武雄市は住みやすい

昨年末にお知らせした、武雄市が全国第5位に輝いた“田舎暮らしの魅力・実力ランキング”(『いなか暮らしの本(宝島社)』の2月号(12月29日発売))の紙面をちょっとだけお見せいたします。武雄市は、特に交通の便利さ、老後の医療介護体制などを高く評価いただいての、全国第5位となっております。

ぜひご覧ください。きっと武雄に住みたくなるはず。ホームページ、フェイスブックはこちら
武雄市は住みやすい_d0047811_2223037.jpg

僕は武雄市生まれの武雄市育ち。学生時代は東京、社会人時代は、東京、大阪(高槻)、沖縄に住みましたが、それぞれ良かったです。その中でも、武雄の良さは住みやすさ。その上、武雄温泉があり、いつでも、陶芸に触れることができる。また、農業もしやすい。

そして、救命救急医療センターとなっている新武雄病院、嬉野医療センターがあり、かつ、今年の4月は、新しい武雄市図書館がオープン。基本的な方針は今年の3月に出す新しい庁舎構想。この庁舎は、広く市民の皆さんに開放する全く新しい形の庁舎になるようにします。9年後の新幹線開通もありますが、ハードのみならず、スポーツを含めたソフト機能を充実させていきます。

今、お陰様で、武雄市の周辺部に、どんどん、新しい一戸建て、アパートが建っていますが、さらに、加速するような施策を進めていきます。

移住、心からお待ちしています。一緒に、住みやすい武雄市をつくっていきましょう。
by fromhotelhibiscus | 2013-01-07 22:14
<< FB良品南砺は面白い 健康第一、家庭第一、消防第一、... >>