べたような居心地の良さを体感。そして、最も良かったのは、ほぼ8年をかけて、じっくり、武内町民の皆さんと、あるべき公民館像について膝を交えて議論できたのが大きい。私自身、とても良い勉強になりました。

この武内公民館が、武内町の心柱になることを心から祈念しています。

追伸)武内保育園の園児による荒踊り。もう最高でした。子どもたちが伸び伸び、踊り、踊り終えても、なかなか、去らないところが素晴らしかった。各保育園もぜひ参考にしてほしいと思うくらい。
d0047811_20481589.jpeg
d0047811_20482677.jpeg
d0047811_20483187.jpeg
d0047811_20483691.jpg
d0047811_20484344.jpg
d0047811_20485161.jpg
d0047811_20484791.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-03-09 20:52