原点に返り、勉強する

僕は多くの年上の人たちに可愛がられ、自分の才能を伸ばしてもらった。家永塾の故家永先生、山下哲夫総務省行政管理局企画調整課長、最近ではCCCの増田宗昭社長などなど。この場を借りてお礼を申し上げたい。
原点に返り、勉強する_d0047811_2331464.jpg

今日、名前は挙げませんが、尊敬する経営者から、「樋渡市長は時代に可愛がられている。」と嬉しい言葉。

誤解しないでほしいのは、僕は武雄市民からそんなに評価は高くない。言動が激しいので、いつも強烈な批判も頂くし、確かに、失敗も数知れず(笑)。

それでも、今、全国で最も多い行政視察数を誇るまでになったのは、市民、職員、議員の皆さんのおかげです。

そして、僕も今年で43になります。年下の同業者の皆さんから最近、いろんなオファーを受けるようになりましたが、その中で、以前から注目していて、最近、お友達になった吉田雄人横須賀市長から、勉強会のお誘いを受けました。大体、僕はつるむのが嫌いだし、集団行動もできない、協調性は皆無、友だちはほぼゼロ、ときているし、この勉強会に入ってもかえって迷惑をかけることになりかねないし、勉強会の性格にも注文を出しました。

しかし、人生の折り返し地点だし、もう一回、原点に返って、いろんな勉強をし、僕が縁遠かった経済界の皆さんと連携を深め、そして、年下の皆さんに自分が得た体験談を求めがあればお伝えするということも、地域の、日本の発展を考えれば、それはそれで意義があるのかなって思って、武雄市政に支障の無い範囲で、参加したいと思います。

ただ、この勉強会、大阪維新の会のような政治集団もありません。国政も意識しませんし、要望集団でも無い。派手なものでもなく、テレビや新聞に出る類いのものでもない。

原点に返り、勉強する。そして、伝え、連携を深める。42歳の挑戦、頑張りたいと思います。また、詳細は決まったときにお知らせします。
by fromhotelhibiscus | 2012-07-26 23:33
<< iPad授業に参加 大刀洗町でFBとFB良品が始まった >>