オラソニックのUSBスピーカー

自宅ではiMacの27インチを使っています。音楽もほとんど、このiMacから聴いていて、8108曲。全部聴けば24.2日かかります。しかし、圧縮を結構かけているので、それでも、63.03GB。余裕です。

しかし、問題は音。オールインワンのスピーカー自体、そんなに悪くは無いんですが、クラシックやジャズになると限界が。そこで、タイムドメインのlightを使っていました。快適そのもの。この小ささでこれ以上のものは無理だと思っていたら、あはは、同等のものが出ました。

オラソニックのUSBスピーカー。しかも、凄いのは電力供給も音源供給も一つのUSBから。しかも、一万円を切る価格。
オラソニックのUSBスピーカー_d0047811_22472862.jpg

最近の雑誌にはよく載っていて気になってました。昨日の早朝、Amazonに注文して、今日の午前中に着きました。

音の純粋さや高音の伸びは、タイムドメインのlightに譲るものの、音の奥行き、広がり、パワーは、こちらの方が上。ただ、値段も値段ですし、そりゃ、過剰な期待は禁物ですが、アイアン・メイデンなどこちこち系はこっちがいいなあ。一方で、キャロルキングなんかは、lightがいいかも。迷いながら聴くことになりそうです。


今日は、教育懇談会、山野草展、打合せ、プール。教育懇談会では、僕からいろいろ言いましたが、「夏休みの宿題で読書感想文があるから、子どもの読書離れがあるんじゃないですか。読書感想文は廃止!」って言ったら、皆さん、のけぞってました(笑)。

さらに、今になってやっと、フジテレビドラマ「のだめ」にはまっていますが、例えば、「のだめ」の原作のマンガを図書館に置いた方が、よっぽど、子どもたちは読むんじゃないか、質の高いマンガの割合をもっと高くしようと提案。クーラーの設置費用は、一教室、ランニングコストは別にして400万円はかかるので、まずは各教室に複数の扇風機を置こうと。

後半になるにしたがって、盛り上がりました。帰りに、来賓で佐賀県全体のPTA会長がお見えになっていて、挨拶を頂きましたが、こんなにざっくばらんな懇談会は他の自治体ではあり得ないとお褒めの言葉。うちは、いつでもこんなです、と言ったら、のけぞっておられました。

明日は、楼門朝市、橘町の運動会に出席します。
by fromhotelhibiscus | 2010-10-09 22:48
<< デジタル教科書革命〜中村伊知哉の本〜 映像はまちのイメージを変えるどころか >>