2013年 01月 23日 ( 1 )

文部科学省は大丈夫か

d0047811_1662281.jpg

まさか、この全国学力テスト問題で騒ぎになるとは思っていなかったので、面食らってますが、まあ、それはそれとして、文部科学省の私の方針に対する見解は間違っている。

なぜなら、もし、「公表なら参加認めず」ならば、前回、武雄市が全面公開に踏み切った後に、異論反論を、私に対して言って然るべき。当然、様々な指摘はお待ちしてました。が、音沙汰無し。ということは、前回、各校長の許可を得た上で、教育委員会が取りまとめ、その取りまとめた結果を教育委員会が公表するという正当なプロセスを辿っています。かつ、私の強い意向のみならず、保護者アンケートを取った結果、7割が公表に賛成しているという事実を踏まえたものにもなっています。

その結果、教育委員会、私のところに、保護者や地域から苦情はほとんどありませんし、学校関係者からも無い。公表するか否かは、地方自治体に委ねるべき。国が一律に決めるべき話では無い。

だから、議論をしましょうと呼び掛けているのですが。当然、公開の場で。さはさりながら、文部科学省がこれだけ早く見解を出すというのも少し信じがたいのも事実。

ともあれ、「公表なら参加認めず」という旗は降ろして欲しいのですが、一方で、子どもたちが、学力テストを受ける権利は、前回書いたように阻害したくないのが偽らざる気持ちです。引き続き、必要とあれば自分の思いを書いていきます。
by fromhotelhibiscus | 2013-01-23 23:30