<   2014年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

【書評】マラソン中毒者 北極、南極、砂漠マラソン世界一のビジネスマン

d0047811_8392973.jpg

マラソン中毒者。こんな内容。

ベンチャー企業の投資家として世界を飛び回る著者が、「ラン」と出会ったのは、4年前。当時はスポーツとは無縁の超インドアおでぶさん。初めはWiifitだった。

それでは飽き足らず、外に出始めたら、あっという間にのめりこみ、2011年にゴビ砂漠250キロ、サハラ砂漠250キロ、2012年に北極点マラソン、南極100kmマラソンを完走。2013年3月にはチリのアタカマ砂漠250キロでチーム戦優勝を果たした。5月には日本の川の道520キロを6日間かけて完走し、ハイペースでレースに出場し続けている。現在、参加したレースは80を超える。

彼のランの特徴は、記録にこだわるレースもあれば、被り物(最近は主にダイコン)をして楽しんでレースに臨むところ。本書は、世界一となったアタカマ砂漠完走記を中心に、北極点マラソン、南極マラソン記も収録。我々が通常見ることのできない様々な景色を、ランを通じて筆者が見せてくれる。

そして、なぜ彼はチャレンジし続けるのか、その答えは読むものを刺激する。52ページのカラー写真も併せて楽しめる。


世の中、当たり前ですが上には上がいる(笑)。運動といえば、選挙運動しかしたことが無かった僕が、40を超えてなぜかNIKEとiPodを手にし、最初のランは40メートル、しかし、ノルマを決めず、好き勝手に走っていたら、翌年は大阪マラソンにフルマラソンで参加・・と続くんですが、小野さんは、全く比では無い。

サンフランシスコから成田に戻る機内で、iPadで読み始めたら、もう止まらない。

本人はひょうひょうと書いているけど、42.195キロのフルマラソンですら、練習も本番もきついんですが、そのきつさを軽快に笑い飛ばしている。その上、自分に対しても、人に対しても、過剰なサービス精神が。アホもここまでいけば上等。僕はこういう人が大好きで、いつかお会いしたいどころか一緒に走りたい。
by fromhotelhibiscus | 2014-08-31 10:40

【書評】女のいない男たち

村上春樹の最新の短篇集である女のいない男たち

ようやく読みました。僕は村上春樹の大ファン。ほとんど読んでいますが、最近の長編は辛い。面白く無いから。

この短篇集も最初、僕にとっては訳の分からない解説で始まり、あー、やめておこうかなって思った矢先、「ドライブ・マイ・カー」からぐいぐい引きこまれていく。今回のモチーフは、男から見た失恋モノ。しかし、初期の爽やかな風のような文体も無く、「森のバターを熊が舐めるような」といった中期の過剰な比喩も無く、文体そのものは硬く枯れている感じがしたが、それが今の村上春樹なのかもしれない。最近の長編では崩壊していた「村上余韻」も今回はしっかり堪能。

久しぶりに読んで良かったと思わせる作品でした。特に、「ドライブ・マイ・カー」「シェラザード」「木野」は村上春樹にしか絶対に描けない作品でお気に入り。次の長編が楽しみになってきた。

こんな人と同時代の空気を吸う幸せ。素敵な作品、ありがとうございました。
d0047811_22575342.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-08-30 23:06

【レビュー】LIFE! 新しき世界 メリーに首ったけ

先週のサンフランシスコー成田、成田ー福岡往復で、映画、本を堪能しましたが、今回は映画から。全部iTunesからのダウンロード(レンタル)です。iTunesの映画、だんだん揃ってきました。

まず、未だに話題のLIFE!

