宇多津町まちづくりアドバイザーに就任します。

d0047811_19535681.jpg

親交の深い、香川県宇多津町の谷川町長が、武雄市へお越し頂きました。

いろんな意見交換をしましたが、その中で、宇多津町まちづくりアドバイザーの就任を打診されました。私は、アドバイスを受けるほうだし、かつ、現職の政治家なので、大丈夫ですか?って聞いたところ、それでも、ぜひ、ということだったので、しかも、無償なので、お受けすることにしました。4月1日付けとなります。

これをきっかけに、さらに宇多津町と武雄市の交流が深まればいいなって思っています。宇多津町は町長のリーダーシップで、Facebook化にも熱心なので、お互い切磋琢磨できればと思います。


今日、そんな話をしていたところに、あの共産党の江原市議が、大音響のマイクで、市役所に向かって、「自分への懲罰は、数の論理、自由な議論の封殺だ。」と訳の分からん街頭演説。

同行されていた宇多津町の職員さんが、「ひどいですね。自己弁護以外何ものでありませんね。」とのこと。恥ずかしい限り。

相当堪えていることは事実なようなのですが、共産党のチラシの中で、自民党の谷口さんや吉原さんの名前を勝手に出さない方がいいと思いますよ。僕から見れば、何でもかんでも都合良く利用しているようにしか見えないし、僕のことも書いてありましたが、「平野/江原議員は議員の資格は無い。」という議会答弁の部分は取り消していませんよ。僕が取り消したのは、議長の指示により、「武雄市議会は無法地帯だ!」というところのみ。ちゃんと事実関係を調べて書かないと、宮本なんとか通信と同じです。

いろいろあった一日でした。これから、スキッと走ります。今日のお供は、マドンナの新譜。これは凄い。
by fromhotelhibiscus | 2012-03-26 20:14
<< リスナーを信じて、放送をしてい... 最近はジェフリー ディーヴァー... >>