<   2014年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

「沸騰!図書館」東洋経済に掲載されました

d0047811_21314228.jpg
まさか、こんなに大きく載るとはね。今週号の週刊東洋経済に、どかんと見開き、2ページ。「沸騰!図書館」をめぐる私へのインタビュー。聞き手は、中村陽子さん。やり手とは聞いていたんですが、ザザザっと聞いて、この人大丈夫かなって失礼ながら思ってました。そして、今日、届いた記事を見て、まるで、自分がそこにいて気持よくしゃべっている感じがそのまま。さすが、中村さん。

ラストが、「最近よく花もらうんですよ、白い菊の花」(笑)。

これから、全国紙やオンラインを含む経済誌にザザザっと出てきますが、どうもこれからピークを迎えそうです。

by fromhotelhibiscus | 2014-06-30 22:50

潮目が変わってきたのかな

先ほど帰宅しました。今日もまた空港で「花まる、うまくいってますか?」など官民一体型小学校構想が聞かれます。構想の中身をかいつまんで言って、必ず、「ありとあらゆる場で私を含め説明に上がります。」と答えるようにしています。

昨日は、花まる学習会代表の高濱さんと教師の皆さんとの間で具体的な意見交換。まだまだ、不安や心配、反対の声が少なからずあります(これは当然)が、こうやって、一つ一つ、丁寧に説明をすることによって、潮目が変わってきます。今から5年前、市民病院の民間移譲で、医師会長、一部の議員などは強硬に反対してましたが、患者さんや地域の皆さんは、繰り返し説明することによって、だんだん、理解していただきました。その頃の厳しい経験が糧になっているのかもしれません。

来月から、地元協議会が徐々に立ち上がると聞いてますが、教育委員会だけでは対応は厳しいので、私を含め、市長部局も積極的に協議会に出向き、説明に参ろうと思っています。

d0047811_23452058.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-06-28 23:57

反応はすぐ伝わる

今日は午前中、防衛協会で挨拶の後、グロービス経営大学院の伊藤羊一さんと武雄市で会い、じっくりお話を聞き、お別れした後、僕は小松空港経由で富山県氷見市へ。
d0047811_23363071.jpg
空港までお迎えにお越しいただいた本川市長が。市長公用車の中で意見交換。そして、市役所へ。腰を抜かして驚きました。昔体育館が、今、市庁舎。圧倒的な開放感が。居心地の良さが追求されていて、そこには市民総出でデザインされたとのこと。
d0047811_23363553.jpg
d0047811_23363926.jpg
ここで働きたいって思ったほど。本川市長とは同世代ということも息が合いそうです。富山県といえば、僕は田中南砺市長が大好きなんですが、また、氷見市も大好きになりました。

そして、夜は講演。遠くは大阪や岩手からお見えに。ちょうど、その時間、武雄市では、官民一体型小学校のパートナーである花まる学習会の高濱さんが講演。もちろん、自分の講演の時は全力投球なんですが、終わり次第、スマホをチェック。高濱さんの講演、facebookを中心に物凄く良かったとの反響。今は状況がすぐ分かってとっても便利。一安心。

今日は、氷見市役所、氷見市民の皆さんにとても良くして頂きました。心から感謝します。良い一日でした。
d0047811_01053964.jpg
d0047811_23372915.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-06-27 23:47

農業✕ICT

本日(26日)、福岡県糸島市の九州大学・伊都キャンパスにおいて「ICT街づくり推進会議 地域懇談会@九州」が開催。この会議には、座長である住友商事株式会社の岡相談役、総務省関係者をはじめ、糸島市長、唐津市長等「総務省ICT街づくり推進事業」に取り組んだ自治体が集まりICTを活用した街づくりについて議論。
d0047811_23283540.jpg
武雄市は、私から、武雄市が進める農業分野へのICT活用事例についてプレゼンを行い、その後活発な質疑応答がなされました。今後も、ICTを活用した収益性の高い農業の確立を進めるとともに、医療と農業が連携した新たな取り組みも合わせて展開することとしています。
d0047811_23291866.jpg