地下鉄に乗って雑誌「LIFE」の写真管理部に通勤しているウォルターは、何ひとつ変わりばえのない日々を繰り返している。彼の唯一の趣味は、虚しい現実から逃避して突飛な空想に浸ること。ある日、ライフ誌最終号の表紙を飾る大切な写真のネガがないことに気づいた彼は、一大決心をしてカメラマンを探す旅に出発する。そのありえないほど波瀾万丈の冒険の道のりは、彼の人生を一変させていくのだった……。

という中身。まあ、あり得ないことの連続で、そのあり得ないことのレンジが僕自身の許容量を超してしまい、最後まで見るのやめようかなって思った矢先のラスト。思わず、涙が出ました。あらゆるあり得ないことが、最後の最後につながっていく。ほのぼのする良き作品。とにかく、映像が美しかった。5つ星で満点だとすると、★★★★
d0047811_18414472.jpg


「新世界プロジェクト」。その始まりは、韓国最大の犯罪組織ゴールド・ムーン会長の突然の死だった―。韓国最大の犯罪組織に潜入して8年になる警察官ジャソン。警察に戻る日を待ちわびていたが、自分と同じ中国系韓国人である組織No.2のチョン・チョンの信頼を得てその右腕となった今、組織を裏切っていることに複雑な思いが湧き上がっていた。ある日、組織の会長が急死し、後継者争いが勃発した。ジャソンの上司カン課長は、その隙に乗じて一気に組織の粉砕を目論み、「新世界」作戦を始動させるのだが・・・。

韓国の映画。これもまた話題に。この国の映画らしく多少の矛盾も吹き飛ばしてグイグイ進めていく構成。今回は大当たり。息を付く間も無い。暗い機内で思わず声を上げてしまい、キャビンアテンダントから笑われてしまった。この映画もラストが極めて重要。邦画との最大の違いは、俳優の存在感。圧倒的に彼の国のほうが高い。しかし、北野武作品の影響をかなり受けているのもこの作品の特徴。★★★★★
d0047811_18415358.jpg

キャメロン・ディアスが出ている映画ではこれが一番好き。メリーに首ったけ。こんなアイドル映画、なんで見るの?とか散々言われたんだけど、Amazonのレビューが異様に高い(本の評価はあてになりませんが)のがきっかけ。これがもう大当たり。

アホさ加減全開で何のためにもならないんだけど、とにもかくにも、彼女の魅力とアホな男たちとのやりとりが壮絶に面白い。そうこうしているうちに、思った通りのエンディング。

僕は、世にある考えさせる映画よりも、こういう考えさせない映画のほうが圧倒的に好き。そういう意味では、ミッション・インポッシブルや96時間もその類。何らかの移動中におすすめです。★★★★★
d0047811_18420365.jpg


by fromhotelhibiscus | 2014-08-29 19:08

医療ガバナンス学会のメルマガに

最初で最後でしょうね。医療系の学会のメルマガに私の考えが載せられるのは。これは、以前、福島県いわき市でのシンポジウムで、どうしても私が他の公務のため出席できずにメッセージを送りました。そのメッセージが、以下の文章です。

今、官民一体型小学校構想、武雄市図書館などで、一定の注目を集めていますが、私の政策的な原点は6年前に勃発した市民病院の民間移譲です。この経験なくしては、今の樋渡市政そのものはありません。私自身、多くのことを失い、しかし、それ以上に多くのことを得ることができたのが、この民間移譲。

これもまた、角さん(退職)、平川さん、そして、亡くなった伊藤元康さんを始め「チーム病院」のおかげです。良かったらご覧ください。

成功した「武雄市民病院」の民間移譲武雄市長 樋渡啓祐

2014年8月28日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

武雄市立武雄市民病院は、平成22年2月1日民間法人へ移譲し、新武雄病院としてスタートしました。平成23年6月には交通の利便性に優れた国道沿いに移転新築され、地域の基幹的医療施設として、24時間365日の救急体制を提供しています。平成12年2月1日、国から移譲を受け武雄市立武雄市民病院は誕生しました。市内唯一の救急医療機関として、市民の期待を背負ってのスタートでしたが、赤字補てんの補助金を国から交付されながらも厳しい経営を続けていました。私が就任した平成18年度末の累積赤字は6億円を超え、早めの手当てが必要と思われる経営状況にあったのです。

