2006年 11月 17日 ( 1 )

アイデアからかたちへ

この頃、取材や質問が急増しています。一番多いのは、「ゆほほ」や「がばい」の関係でしょうか、「アイデアはどうやって出るのか」です。
d0047811_2323101.jpg
アイデアは煮詰まらない以前のものまで、数限り無く出します。参考にしているのは、商品名のつけ方。例えば、昔、洗濯機で「からまん棒」、「静御前」ってありましたよね。

そのネーミングにいたるまで、600以上の商品名(候補)が登場するとのこと。ゆほほもコンセプトからネーミングまで含めると関係者の皆さんとともに、1000以上考えました。


そうなんです。アイデアもネーミングと同じで、失敗を恐れず、とにかく、自分でも出すし、いろんな皆さんの意見を聞く。その過程で絞り込んでいきますが、アイデアがだんだんかたちになっていきます。

そういう意味でもブログのコメント欄を復活したのは大きい。


武雄市役所の皆さんも、よく議論をしてほしいと思っています。僕の場合、議論している途中で、考え方をよく修正しています(笑)。

僕は市長ですが、何かが決まる前は、イチ意見。この頃、だんだん、意見・議論が増えてきたのは最も嬉しいことです。
d0047811_20521311.jpg

今日夕方、嬉しかった。

若木にも工場を構えておられる昭和金属の藤村社長さんと、高槻時代からの師匠・末澤りそな銀行広島支店長がわざわざ武雄まで。

高槻時代、末澤支店長とは本当に議論をしましたし、また、それ以上に教えてもらいました。また、夢のある仕事がともにできそうな予感がしました。
d0047811_1936335.jpg

by fromhotelhibiscus | 2006-11-17 23:30