2007年 12月 14日 ( 1 )

新幹線

今日、政府与党の新幹線検討会議が総理官邸で開かれました。僕はちょうど議会中だったのですが、結果をやきもきしながら待ってました。

秘書課から議場にいる私の手元に、政府与党合意文書が。

が、しかし、あまりに難しくて、よく分かりません。役人文書の集大成といった感じでした(笑)。最初見たときは、先送りの文章かと思ったくらい。
d0047811_21334160.jpg


夕方、さまざまな方から、私のところにも合意文書の解説が。それによると、新幹線はほぼ確実にできることになります。安心しました。

というわけで、明日の新聞では「新幹線は先送り」モードだと思いますが、僕は「スタートライン。大幅前進」と述べています。

それにしても、政府与党合意文書、もう少し分かりやすく書いてよねと思った一日でした。

政府与党合意文書はこちら。

■政府・与党整備新幹線検討委員会における合意事項

1.平成16年12月16日の政府・与党申し合わせ「整備新幹線の取り扱いについて」が着実に実施されるよう、平成20年度予算において所要の整備新幹線整備事業費を確保するものとする。
 また、既に安定的な財源が確保されている九州新幹線(長崎ルート)武雄温泉・諫早間については早期着工に向けた関係者の調整を促進する。

2.整備新幹線を取り巻く諸事情を踏まえ、政府・与党により、未着工区間の着工のための財源の確保、地方負担・償還が地方財政に過大な負担にならないようにするための措置、並行在来線等の諸課題について検討を開始する。

3.このため、整備新幹線に係る政府・与党ワーキンググループを設置する。政府・与党ワーキンググループは今年度末までに安定的な財源を確保する方策の目途をつけた上で結論を得るべく全力を傾注し、その結論が得られ次第、当委員会を開催する。

by fromhotelhibiscus | 2007-12-14 23:44