さらに、新臨床研修制度の実施による医師不足の状況が発生していたのです。慢性的な赤字体質と医師不足は、信頼される医療を施すという医療機関本来の使命を果たせないことにつながる憂慮すべき事態でした。今ならまだ間に合う。医療を存続させ、市民の命と健康を守る医療体制を整えるには民の力を借りるしかない。私は民間移譲を選択しました。反発は想定を超えていました。医師会は早速反発。検診など市への協力を見直すと表明しました。病院現場では医師が反発。一斉に辞意を表明し、救急医療さえ休止せざるをえなくなりました。医師数がピーク時の18名から5名にまで減ってしまったのです。

民間移譲を巡っては、移譲に関する議案、予算、条例などが市議会で議論されました。市民病院の民間移譲反対派と賛成派はそれまでの反市長派、市長派の色を塗り替えました。反市長派が分裂し市長派になる、自民党の一部議員が共産党などと組んで、市長リコール運動に参加するなど、民間移譲反対の動きは、“想定外”の組み合わせでうねりを増していきました。反対派は、共産党、自民党の一部、医師会などを中心に構成され、民間移譲されれば医療費が上がる、気軽に入院できなくなるなど、根拠のない主張を刷ったビラをまいていました。

加えて私のリコール運動を展開。リコールが現実のものとなりつつあった平成20年11月、私は悩んだ末に辞職を決意、武雄市民病院の民間移譲を争点として市長選挙に打って出たのです。対立候補は医師会が全面協力。民間移譲反対と主張すれども、民間移譲のどこに問題があるのかを明らかにできず、ひたすら市民病院を守りますと連呼するばかりでした。民間移譲賛成の声は、目に見える組織活動としては表れませんでしたが、充実した医療機関を期待する市民の声は寄せられていました。

私は、出直し市長選挙で24時間365日の医療を実現したい、市民病院の民間移譲は真に市民医療の向上にほかならないと訴えました。移譲後、市は武雄市民病院移譲先評価委員会を設置。評価委員会には医師会の医師も加わり、きわめて客観的な評価がなされています。医療サービスに関する事項など28項目を評価し、結果は公表。官民一体となって医療環境の充実に努めています。民間移譲は、雇用と税収にも効果を表しました。

移譲後の病院職員数は100名余りから関連職員を含め500名ほどに増加、税収0円、精算時15億円の赤字を抱えた武雄市民病院は、毎年8500万円の税収を市にもたらす民間病院に変わりました。医療面では、たらいまわしがなくなり救急車の受入れ2.4倍、紹介率1.3倍という、真に市民の命を救う病院が誕生したのです。



by fromhotelhibiscus | 2014-08-28 09:02

楽しみながら学び合う「青空教室」授業を公開しました

来年4月から創設予定の「官民一体型学校」で行われる予定の「青空教室」の公開授業が、モデル校である武内小学校で、花まる学習会の高濱代表らを招いて行いました。学校のある一部分の写真を、異学年のグループで話し合いながら探す「ピクチャーリーディング」、決められた距離を決められた時間で移動する「体で計ろう」など、自然を使った体験型授業が学校全体を使って実施。


「青空教室」では、
①五感を使い、座学では体験出来ない気づきや発見を得る。
②遊び心を持ちながら、自然のものに触れる。
③体を動かし、体全体で物事を感じる感受性を豊かにする。
④異学年・異性による班編成により、相手への思いやり、協力すること、自分の気持ちを伝えることなど社会へ生きていく上で必要な力を育てる。
⑤学校内や学校周辺の環境に接することで、そのよさを発見し、母校や故郷への愛情を育てる。
こと狙いとしています。

子どもたちは、はじめこそ緊張していたものの、次第に大きな声が出だし、みんなで楽しく動き回っており、いろんな体験を行いながら充実した楽しい時間を過ごしていたようです。帰りには「楽しかった!またきてね?」と子どもたちが先生に声をかけていました。また、先生や地域のみなさま約200名にお越しいただき、公開授業を熱心に参観いただきました。私も見学に行きましたが、予想以上の子どもたちの反応。さすが、高濱さん、花まる学習会。改めて組んで良かった、と思いました。
 