by fromhotelhibiscus | 2014-06-26 23:29

武雄市×DeNA×東洋大学の3者による、小学校1年生「プログラミング教育」を開始

本日(25日)、武雄市、株式会社ディー・エヌ・エー、東洋大学は、初等教育におけるプログラミング教育について、共同して実証研究を行うことになり、本日実証研究を行う山内西小学校で記者会見を行いました。会見にはDeNAから創業者の南場智子氏、最高技術責任者の川崎修平氏が、検証を行う東洋大学からは松原聡教授が、武雄市からは、私に加え、教育委員会ほか、山内西小学校校長も出席。

昨日閣議決定された【世界最先端IT国家創造宣言】では、「初等・中等教育段階におけるプログラミングに関する教育の充実や、ITに対する興味の醸成、IT を活用して多様化する課題に創造的に取り組む力の育成が重要である。」、「これまで以上のスピードで、産学官が連携した社会全体での取り組みが必要となる。」とされています。

武雄市では既に小学校全児童にタブレット端末が配布され、プログラミング教育を行う上での条件が既に整っていること、プログラミング教育を行う上で、論理的な思考力を養うことにもつながることから、このプロジェクトへの取組を決定。

実際の授業は10月より来年3月までに、武雄市立山内西小学校の1年生40名に対して、全8回の授業を実施する予定です。

武雄市では、このプログラミング教育を進めることで、

1, アプリやゲームは自分で作れるものだと、自然に考えられるようになること。
2, プログラミングを知ることで、より豊かな想像力を働かせることが出来るようになること。
3, それを楽しいと感じて、もっと学びたいと感じてもらうこと。

を未来を担う子どもたちに身につけてほしいと考えています。

また、今後については、半年間の検証を経た上で、市内小学校へ広げたいと考えたいと思っています。


〇本日の会見の動画はこちら→
http://www.ustream.tv/recorded/49176273

〇お問合せ
武雄市教育委員会スマイル学習課
TEL:(0954)23-9226
smile-edu@city.takeo.lg.jp
d0047811_20311057.jpg
d0047811_20311399.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-06-25 20:31

小学校でプログラミング教育始めます。

本日(6/25)13時より、武雄市立山内西小学校において、武雄市、DeNA、東洋大学による「産学官連携によるプログラミング教育実証研究プロジェクト」について記者会見を行います。その模様をUstreamによる生中継いたしますので、ぜひご覧ください。

チャンネルはこちらです。13時から始まります。

●今、絶賛、リハーサル中です。記者会見で初めてリハやってます。新鮮。
d0047811_11512700.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-06-25 11:52

改革は上から、改善は下から

魅力的な言葉を紡ぎ出す名人が、武雄市にもいらっしゃいます。その人は、僕を熱烈応援、その一方で苦言、苦口も熱烈。愛すべき方なんですが、最初、会った時に僕に伝えた言葉が、

「満足よりも納得」

要は、この時代財政的なパイなど減る中で、市民全員を満足させるのは無理。その中で、納得させるのはしなきゃいかんと。

また、今日は、樋渡市政の特徴として、

「改革は上から、改善は下から」とのこと。

要するに、図書館、教育などの革命(改革)は僕が大号令を発し、一方で、同僚職員が、こつこつ改善をしている、と見えるんでしょうね。こうやって、言葉で納得するのは、ある意味、ストンと気持ちが落ちる。

明日(25日)13時から会見しますが、ストンと落ちる言葉で語りたいと思います。
d0047811_22355988.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-06-24 22:37

福岡マラソン、当選しました

第一回福岡マラソン(福岡マラソン2014)、諦めてましたが、抽選で当たりました。通常のフルマラソンは、スタートとゴールって一緒か、そう離れていないのですが、この福岡マラソンは、福岡天神から糸島市へ。海沿いの気持ちのよい道路をほぼ直線で走ります。これは画期的。往復や複雑なジグザグなコースは面白くないんですが、こん回のコースは楽しみ。

