2007年 07月 16日 ( 1 )

新潟県中越沖地震

今日、この大地震のニュースを知ったのは、プリウスで移動中のとき。FM放送でした。被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

さて、市長の仕事。その第一は、市民の皆さんの生命・財産を守ることです。大火災、地震、水害・・・、いろんな天災に対して、どう動けばいいのか。誰に、どの組織に連絡をし、指示をしなくてはいけないのか。絶えず、総務部と並行してシミュレーションをやっています。
d0047811_23174587.jpg


その中で、最も大事なのは、情報の共有。これに尽きます。どこで被害が起き、どのように避難するのかなど。情報からの隔絶が、第二、第三の事故を生みます。

つくづく、今日思ったのは、防災無線では厳しいということ。自動車や屋内ではまず聞けません。武内町や若木町のオフトークも、有線である以上寸断されたらどうする?

いろんなことが頭に過ぎりました。

とするならば、FMやAMを持つしかないだろうということ。総務省の補助金もあるコミュニティFM局を自前で開設し、何か天災が起きそうな(起きた)とき、防災FMに鞍替えするということが、市民ニーズに合うのではないかと考えます。

このコミュニティFM。牟田副議長にいろいろ教えてもらって、庁内で検討を進めていたんですが、検討を加速します。年内に総務省に申請ができるように、と今日の大地震でそう思いました。
by fromhotelhibiscus | 2007-07-16 23:17