3選出馬を表明しました。

今日の市議会一般質問で、来年4月の任期満了に伴う武雄市長選に、3選を目指して無所属で出馬する意向を表明しました。

答弁の中で「残りの任期とその後の4年間は教育に命を懸けていく。生き抜く力をぜひ授けたい。福祉も大切で、洪水調整池の設置など大型インフラも控えている。3期目に向けてみなさんと一緒に解決、実現したい」と述べました。佐賀新聞はこちらです

特に、ICT教育、過疎対策、不登校対策を中心として特色ある小学校をつくりたい。水道料金、できれば、福祉関係の料金も下げたい、と思っています。
d0047811_18371895.jpg

思えば、7年前、全国最年少市長として、武雄市長に就任させてもらいましたが、様々な問題課題に逃げずに、目をそらさず、体当たりで、同僚職員、市議会、そして、市民の皆さんと取り組んできた、という自負はあります。

その間、リコール騒動、出直し選挙、21億円の住民訴訟など、そりゃまあ、いろいろありましたが、100億円の借金返し、歳入増など一定の成果は出ていると思います。一方で、課題や問題点も浮き彫りになっていますので、一つ一つ、皆さんとともに、丁寧に解決をはかっていきたいって思っています。

これからも、100の議論より1の実行。できない理由よりできる理由を求めながら、まずは半年強の残り任期、頑張っていきたいと思います。
d0047811_18355266.jpg

by fromhotelhibiscus | 2013-09-09 20:18
<< ヒットメーカー100人に選ばれ... 佐賀県多久市長選、神奈川県松田町長選 >>