サンフランシスコ総領事にご挨拶

今、サンフランシスコですが、21(木)23時前です。明日(22日)正午の成田便で日本へ。10時間かけて日本に。23日(金)の夜には武雄に着きます。大雨の被害が安全安心課から、逐一入ってきましたが、16時間の時差もあり、離れているだけにとても心配していました。

今日でアメリカにおける全日程が終了しましたが、最後は、サンフランシスコ総領事館へ表敬。杉原議長らとともに伺いました。セバストポール市と武雄市の交流について、サンフランシスコ総領事館はとてもバックアップして頂いています。もともと、29年前に両市(当時は山内町)が姉妹都市提携に当っては、外務省、取り分け、サンフランシスコ総領事館が物心両面で動いて頂いたことが契機になっています。

渡邉正人総領事に対しては、来年4月下旬に、武雄市とセバストポール市との姉妹都市交流が始まって30周年を記念して、セバストポール市においてセレモニーを開催する方向で検討するので、ぜひ、その際、お越しいただくようにお願いをしたところ、こころよく引き受けて頂きました。

また、お二人の領事(萩原啓領事、松田圭太領事)は、総務省出身で私の後輩ですが、武雄市や私のことはもとより、2年前のシリコンバレー訪問のことを事細かに知っておられました。ぜひ、武雄市とシリコンバレーを含むアメリカと連携を進めてほしいとのことでしたが、こうやって後輩の皆さんが世界を舞台に活躍されるのを見ると本当に嬉しい。ぜひ、頑張ってほしいと思いました。

杉原議長や私からのお願いの後は、武雄市のことをあれこれ質問攻め。やっぱり図書館のことはご存知で、予定の時間を大幅に超過しました。楽しかったです。このような機会を作ってくださった水谷さんに心から感謝します。ありがとうございました。
d0047811_14400722.jpg

d0047811_14393982.jpg
d0047811_14403277.jpg


by fromhotelhibiscus | 2014-08-22 14:43
<< 松田町、タブレット導入を準備 セバストポールレポート② >>