2006年 11月 10日 ( 2 )

共同テレビ&商工会議所女性会

共同テレビのホームページに、ドラマ「佐賀のがばいばあちゃん」の情報が。画像に、江森浩子プロデューサー、河野圭太監督、栗栖カメラマンの姿が。また、僕まで。
d0047811_22244617.jpg


改めて、江森プロデューサー、河野監督の代表作を見ると、すごいなぁって感心。

江森さんが、「1リットルの涙」「さいごの約束」「ドラマスペシャル・一生忘れない物語」

河野監督が、「映画・椿山課長の7日間」「映画・子ぎつねヘレン」「古畑任三郎シリーズ」


ときてます。当代ナンバーワンのプロデューサーと監督と。今思ってみても、すごい人たちと、一緒に仕事ができたなぁって思いました。 来年1月の放映、ますます楽しみになってきました。
d0047811_2225056.jpg


夜は、九州各県から、商工会議所女性会の皆さんが。総勢200名強。盛り上がること、盛り上がること。武雄とがばいをしっかりアピール。30回以上記念撮影。女性のパワーに圧倒されました。
d0047811_2324129.jpg

(上の画像は山閑人カフェです。)
by fromhotelhibiscus | 2006-11-10 23:59

東京駅

先日、東京出張の際は、東京駅近くの丸ノ内ホテルに泊まりました。ここは丸善書店に隣接しているし、立地といい、ホテルそのものといい、自分にとって、最高のホテルの一つです。

しかし、予約も殺到、値段も高いので、次回は泊まれません。なお、市長出張の場合は東京で一泊1万3千円。差額は個人負担になります。
d0047811_22253753.jpg

今回は、なぜここに泊まったのか。公務の傍ら、とある目的のため、「上」から見下ろし、東京駅を「解剖」するため。東京駅といえば、唐津出身の辰野金吾博士の代表作。また、武雄温泉の楼門の作者です。
d0047811_2038920.jpg

上の画像のとおり、東京駅ホームの屋根が緑青風。煉瓦の赤と緑青と。さすがに、いいデザインと感心。


平成20年春にオープンする新・武雄駅も、東京駅のように、外観は煉瓦調、ホームの屋根が緑青風になればいいなぁって思います。

辰野金吾博士を通じて、東京駅と武雄駅が、そして、明治と平成が結ばれる、そんなストーリーを考えてみました。どこにでもあるような駅だと、武雄が泣きます。
d0047811_22254872.jpg

(他の画像は、山閑人カフェ。いろんな赤の色があります。)

↓下の記事もUPしました。
by fromhotelhibiscus | 2006-11-10 20:50