今日は汐留にいます

昨晩から、ロイヤルパーク汐留タワーに泊まっています。タワーの26階以上がロビー、客室になっているという高層ホテルなんですが、初めての宿泊。近くに電通ビル、日テレビルなど高層ビルが乱立しています。その中で、部屋から浜離宮が見下ろせるのがほっとします。
今日は汐留にいます_d0047811_23311379.jpg


というより、汐留そのものにも初めてで、JR新橋駅から歩いて5分かからない、しかも、地上・地下両方からアクセス可能というすごく便利なところです。

驚いたのは(高槻でも参考になると思います)、

・新橋駅から汐留にいたるまでの地下通路、この天井がめちゃめちゃ高いため、地下通路特有の圧迫感を感じさせないこと。

・ロビー、部屋ともにそんなに広いわけではないんですが(ま、お値段が高い部屋に泊まっているわけでもない・・・)、ここも天井が高い。部屋なんかたかだか26平米くらいで、全然圧迫感がない。もちろん、窓もかなり広くとってあります。

・最後にここがポイントですが、数年前、このJR跡地は全然冴えないところだったのが、今は近くのカレッタ汐留などのモールゾーンを抱え、イケテル場所に大変身。最近の丸の内、日本橋なんかがこの大変身の例にあたります。これらの共通点は、「超一流」を目指していること。高槻も「ま、ここまででいいや」的発想だと、目の肥えた消費者、市民からそっぽを向かれると思います。天井の高さも消費者のニーズを一歩先を行く発想かなぁって思いました。

これからどこに行くか思案中です。
by fromhotelhibiscus | 2005-05-21 09:07
<< お江戸日本橋 指定管理者制度で講演 >>