遠山清彦代議士。

d0047811_23493375.jpg

やっぱ、遠山清彦はすごい。前に書いたかもしれないけど、今からちょうど10年前に、内閣府の沖縄問題の課長補佐をしていたときに、遠山さんは公明党の沖縄問題の責任者。国会の質問取りは、あの頃、普通は係長が行くんですが、「これは!」と思った国会議員には、課長補佐が行くシステム。僕は遠山さんのところには必ず行ってました。

いや、本当に参りましたね。普通は官僚が国会議員の100倍くらい情報を持っているんですが、遠山さんに限っては、僕らが舌を巻く情報量と質。よく教えてもらいました。一緒に行った外務省の僕の同期が、思わず、「遠山さんには嘘はつけないな。」。

本当にまぶしかった。同い年で何でこんなに違うんだろうって。

それから10年の間で、遠山さんは参議院から衆議院選挙、僕は官僚を辞め、市長選に。その間、一貫して、遠山さんを応援して来たし、遠山さんは、僕を応援してくれた。特に、リコール選挙の際、苦境に立った僕の応援の際の凄まじい演説は、今でも、来てくれた人たちの中でも伝説になるほど。演説で地響きを立てることができるのは、僕の知る限り、この遠山さんと橋下大阪府知事くらい。

遠山さんのいいところは、「分かりやすい、迫力がある、一貫している」。これも橋下知事と同じ。

樋渡は公明党から支援を受けているから、応援するんだろとか、2chに書かれたりしましたが、僕は、「これは!」という人間は、党派関係なく応援する。さすがに、職員に赤旗を売りつけたり、住民訴訟を煽動する共産党は無いけど、社民党の政治家だって応援しますよ。

今日は、久しぶりに武雄で突っ込んでいろんな話をしたし(というか、9割遠山さんが話していたけど)、こんな人が総理になればいい。10年前よりもさらにまぶしく映った。僕のまわりに居た口うるさい人間たちも異口同音、人物だと言ってました。応援したいと思います。


今日、ブログチェックしていたら、嬉しい記事を見つけました。MASAKI(マサキ)さんのブログです。清々しい一日でした。
by fromhotelhibiscus | 2011-01-11 23:51
<< 与謝野/枝野っておかしいでしょ 「首長パンチ」、西日本新聞に掲載 >>