2009年 04月 23日 ( 1 )

三条市訪問記②

d0047811_2092748.jpg
三条市といえば、鍛冶金物のまち。先日書いたカレーラーメンもそうなんですが、ある意味、エキゾチックそのもの。

読売フォーラムで私の横に座られた高樹のぶ子さんは、「旅する時には、自分が住んでいるところには無いものを求める」とお話しされていましたが、三条市は我々からすれば、そういう無いものがある、と思わせるまちです。
d0047811_20124665.jpg

まち歩きに連れて行ってもらい、長崎のさるくに匹敵するほどいいなぁっと思ったんですが、一方で、私を捉えて離さなかったのは、トタン。そうトタン。

市役所の方に聞いたら、「トタンはあんまり人に見せたくないものかもしれない。」とのことだったけど、三条市のトタン家は、とてもおしゃれ。錆びている感じもいいし、ペンキの色合いも個性的。

日本の地方は京都を含めて、どこを見ても同じような家屋が広がる中、三条市の家屋は私にとってみれば、トタンに限らず、ゾクゾクするほど官能的なデザインを持つまちでした。

まさに、鍛冶のまちにふさわしいtotan de art、さらには、design cityそのものだと思いました。国定三条市長さんのブログはこちら
d0047811_2081242.jpg
d0047811_20831100.jpg
d0047811_2084696.jpg
d0047811_209790.jpg
d0047811_2094622.jpg
d0047811_2010580.jpg

by fromhotelhibiscus | 2009-04-23 22:36