2012年 10月 25日 ( 1 )

石原新党は盛り上がらない

今日の石原都知事の電撃会見。辞任。そして、新党の結成、衆議院選挙に出馬。

何じゃそりゃ。まず、都知事の任期を2年半残しての辞任は、都民そして都政をバカにしている。僕は80歳がどうかとは思わないけど、10年は腰を据えてやる必要があると思うけど、大丈夫なんだろうか?

もっと問題は、この御仁、もともと衆議院議員で大した実績を上げていないのに、復帰して何がやれるんだろうか?首長と議員は違う。首長は独裁者タイプの方が上手く行く。

議員は自分の主義主張を通すのに、多数決に結びつく「数」がものを言う。そういう意味では、小沢さんの「数は力」という論理は絶対的に正しい。

では、橋下さんと組めるかというとそんなことはできない。憲法破棄、原発容認では、日本維新の会が乗れるはずが無い。橋下市長が、「理念のない連携は国民からそっぽを向かれる」という趣旨の話をしていたが、これもまた正しい。

また、これからの自身の国政に関しては、都政の延長で行く、と言っているが、都政と国政は違います。この他、会見では、筋の通らないことを多々コメントされていたが、明朝の新聞記事に注目しようっと。

僕は、石原新党は盛り上がらないと思う。
d0047811_2337679.jpg

by fromhotelhibiscus | 2012-10-25 23:38