【レビュー】ワンクリック―ジェフ・ベゾス率いるAmazonの隆盛

ワンクリック―ジェフ・ベゾス率いるAmazonの隆盛
d0047811_21344631.jpg

ジェフ・ベゾス。売り上げ4兆円のAmazonのCEO(最高経営責任者)。スティーブ・ジョブズ亡き今、世界に最も影響を与えている経営者の一人。今、僕たちは、FB良品といって、自治体有志で、通販を始めて、それなりの成果を収めつつあるんですが、目標はこのAmazon(笑)。

確かにAppleも凄い。しかし、後で振り返ったときに、世界は、また、歴史は、Amazon以前、Amazon以後と分かれそうな気がする。

今まで、このトップの評伝が無かったので、今か今かと待っていましたが、ついに出ましたね。世間的にどうでもいい話なんですが、日経ビジネスが選ぶ「次代を作る100人」のジェフ・ベゾスの横は、不肖僕。これ以上、光栄なことはないと勝手に思っています。

一言で言えば、この人、ぶっ飛ばす、突進する、振り返らない。

とっても共感を覚えましたね。僕もこのラインだから。持続可能性を考えて、あえて、目先の利益にこだわらない、という姿勢には取り分け共感。今では、礼賛しきりなんだけど、たった4,5年前のマスコミの論調は、巨額の借金を抱え、もうダメだ、というもの。しかし、何のその、軽やかに、そして、したたかに、今があり、キンドルで世の中に激震を走らせる。ワクワクします。

本自体、日本のこの手の本にありがちなどぎついエピソードもあるにはあるんです(これもまた面白い)が、それ以上に、数字がしっかり、はっきり出ているので、納得できる。また、著者自身が、ベゾスを温かいながらも懐疑的に見ているので、フェア。いつものように、井口さんの訳もこなれていて読みやすいし、滑川さんの解説も素晴らしい。

2時間もあれば読める本。久しぶりにのめり込みました。お薦めです。
by fromhotelhibiscus | 2012-10-30 21:34
<< 済州オルレは凄いぞ 優しいりんご >>