<   2014年 12月 ( 44 )   > この月の画像一覧

同級生が来てくれた

d0047811_2114856.jpg

今日は、唐津市をぐるぐる。佐賀県全体も広いけど、唐津市もでかい。そんな中で、佐賀市のひわたし啓祐後援会事務所には、市民の皆さんが続々と訪れてくださっています。私も全国いろんな選挙に関わってきましたが、こんなに一般の皆さんが訪れてくださるというのはちょっと記憶に無い。

そんな中で、高校や中学の時の同級生がひっきりなしに事務所へ。僕は人付き合いが全くもってヘタ。協調性ゼロ、集団行動不能なんです。ましてや、中学・高校時代は友達って本当に数えるほど。だから、あの頃の僕を知る同級生は、「(コミュニケーションが必要な)市長ができるよね。」って言うくらい。だから、僕のことはあんまり印象に残っているとは言い難い。

だから、facebookでこの画像を見た時は、腰抜かして驚いた。それと同時に、申し訳ないという気持ちと頑張らなくてはという気持ちに。こうやって、みんなに支えられているのを本当に実感しています。明日は、夜、サガテレビの収録があるまで、また、ぐるぐる挨拶。頑張ります!
by fromhotelhibiscus | 2014-12-20 21:39

佐賀県知事選公開討論会

今晩は、佐賀県知事選立候補予定者による公開討論会。朝から晩までほとんど分刻みで動いているので、そのまま公開討論会へ突入。しばらくしたら動画で流れるようです。

8年8か月務めさせてもらった武雄市長職を振り返ると、体力、気力が絶対に必要。36歳、当時全国最年少市長としてスタートした時は、全く体力面では気にすることもなかったのですが、これが40過ぎて、誰でもそうだと思いますが、明らかに体力の衰えが。体力が落ちると気力が衰える。これはいかんと思って、走り始めたのが41歳の時。

今日もそんな話をしましたが、とにかく選挙、仕事何でもかんでも、健康が一番。お金で買えないですしね。健康を維持することに最も頭を使うようになって、県政でも健康寿命日本一にチャレンジしたい。

武雄に帰って9年。今度の選挙が5回目となりますが、一番スケジュールもハードなんですが、明日の出会いがまた楽しみ。頑張ります。
d0047811_23551332.jpg

d0047811_23552213.jpg

d0047811_23552840.jpg

d0047811_23553369.jpg

d0047811_23553880.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-12-19 23:55

同志・こまつ政の初チラシ

d0047811_23202381.jpg

今日もまた朝から晩まで走り回りました。日頃ランニングで鍛えてはいるんですが、毎日200キロの走行距離(車ですよ)とお見かけしたら、突進と握手。自分の脚でも最低10キロは走っています。

告示前なのに体力的には限界に近いのですが、元気そのもの。それは反応があるから。みやき町のコンビニの店員さん、お客さんから「樋渡さんでしょ。頑張ってください。」。佐賀市のうどん屋さんでは、お店を出るときに、「頑張れ〜」の拍手。

また、車の移動中では車から降りて、「もっと住み良くしてほしい。」「雇用の場を作ってほしい。」と言われます。佐賀県内の知名度は思った以上にあって安心に浸っていたんですが、今晩22時過ぎに帰って、自宅に置いてあった武雄市長選立候補予定者のこまつ政のチラシを見て、「知名度ゼロ、よそ者」のハンディキャップを背負った人間が頑張る姿に、気合が入りました。
d0047811_23192275.jpg

明日も朝から夕方まで佐賀県内を駆け巡ります。夜は19時から佐賀新聞社主催の公開討論会。佐賀市のアバンセで開催されます。明日もこまつ政ともども頑張ります。
by fromhotelhibiscus | 2014-12-18 23:29

自民党推薦を頂きました

d0047811_20125078.jpg

今夕、自民党本部から「樋渡佐賀県知事選立候補予定者に対して推薦する」旨、連絡を頂き、一つの節目を越えることができました。自民党関係者の皆さんに感謝します。

よく、なぜ自民党に推薦を求めたのか、と聞かれますが、いくつか理由があります。

私はもともと思想信条から言えば、保守の政治家です。ずっと以前から大枠は自民党にシンパシーを感じていましたし、保守という意味では維新の党ではなく、橋下さん率いる大阪維新の会に同様のシンパシーを感じています。

