市民病院ニュース

ほぼ毎日、市役所と武雄市民病院を何回か往復しています。院内の雰囲気が確実に変わってきているのがよく分かります。

それもそのはず、患者様、ご家族の往来が8月11日の救急再開から飛躍的に増えていることがその活気を生む原動力になっているのかなと思っています。
d0047811_20421441.jpg


その中で、佐賀大学から派遣されていたお二人の医師が退職希望が出され、今日、退職を承認する決裁にサインをしました。

サガテレビのニュースでも出ていましたが、このお二人と池友会の医療方針がかなり食い違っていたことがその原因です。

退職後は12名から10名体制になりますが、救急医療等のレベルは全く変わりませんのでご安心ください。

そして、予想以上に患者様、入院患者様が増えていますので、今後、その増加に応じて、池友会から優れた医師を派遣していただきます。


今月、市民病院ニュースが創刊され、市報とともに全世帯に配布いたしました。私も少なからずの市民の方にお渡ししましたが、概ね、好評で安堵しています。

市民病院ニュースの表面はこちら裏面はこちらです

ただし、待ち時間が長いというご指摘を受けるなど、まだまだ十分ではないので、改善すべきところは、速やかに改善する、という方針で臨みたいと思っています。

明日の夜は、武内町多々良地区で、市民病院説明会です。
by fromhotelhibiscus | 2008-09-02 23:00
<< 「九州味めぐり」に「武雄そだち... 福田総理、辞任 >>