市長vs議会  ~地方政治 現場で何が~

今日のクローズアップ現代は、僕も当事者の一人として、また、一市民として、興味深く拝見しました。

「市民税減税」「議員報酬の半減」などをめぐり市長と議会の全面対決が続く名古屋市。市長が議会を招集せず専決処分を乱発した鹿児島県阿久根市。首長と議会が協調し安定的な議会運営をめざす自治体が多い中、急進的な首長とそれに反発する議会の対立の行方が注目を浴びている。名古屋では、“庶民革命”を掲げる河村市長側が猛反発する市議会の解散を目指して署名活動を呼びかけ、9月27日に署名活動は終了。市長側は解散請求に必要な 36万6000人分を越えたとしているが、すべてが有効な署名か、今後チェックされる。一方、一連の対立を受けて、全国の地方議会議員の間に、議会が十分に機能を発揮しておらず、それによって風当たりが強まっているとの危機感が広がっている。「市民目線に立って議員立法などにもっと取り組まなければ、議会の存在意義が問われる」と変革に向けた動きが起きている。地方自治とは何か、議会の役割とは何か…。市長と議会の対立が何を問いかけているのか考える。

というもの。さすが、NHK。河村名古屋市長の過激な言動はもちろん、民意を捉えきれていない議員のとほほの状況も上手く撮っています。

しかし、どうにも我慢ならないのは、新藤さんというこの手の特集で出てくる大学教授。名古屋市長が、議会の解散を呼びかけること自体が、脱法行為すれすれのようなことだとし、これはこれで、許せる範囲かもしれませんが、河村さんのやっていることが、首長に対するチェック機能なんか要らないという「大政翼賛会」につながるものと発言したことには、あきれてモノが言えない。

大政翼賛会は、多くの政党等が果ては内務省までが「バスに乗り遅れるな」のかけ声の下、我も我もと馳せ参じた団体で、まず、国民の民意からかけ離れている。さらに、総務省時代、大政翼賛会を調べる必要性が出て来て、いろいろ調べていたら、この組織って、全然、一枚岩じゃない。バラバラ。

まあ、大政翼賛会が一枚岩かどうかは別にして、新藤さん、名古屋市長がやっていること、また、それに呼応して議会がいろんな動きをしていること。これについては、選挙という最高かつ最終手段がありますよ。僕も、市民病院リコールに伴う選挙の記者会見のときにも言いましたが、選挙は、首長側からすると、最高の説明責任の場です。いろんな意味から、河村さんを選挙という民意の反映が無い、そして、説明責任の必要性が無い大政翼賛会と決めつけるのはおかしい。

さらに、議会で傍聴者に発言させれば活性化するとか、暴論の大行進。議員はもっと市民に近い存在でなければいけないって当たり前のことを言うんだったら、その具体策を言わないと。

といろんなことを考えた番組でしたが、幸いにして、武雄市議会は、議決の効力を理解せず、住民訴訟を煽動している一部の共産党議員を除けば、活発で真っ当な議会だと思いますし、市外や県外からもその評価はダイレクトに聞きます。

私も議会に負けないように勉強しなくてはいけません。
d0047811_23222372.jpg

by fromhotelhibiscus | 2010-10-06 23:23
<< 観賞用の稲 すべては一杯のコーヒーから >>