次回は10月10日(金)に武内小学校で第2回目の青空教室の公開授業を行います。
d0047811_23063664.jpg
d0047811_23064467.jpg
d0047811_23063208.jpg
d0047811_23062612.jpg
d0047811_23063664.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-08-27 23:08

唐突ですが、本を出しました

タイトルはすばり、「反省しない。」です。東京で行った講演がDVDで付いています。Amazonはこちらです。
d0047811_23135878.jpg
市長就任以来8年が経っていますが、最初にフジテレビドラマ「佐賀のがばいばあちゃん」を誘致したこともあり、ずっと、講演に呼ばれています。最初は、自分が伝えたいことをストレートにぶちまけていましたが、だんだん、変化し、自分が聴衆だったら聞きたいことをお話することにしたら、質問が連発するようになり、講演1時間、質問2時間ということも。

そんな質問の数々と、「チーム武雄市」のみんなの奮闘。その質問や奮闘をもとに、睡眠時間を削りこみ、移動中、書きまくったのが、この本です。4冊目の本になりますが、最短の3週間で書き上げました。それもこれも、みなさんのおかげ。良かったら、どうぞ。

これで書きたいことは大体出させてもらったので、当分の間、本は書きません。

by fromhotelhibiscus | 2014-08-27 07:44

こどものために、自分のために

ひとり親家庭の方、現在離婚についてお悩みの方、ひとりでの出産や子育てをむかえる方に、さまざまな支援サービスや制度をわかりやすくお伝えするため、武雄市サポートハンドブック「ひとり親家庭応援パンフレット」を作成しました。この本が、皆様の不安や悩みを、少しでも和らげ解決できれば幸いです。

武雄市サポートハンドブック「ひとり親家庭応援パンフレット」(PDF版)はこちらです。

ひとり親家庭の方には児童扶養現況届をご提出の際にお渡ししております。また、支援課(本庁舎)及びくらし課(山内・北方両支所)の窓口でもお渡ししています。

さらに活用できるものにしたいので、どんどん、ご意見をお願いします。来年度版は、皆さんのご意見を取り入れて、さらに良いものにしたいと思っています。
d0047811_22512202.png



by fromhotelhibiscus | 2014-08-26 22:51

9月市議会への予算案・条例案の記者会見

今日のメインは、9月議会へ提出する議案の記者会見。まあ、いろいろあります。配布資料はこちらです。多くの自治体は、3月議会が本丸で、重要議案はこちらに入ってくるのですが、この欠点は、迅速の対応ができないこと。ヘタすると一年待たなくてはいけない。武雄市役所は、一年通じて、重要議案を上げるようにしています。3,6,9,12月が定例の市議会ですが、待つ時間がなければ、臨時議会を召集します。議会の召集権は首長にありますので、その権利を最大限活用します。図書館、病院の時がそうでしたね。もちろん、災害対応のための予算を市議会に上げるために召集することもあります。

意欲ある事務方のおかげで良い予算案ができました。市議会での議論を期待しています。
d0047811_18480409.jpg
d0047811_18463110.jpg
d0047811_18463651.jpg
d0047811_18464212.jpg
d0047811_18464639.jpg
d0047811_18465111.jpg
d0047811_18465761.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-08-25 18:57

松田町、タブレット導入を準備

昨晩(23日)遅く、武雄市に戻りました。セバストポールでは、水谷夫妻、正副市長、市民の皆さんに大変お世話に。また、滞在中は、多くのセバストポール市民の皆さんに声をかけて頂きましたが、これが来年30周年を迎える姉妹都市の重みだと改めて感じ入りました。交流が交流を生み、新たな価値を作り出しています。さらに深化させていきます。
d0047811_09242377.jpg

交流といえば、アメリカ滞在中、こんなニュースが。

学校教育にタブレット端末などの情報機器を取り入れる「ICT(情報通信技術)教育」の環境整備を進める松田町で18日、教職員対象の講演会が行われた。ICT推進は、本山博幸町長の公約のひとつ。