加えて、これまで8年余の武雄市長時代、自民党市議団と連携して政策を遂行してきたこと。特に市民病院民間移譲では完全にタイアップしてきました。武雄市図書館の実現も、自民党市議団の理解と協力があってこそ。

ついでに言えば、市長は単独では何も決められない。議決機関はあくまでも議会です。だから、市長としてやりたいこと、やらねばいけないことを議会、取り分け、最大会派の自民党市議団の理解を得らなければいけないというのは議会という機関の性格を考えれば当然のことです。

また、佐賀県の場合、玄海原発の再稼働問題、オスプレイ問題等がありますが、県政公約にも書いた私の基本的方針は、官邸・自民党が方針を打ち出す前に、私のほうが早い。もちろん、全く一緒というわけではありませんが、基本的アウトラインは同じ。

その他、菅官房長官が、定例会見でも述べられていましたが、私の市政運営を極めて高く評価してくださっていること、これも、推薦をお願いする決め手の一つになりました。

加えて与党の公明党にも推薦願を出しています。

明日もまたこつこつ地域まわりを行います。新たな出会いが楽しみです。
by fromhotelhibiscus | 2014-12-17 22:25

佐賀県を一番に!

私のリーフレットが完成しました。昨日(15日)公表した政権公約とは別に、なぜ、知事選出馬に及んだのか、そして、私の来し方、応援してくださる県民、友人の声などで構成しています。

佐賀県の有権者はなにせ68万人。まずは私のことを知って頂くことが大切。そういう思いを込めてつくりました。良かったらご覧ください。
d0047811_21112871.jpg

d0047811_21113676.jpg

d0047811_21114669.jpg

d0047811_21115594.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-12-16 21:15

農業政策について

今日、県政公約の会見を行いましたが、農林水産業については質問がありませんでした。

農林水産業については、私が言うまでもなく佐賀県の基幹産業です。この産業の活性化無くしては地域創生はありません。

その中で、今回は農業のことについて書きたいと思います。市議会の一般質問やインタビューでは答えていますが、私は農業は大きく2つに分ける必要があると思います。

一つは、国土保全としての農業、コミュニティー維持のための農業。これは、田んぼがあり、畑があり、そこに集落があることで、一定の目的が達成されるのですが、これは零細のほうがむしろ良いと思っています。そこには一定の補助金があって然るべき。中山間地対策はむしろこちらのほう。

もう一つは、農林水産業としての農業。高付加価値の高く売れる農業。武雄市では、5億円の経済効果を生んだと言われているレモングラス、今年の秋から試験販売を始めたライチ、そして、リュウガンなどのトロピカルフルーツ。また近いうちにアボカドが出荷されます。これらについては、殆ど、あるいは全く農薬を使っていません。これらについては、早くても百貨店等から注目を集めています。高く売れるでしょうね。

私事ですが、私には苦い経験があります。それは、温州みかん。昭和50年代、私が小学校時代、うちは兼業農家でみかんを大量に作っていました。隣のお家も、その隣も、温州みかん。最初は絶好調に売れていたみたいのですが、あれよあれよという間に、うちの裏山にはオレンジ色のみかんの山。それが異臭、悪臭を放ち、しばらく、みかんが食べることができなくなりました(しかし、妹は意に介さず、手が黄色くなるまでむしゃむしゃ食べていましたが。)。

そんな経験から、人と同じものをつくっても決して儲かることは無いし、かえって、損をする、というのは、みかんの山を見て学んだこと。だから、私は、市役所の反対を押し切ってまでも、レモングラスに力を入れました。幸い、市議会与党会派が、どんどんやれ!ということだったので、最初からやりやすかったのですが。

話は飛びましたが、そうなんです。人とあるいは他の地域と違うことをやること。これが農林水産業の場合は、6次とかなんとか言う前に大事なんです。これを農業生産者の皆さんがしっかり踏まえて、武雄産のパクチーが市内でも市外でも流通を始めて、既に、一定の成功を収めています。

こちらの農業には、行政は補助金よりもむしろ、1円でも高く売るための流通経路の確保など、農業生産者単独ではできないことを補完的に行う必要があると思っています。

私が佐賀県知事になったら、市や町と連携して、これら2つの政策を強力に推し進めていく所存です。

取り急ぎ。
d0047811_2395892.jpg

d0047811_2394921.jpg

d0047811_2393388.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-12-15 23:10

