自民党

今日(23日)、自民党の総裁、すなわち内閣総理大臣が決まるわけですが、失望です。昔の自民党は、我も我もと総裁選にチャレンジし、政策はともかく、自分という「人」を世に問うたわけですが、福田さんと麻生さんしか出てこない。

しかも、勝負の前に派閥談合で勝負が決まっている。我も我もと勝ち馬に乗る構図。ほとほと、自民党は活力も人材も消えうせたのではないかと思ってしまう。

大隈重信公のことを先日書きましたが、あの時代ですら、望むと望まざるにかかわらずだけど、下野や政権交代があった。自民党は次の総選挙でもどうせ負けるはずだから、いったん今回潔く下野して、党としての力を、人材を磨きなおすべきだと思いますが、どうでしょうか。

僕のスタンスは、政策面でも自民党支持です。民主党のバラマキ型政策には危惧を覚えています。今の自民党は情けない。今、政治の世界でも時代の変わり目のような気がします。
d0047811_0113389.jpg

by fromhotelhibiscus | 2007-09-23 00:12
<< 楼門朝市と荒踊り 休日 >>