2010年 04月 30日 ( 1 )

大学生からのメール

初めまして。

今年、東京の大学の2年になるA.Mと申します。樋渡市長のブログ拝見しました。今回、再選なされたとお聞きしました。本当におめでとうございます。僕は昨年、武雄高校最後の卒業生として卒業しました。18年間過ごした武雄を出て、1人東京の地で過ごすのは最初とても寂しく思いました。しかし、昨年の夏に帰省した時駅がすっかり変わっていたのに驚きました。

僕が東京にいた一年あまりで武雄の街もすっかり変わっていました。それに僕の母校の矢筈分校も閉校となってしまいとても残念です。そんな悲しいニュースもありましたが、先日のがばいばあちゃんの放送見させていただきました。がばいばあちゃんのおかけで、佐賀の気分を東京にいながら味わうことができました。

それにこっちでも佐賀の認知度が高いことに驚いています。大学の友人たちも「がばいばあちゃん観たよ。」と声をかけてくれます。ぼくは、それが嬉しくていつも「あれは俺の地元で撮影してるんだ。」と自慢しています。(笑)樋渡市長のおかげで佐賀が有名になり、武雄を知ってもらうことができているのだと考えています。僕だけでなく、県外に出ていかれてる佐賀出身者のみなさんがそのことを誇りに思っていると思います。

これからも武雄の街を盛り上げていってほしいと思います。次回帰省するとき、武雄の街並みがまた変わっていることと、樋渡市長の成人式での楽しい祝辞を期待しています。

突然のメール失礼しました。これからも、東京の地から応援しています。


(ご本人の許可を取っています。)


ブログのおかげで、日本のみならず海外からもメールを頂きますが、もう一つ、大きく変わったのは、10代、20代のこれから日本を背負って立つ皆さんから色んな声をかけてもらうこと。

20年前に、僕も東京で学生生活を送りましたが、出身を言っても「佐賀って何かあるの?」とか、「佐賀って琵琶湖があるよね。」とかいじられていました(笑)。

しかし、今では、このメールのように、故郷を誇りに思う、そういう皆さんが増えているのをとても嬉しく思います。そして、僕の学生時代に絶対に考えられかった一学生が、市長にメールを送る(メールそのものも無かったわけですが。)こと。良い時代になってきていると思います。


佐賀や武雄の認知度が上がっていること。これは、武雄や佐賀を応援してくださる県内外の皆さんの存在あってこそなので、この場を借りて感謝したいと思います。


お知らせですが、TVQ「至福の時間」で武雄市のみどころが紹介されます。2日(日)です。御船山楽園の大串さんも出るって張り切っておられました。ご覧ください

良い一日でした。
大学生からのメール_d0047811_1714403.jpg

by fromhotelhibiscus | 2010-04-30 21:28