11月9日(日)が今からとても楽しみ。そういえば、僕のフルマラソンは今まで全部第一回ばかり。大阪マラソン、熊本城マラソン、さが桜マラソンと。3年前の大阪マラソンが初マラソンだったんですが、その時は、4時間42分。このタイムを上回るべく、これから真面目に調整を進めたいと思っています。

あー、今から楽しみだ。
d0047811_12115810.png
d0047811_12120357.gif

by fromhotelhibiscus | 2014-06-23 17:52

今日は熊本で対談

講演。今、公務に支障の無い範囲で積極的に受けています(とはいえ、ほとんどお断りせざるを得ません)が、今日は熊本で朝から夕方まで対談をしていました。まず、全国から集った博士課程の大学院生の皆さんに、藤沢久美さんと対談。イノベーションとは何なのか、というお題。僕はイノベーターだと定義づける人たちが増えてきて、僕自身、よく分からんのですが、それでも、「組み合わせ・組むこと」の大切さを説きます。その具体的事例が、武雄市図書館や官民一体型小学校構想だったりするわけです。

オーディエンスの2割位が留学生ということで、英語での質問には困りました(笑)。午後からは、小野熊本県副知事と対談。蒲島知事の懐刀。最年少副知事。強烈に頭の良い、現実的な方でした。樋渡市政の解読は聴き応えがありました。藤沢さんも、小野さんも人間的にとても魅力的な人間。僕自身、たくさんのことを吸収できて、楽しかったです。

講演によって、武雄市のことを強力に発信し、また、聞いてくださった方が、SNSで再発信してもらえる。それによって、武雄への交流人口を増やすというのが最大の目的なんですが、もう一つ。武雄のようなどこにでもある自治体が、市民、職員、議会の力を結集してこれだけのことができる。こういう市民一体型・組合せ型のイノベーションが地方から同時多発的に巻き起これば、もっと、日本は良くなる。そう思います。もちろん、私たちが手がけていることが全部正解というわけではありません。最適解を目指して、どんどん修正していきます。

今週、また記者会見します。ご期待ください。
d0047811_21493614.jpg
d0047811_21494473.jpg
d0047811_21494826.jpg
d0047811_21495294.jpg
d0047811_21494638.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-06-22 21:50

都議会セクハラヤジについて

既に大きく報道されているので、事実関係は述べませんが、都議会は女性都議へのヤジを飛ばした人間(複数いる模様)を特定すべき。ヤジであろうと発言が発言なので、ウヤムヤは許されない。私自身はヤジそのものには否定的ではない。自分も応戦して飛ばしているし、議論が沸き立つヤジもあるにはある。しかし、私自身、以前、佐賀新聞や市議会議員から、ヤジに関して批判もされたし、今でもされる。その中で、言い過ぎたヤジについては進んで謝罪もするし、撤回もする。言い逃れはしない。

発言には責任が伴うからです。特に公人の発言はヤジであろうと重い。

そういう意味で、こんな下品極まりないヤジを飛ばした人間は、進んで、その発言を認め謝罪をすべきだ。社会が受け入れるかどうかは、認めるスピードと謝罪内容次第だと思う。都議会自民党団が庇い隠し続けるとなると、自民党全体への評価は一気に落ちる。今回の発言内容はそれくらいひどい。

そして、解せないのは、舛添都知事。「釣られて笑った。ヤジの内容は分からなかった。」と言っているが、これは嘘。ずっと以前ですが、都議会で傍聴したことがありますが、ヤジなんかは離れていてもかなり聞こえる。女性都議が聞こえるということは、当然、執行部席、最も前列の都知事が聞こえないはずがない。こんな「釣られて笑った」など珍妙な発言をするから、政治家は信じてもらえなくなる。知事の責任も重い。



by fromhotelhibiscus | 2014-06-21 00:09