2006年 11月 22日 ( 1 )

非公開コメントから

子どもと市長と語る会。

反響大です。佐賀新聞は一面。西日本新聞は九州版・ぶち抜き。↓昨日のブログにもコメントをたくさん頂いています。ありがとうございます。


今日もまた、先日頂いた非公開コメントをご本人の許可が取れましたので紹介します。多少、修正しています。

アメリカ人の友人と話をしました。いじめを含む学校の話もありました。いつの時代も、どこでもいじめはあるのですが、その中身が、険悪さが...日本はGUNが無くて救われるよ、って言われました。本当、この状態で銃社会だったら...ゾッとします。

今の現状に対処して、学校内の縦横の連携をスムーズに行かせるためにも、教職員に対するサポートも必要だと思います。
d0047811_23212757.jpg

アメリカでは各校に最低1名のスクールカウンセラー、私の友人の学校には4人のスクールカウンセラーが居たそうです。もともと、日本もそうですが、アメリカでも教職員は、カリキュラム、モラル、雑務に追われます。

今は更に。。。


教師はプライドを保つべき職業ですが、一人間。スクール・カウンセラーを常設することで、子どもも職員も悩みを溜め込まず外に出せるかもしれません。子どもとは勿論、家庭、教員間のコミュニケーションを上手く保ち、物事の言い易い環境を作る制度も必要な気がします。

教員の雇用拡大も必要に応じて欲しいものです。ブラジルで、学校が荒れ過ぎて、「教師になりたい!」と夢を抱く子どもは殆ど居ない。ってまた別の友人が言っていました。そうなってはダメですね。
d0047811_0251174.jpg


世界的に見ても今のままだと、

先生への夢が抱けない→人気の無い職業→仕事環境、待遇が悪い→仕事への意欲低下&低賃金で生活源にならない→副業に頼る→仕事に身が入らない→子どもへの熱意が湧かない→学校、教員の質低下→学校がおもしろくない→振り出しに戻る
  
「教師」は子どもに尊敬されてこそ!と思います。一人の人として仕事を全うして頂く為にも、職場環境を整えてイキイキといてもらいたいものです。



いろんな見方があるなぁって思います。いろいろ、また、教えてほしい、そう切に思います。ご意見ありがとうございました。
by fromhotelhibiscus | 2006-11-22 23:59