オーガニック・キッチン

今日は第二名神予定地の現地視察。山あり谷あり悪路あり、たっぷり2時間、バスに揺られ少し酔いました。梅本主幹の運転があれほど上手くなかったら僕はもっと酔ってたはずです。コストと環境と経済効果といろんな要素が絡み合う中での事業遂行かなぁって思いました。

その後、昼休み中、箕面のオーガニック・キッチンでランチをしてオーナーとまちづくりなどの相談。小柿さんと一緒に行きました。

今日のベジタブルランチ(2300円)から
d0047811_20291955.jpg
d0047811_2029436.jpg
d0047811_20301091.jpg
d0047811_20303294.jpg

大阪というか関西に来てから、2年と少し経ちますが、僕の場合「気に入ったお店」は繰り返し訪れることになるので、レパートリーは増えませんが、このオーガニック・キッチンは間違いなくベスト3に入ります。

オーガニック・キッチンで、僕自身、野菜の美味しさがはっきり分かったと思っています。ただ、困っているのは、人気がありすぎて予約が取れにくくなっていること。今日ももちろん満員御礼。

まちづくりの視点からいうと、こんなお店が高槻に来てくれたら、高槻のグレードアップにつながるし、高槻の野菜を取り入れてくれるという意味では地産地消(オーナーは脱サラ農家でもある。)につながるし、高槻の農業のレベルも格段に上がるだろうし、いいこと尽くめ。

オーナーの松原さん、ぜひ高槻に来てお店開いてくださいっ!!(笑)畑も山も美味しい空気もありますよ!!


ちなみに他のお気に入り(繰り返し行っているお店)は、高槻の「はるぴん」、京都の「なかひがし」、「八起庵」、「ひさご」、「おめん」、大阪の「小好鮨」、「カンティプール」です。
by fromhotelhibiscus | 2005-05-24 20:38 | グルメ
<< ニコラス・ゲイジと二匹目のドジョウ ブログと明治国家 >>