2012年 11月 19日 ( 1 )

僕は候補者本人を見て応援する

今晩、某党首脳から電話がありました。「我が党を応援してくれるか?」とのことだったので、人次第です、とシンプルに答えました。

郵政選挙の時に、佐賀県は、そこで出た候補は名前は挙げませんが、とんでもない御仁でした。「日本遺族会とは、どこの遺族ですか?」と公の場で、質問した小泉チルドレン。小沢チルドレンも玉石混淆(人間としてでは無く、議員として、という意味でね。)。

そんなこんなから、僕は自分の選挙のときに、特定の党に応援してほしいって公認申請なり、後援申請を出したことはありません。後で縛られるから。それで、民主党に嫌われ、対立候補まで立てられました。

僕は市長である以上、特定の党派に属さずに、市民福祉の維持向上のための政策を考え、実行しています。そういう立場から今のスタンスを言うと、僕は、太陽の党と無理矢理合流した日本維新の会そのものには失望した。反原発は孫さんが言うように小異では無い。

それでも、橋下ー松井ラインにはとても期待しています。特に橋下さんの持つ革命的な行動力には大いに期待している。その中で、日本維新の会が誰を佐賀県に出してくるのか。そこに注目したいと思っています。

その人によっては、僕は、自分に全く影響力は無いのは自覚していますが、日本維新の会候補を応援します。公明党の遠山清彦さんクラスを出してくれればいいんだけどね(遠山さんは絶対に応援します。)。

改めて言います。今の閉塞しきった日本を変えるのは、既成政党では無理。日本維新の会が第3極ではなく、自民党に次ぐ政党にならないといけない。しかし、あくまでも、その中の人が大切。そのスタンスは変えません。

佐賀県に日本維新の会が誰を出してくるのか注目したいと思います。
僕は候補者本人を見て応援する_d0047811_23274086.jpg

(画像は2年前かな、橋下徹後援会の時のものです。本文とは関係ありません。)
by fromhotelhibiscus | 2012-11-19 23:29