2008年 07月 17日 ( 2 )

三条市の可視化

今日の三条市長のブログで、僕の政策が可視化・可視的(目に見えるやり方)と書いてありますが、僕は抽象論が苦手で、具体論が絶対好き。国定さん、一応先輩の僕を持ち上げていますが、国定さんは可視化のやり方が理性的。

というのも、窓口の色彩化。僕は総合窓口よりも、その色に注目しました。市民窓口課がクリアーな青、福祉がオレンジ・・・というよりに。分かりやすい。

これは、うちのUD政策の中でマネしようと思っています。
三条市の可視化_d0047811_23264478.jpg

三条市の可視化_d0047811_2327412.jpg
三条市の可視化_d0047811_23272939.jpg

そういえば、国定市長のブログの中で、倉田哲郎さんのことが。私も会ったことがありますが、大阪府箕面市役所に出向していた総務省の役人。僕の後輩になります。

国定さんは三条市役所→総務省→三条市長。倉田さんは箕面市役所→総務省→箕面市長(候補)。

倉田さん、とても人当たりが良くて、しかもアイデア満載。心から応援しています。

次の全国市長会で会おう!


夜は、消防団のラッパ隊の激励。毎晩の練習には頭が下がります。27(日)に県大会。2連覇に向けて頑張ってほしいものです。大坪団長も気合いが入っていました。
by fromhotelhibiscus | 2008-07-17 23:28

救急医療再開に向けて

今日、臨時議会が開催され、21時まで、賛成・反対、熱心な審議、討論がありました。

今日が大きな区切りの日となりました。

交渉権者が、医療法人財団池友会と議決を頂きましたので、今後、早急に池友会と平成22年2月までの医療体制、そして、同年2月以降の新・医療体制について、私自身、市政の最重要課題として取り組んでいきます。

3年間弱の長きにわたって、各方面からご議論を頂いたこと、その議論の積み重ねが今日の日に至ったこと。その思いを胸に、市民医療の更なる向上、そして、救急医療の一日でも早い再開を目指していきます。

今日付けで記者会見を行い、全世帯向けに、私及び病院長の思い、そして、救急医療の再開、今までの議論の経緯を付していますので、ぜひ、ご覧ください(pdf)。
救急医療再開に向けて_d0047811_025979.jpg

by fromhotelhibiscus | 2008-07-17 00:25