【緊急のお知らせ】佐賀のがばいばあちゃん・ドラマ化で武雄がロケ地に!

d0047811_7465135.jpg

原作ベストセラーで映画ロングランの「佐賀のがばいばあちゃん」

ドラマ化が決定。メインロケ地が武雄になりました

きっかけになったのが、武雄市民Mさんからの突然のメール。6月3日。今から2か月半前にしかなりません。少し長いですが、引用します(少々編集しています。)。

既にご存知かと思いますが、「佐賀のがばいばあちゃん」は原作本120万部を突破し、本日より映画も全国公開となりました。海外での上映予定も決定しております。

今回のお話はその「佐賀のがばいばあちゃん」に関する事です。

ドラマのメインロケの舞台に佐賀、しかも武雄はどうか?という話です。樋渡さまのブログにもときどき画像がアップされておりますが、武雄周辺にはがばいばあちゃんの舞台になった昭和30年代の風景が残されている場所が数多くあります。

また、温泉もありますし、もし実現すれば、佐賀の新名所として日本全国、海外からも観光客に来て頂ける場所になる可能性が非常に高いと思われます。

私は佐賀県出身です。

できれば佐賀が今の良い部分を残しつつ、且つよい意味で発展していって欲しいという思いが強くあり、何とか佐賀の為に私にできる事はないだろうか、何かしたい、と常々思っております。

このままの流れでいくと、結局、「東京近郊で撮影を済ませてしまおう」という話になり兼ねませんし、繰り返しになりますが、非常にもったいない気持ちでいっぱいです。

単刀直入に申し上げますと私どものご提案は、武雄のどこかに、がばいばあちゃんの家を再現した場所を作れないでしょうか?そこでドラマを撮影し、撮影が終わった後は、ドラマの撮影地という事で観光地スポットにできないでしょうか?という事です。

お忙しい毎日かと存じますが、是非ご検討下さい。

ただ、今回は時間がなく、ロケ地の用意を夏からの撮影に間に合わせる事が必須条件になります。ご検討の余地があるとご判断になりましたら、是非ご連絡いただけますでしょうか?

佐賀県は田舎ですが、都会にない素晴らしい風景が沢山あります。島田洋七師匠も同じお考えです。お世話になった・なっている佐賀県に、何か恩返しができたらいいな、日常会話の中で、常々そんな話をしております。

大型娯楽店などが華々しく軒を連ねる風景ばかりではなく、「心の故郷・佐賀武雄」と全世界の人々から親しまれるような、そんな風景を残していけたら何よりだと考えております。

突然のメールにて、失礼いたしました。最後までのご拝読、ありがとうございました。

ご多忙の日々をお過ごしの事と存じますが、くれぐれもお体ご自愛下さいますように・・・

まずはご挨拶・ご連絡まで。



このメールを送っていただいたのが、武雄市民Mさんという女性です。たまたま市長選挙期間中にお目にかかり、ステキなかただなぁって感心していました。そして、Mさんのご主人が島田洋七さんの信任厚い方。

この6月3日のメール以降、同世代のMさんのご主人とそれこそ心中(笑)。

Mさんのご主人の情熱そして頭脳が強大なフジテレビ・共同テレビを尽き動かしたと思います。僕自身も、Mさん夫妻のようなやる気のある市民との連携でこんなに大きな仕事ができたと思います。

Mさんご夫妻、本当にありがとうございました。
by fromhotelhibiscus | 2006-08-22 11:00
<< がばい(続報) 公用車オークション(その2) >>