私の県政公約

これから県政公約の記者会見に臨みます。6ページありますが、佐賀県知事選に当選させて頂くならば、知事として行うべきことを記載しています。言い訳ですが、挑戦者でしかも時間がなくて、濃淡かなりあります。すみません。

今後、皆さんのご意見を伺いながら、必要なところは、修正していきたいと思っています。
d0047811_2142022.jpg

d0047811_2142512.jpg

d0047811_2142934.jpg

d0047811_21421227.jpg

d0047811_21421410.jpg

d0047811_21421686.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-12-15 13:00

古川康圧勝!

前佐賀県知事で古川康衆議院候補が当選確実の報が。NHKの開票速報を見ていましたが、全国で一番早く当選確実が出ました。

思ったとおり、自民党・公明党の圧勝。私も県内、まわっていて、古川さんはもちろんでしたが、自公が浸透している感じがしました。

佐賀県は明日から事実上の知事選へ突入します。気を引き締めて、限られた毎日を過ごして行きたいと思っています。明日(15日)13時から、県政公約の記者会見を行いますが、記者会見と同時に県政公約をこのブログにアップします。
d0047811_21371165.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-12-14 21:37

政見放送

d0047811_942529.jpg

あいさつ回り、公約づくりなどいろいろありますが、もう一つ大切なお仕事が、この政見放送。市長選挙では政見放送が無かったので、初めての体験となります。手話通訳が入るので、事前に原稿を提出しなくてはいけません。

5分30秒の与えられた時間の中で、細かいお話より大きな話をしたいと思っています。これから政見放送原稿を書きます。

午後から、武雄市北部、伊万里市へ地域まわり。夕方はひわたし啓祐後援会事務所周辺の皆さんへ事務所開設に伴うご挨拶。夜は集まり。長い一日になりそうです。

良い週末をお過ごしください。
by fromhotelhibiscus | 2014-12-13 09:47

記者が見た 武雄市

d0047811_22481331.jpg

今朝(12日)の佐賀新聞。毎年この季節になると、UPされる名物企画。今日は武雄市。

こんな記事が掲載されました

=記者が見た 市町この1年= 武雄市

■樋渡市長辞職知事選出馬へ 官民一体学校も始動
 
 4月の市長選で樋渡啓祐氏(45)が、大差で共産新人を下して3選を果たしたが、今月3日に県知事選出馬のために任期を3年4カ月残して辞職。異例の年度内2回目の市長選が年明けに行われることになり、激動の1年となった。
 
 樋渡氏が「命をかける」と意気込んだ教育改革が始動。4月には、昨年10月に市教育監に着任した代田昭久氏を県内初となる民間校長として武内小に配置、市内小学校の全児童にタブレット端末が配布された。さらに、民間学習塾「花まる学習会」と連携した官民一体学校を創設する構想を東京都内で発表。5月からは自宅で動画コンテンツを見て予習し、授業では予習内容を深める「反転授業」も始まった。

 矢継ぎ早に打ち出される改革案に対して保護者や市民の間には不安も交錯するが、各地域から「手挙げ方式」にした官民一体学校の参加申請には11校中9校が応募。選考で2015年度から武内小と東川登小の2校で実施が決まり、16年度にはさらに3校が加わる。また、市教委は11月に埼玉県さいたま市と福岡市で官民一体学校の説明会を開いて現地見学会の参加者を募るなど、移住促進にもつなげたい考えだ。

 初の国産モルチール砲やオランダ製天球儀など、市が所有する幕末の武雄鍋島家の洋学関係資料2224点が国重要文化財に指定された。大手レンタル店「TSUTAYA」の運営会社と連携し、カフェと書店を併設した市図書館は1年1カ月で来館者100万人を達成。県外ナンバーの車が多数押し寄せる“名所”になった。

5大ニュース 
(1)樋渡市長が辞職、県知事選出馬へ
(2)4月の市長選で樋渡氏3選
(3)教育改革で相次ぎ施策
(4)武雄鍋島家の洋学資料が国重文に
(5)武雄市図書館が新装1年1カ月で100万人

by fromhotelhibiscus | 2014-12-12 22:48