道路の決着

道路の決着_d0047811_18573283.jpg

もうあまり話題に上らなくなった道路公団民営化の主人公、作家猪瀬直樹の最新作です(表紙挿画が佐々木マキさんというのが痺れます。)。

今日、一気に読みました。猪瀬さんの主張も、その対立する主張と平行して読まないと、本当のところは分かりませんが、猪瀬さんと猪瀬さん以外(霞が関時代、僕の上司だった人もいます。)の力量があまりにも違いすぎて、対抗作は出ないでしょう。


この本で学んだことは、結果はもちろんプロセスの公開、そして、ファイディング・ファクツの重要性。真実を見つけ出し、検証することです。

この関連で言うと、武雄市役所の審議会も個人情報等を除き、原則公開にするつもりです。先の副市長給料を決めた報酬等審議会も完全公開にしました。


今日は読書したり、実家に帰ったり、打ち合わせが数本。連休最後の一日でしたが、充実した一日でした。
by fromhotelhibiscus | 2006-05-07 23:32
<< あまがさき情報局 JC(青年会議所) >>