 講演会は、ICT教育の先進地として知られる佐賀県武雄市から、同市教育部スマイル学習課の稲田義邦教育指導主事を講師に招き、松田中学校の視聴覚室で開かれた。町内の幼・小・中学校の教職員80人と近隣市町の教育委員など計100人が受講した。

 武雄市は本山町長の出身地。今年度にタブレットを約3200台導入し、市内の小学校全校で児童1人に1台を貸し出し、授業や家庭での予習に活用している。全国から視察が相次ぎ、今回の講演会も本山町長が5月に行政視察に訪れた際に講師の派遣を打診し、快諾を得たことで実現した。

 講演会では稲田氏が武雄市でのICT教育の取り組みや、タブレット導入後の学力調査の成績が全国平均より高くなったことなどを解説。タブレットを使用した模擬授業も行われ、小テストで平均点や回答率などが瞬時に表示されると、感嘆の声があがった。

 松田中学校の齋藤亮介教諭(34)は「SNSなどで武雄市の取り組みを知ってはいたが、実際に話を聞くことができて勉強になった。遠からずこうした時代は来るので、今から学んで積極的に活用を図りたい」と感想を述べた。

 松田町では今年度予算に747万円を計上し、寄小・中学校の無線LAN整備工事やタブレットの購入(14台)、講師の派遣費用などに充てる。2018年度までに、町内の児童・生徒に1人1台の導入を目指す。8月19日現在の小中学生は738人。本山町長は「教育には、その時代に合ったものを検証し、取り入れていくことも必要。それが若者世代に受け入れられ、定住化や人口増加にもつながる。また今回を縁に、足柄上地域全体で連携してICT教育の推進に取り組んでいければ」と話している。


本山町長は、僕の同級生。武雄市出身で、今は、松田町長として頑張っている。選挙応援にも参りましたが、本山さんが町民の皆さんから慕われているのがよく分かりました。どんどん、応援し、学ぶべきところは学びたいと思っています。

交流と連携、どんな価値が生まれるのか楽しみです。

by fromhotelhibiscus | 2014-08-24 09:24

サンフランシスコ総領事にご挨拶

今、サンフランシスコですが、21(木)23時前です。明日(22日)正午の成田便で日本へ。10時間かけて日本に。23日(金)の夜には武雄に着きます。大雨の被害が安全安心課から、逐一入ってきましたが、16時間の時差もあり、離れているだけにとても心配していました。

今日でアメリカにおける全日程が終了しましたが、最後は、サンフランシスコ総領事館へ表敬。杉原議長らとともに伺いました。セバストポール市と武雄市の交流について、サンフランシスコ総領事館はとてもバックアップして頂いています。もともと、29年前に両市(当時は山内町)が姉妹都市提携に当っては、外務省、取り分け、サンフランシスコ総領事館が物心両面で動いて頂いたことが契機になっています。

渡邉正人総領事に対しては、来年4月下旬に、武雄市とセバストポール市との姉妹都市交流が始まって30周年を記念して、セバストポール市においてセレモニーを開催する方向で検討するので、ぜひ、その際、お越しいただくようにお願いをしたところ、こころよく引き受けて頂きました。

また、お二人の領事(萩原啓領事、松田圭太領事)は、総務省出身で私の後輩ですが、武雄市や私のことはもとより、2年前のシリコンバレー訪問のことを事細かに知っておられました。ぜひ、武雄市とシリコンバレーを含むアメリカと連携を進めてほしいとのことでしたが、こうやって後輩の皆さんが世界を舞台に活躍されるのを見ると本当に嬉しい。ぜひ、頑張ってほしいと思いました。

杉原議長や私からのお願いの後は、武雄市のことをあれこれ質問攻め。やっぱり図書館のことはご存知で、予定の時間を大幅に超過しました。楽しかったです。このような機会を作ってくださった水谷さんに心から感謝します。ありがとうございました。
d0047811_14400722.jpg

d0047811_14393982.jpg
d0047811_14403277.jpg


by fromhotelhibiscus | 2014-08-22 14:43