不法投棄ごみの撤去ボランティア

昨日(23日)、佐賀県産業廃棄物協会青年部による不法投棄ごみの撤去ボランティア活動が行われました。

「自分たちの活動によって、不法投棄撲滅の一助になれば」、という目的で実施されているこの活動は、今年で24回目。毎年県内の不法投棄現場を対象に行われており、今年は武雄市北方町周辺で実施。

県内の廃棄物処理事業者や市民の方など総勢50名が参加された作業では、可燃・不燃物の他、タイヤ・家電など合計約7トンの廃棄物が回収。見込みが5トンだったので、やっぱり多いですね。

中身は冷蔵庫や扇風機。しかも、捨ててあるところは、人目につかない山野の奥、谷だったり、埋めてあるものも多くあり、土を掻き出すのも相当な労力。一日かけて作業をしてくださったボランティアの皆さん、ありがとうございました。感謝します。
d0047811_1149449.jpg
d0047811_11512170.jpg

d0047811_1149927.jpg

d0047811_1148448.jpg

d0047811_11491645.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-10-24 11:51
<< 茂木さんはやはり天才だった 【レビュー】最強のふたり >>