<   2014年 02月 ( 35 )   > この月の画像一覧

パワーがある場所、そこには行くべき

こんなメールが来ました。
d0047811_2146692.jpg

樋渡啓祐 様

福島のSと申します。突然のメール失礼いたします。

先日、2月25日と26日と武雄市にお伺いさせていただきました。武雄市図書館をどうしても見てみたくて、東北から飛んでいきました。

図書館に入ってすぐに空間に圧倒されたというか、「うわー、すげー」という言葉が自然と出たことを覚えています。館内をじろじろ見ながら回ってしまったので怪しかったかもしれません。。。本の量、専門書もすごい数で驚いたのですが、もっと驚いたことが学習スペース、机とイスの多さです。

私が生活している福島市と伊達市、具体的に言いますと、福島県立図書館と伊達市立図書館は、机とイスが少なく、また、館外の書籍を使っての席を使うことには許可が必要というメッセージがあったり、2時間限定である、などいろいろ制限やプレッシャーがかけられています。

武雄市図書館の学習スペースは、「どうぞ座りなされ」「どうぞ勉強しなされ」「どうぞ仕事しなされ」というメッセージが書かれていなくても感じることができました。電源が取れるのもmac book air で仕事している私としてはありがたいです。

26日は朝から雨で、武雄温泉駅前のビジネスホテルに宿泊したため、図書館にはバスで行こうと考えました。その駅前のバス停でステキな出逢いがありました。

おばあさんが座っていて、図書館へ行くには、どのバスにのれば良いのか、どのバス停で降りれば良いのか、「ゆめタウン」で降りれば良いよ、と丁寧に教えてくれました。

また、少しお話させてもらって、孫が図書館で勉強しに行っていることや、車がたくさんくるようになったこと、私が福島から来たことをお伝えしたところ、避難して仮設住宅で暮らしている方々の生活を心配されていたり、私の住んでいる場所のことも心配していただきました。おばあさんの親戚の中にも福島の方がいらっしゃるようで、とても親近感を感じながらお話させていただきました。

武雄市でも福島のニュースは流れているようですが、やはり原発事故のその後の汚染水漏れなどの内容なので、ニュースでは伝わらない、明るく楽しく生活している人のことを話させていただいたところ、よかったよかったと笑顔を見せながらお話を聞いていただきました。

少し、武雄市の言葉が東北人の私には聞き取れないところもございましたが。。。いや、私もずうずう弁だったので、お伝えしきれなかったかもしれません。樋渡市長が昨年の「こども議会」で中学生にお話していたことを思い出します。

『これからはゆるキャラや観光地が人を呼ぶのではなく、人が人を呼ぶ。そのためには訪れる方々に親切にしよう。』

そのような内容だったと記憶しています。

まさに今回、樋渡市長がキッカケで武雄市図書館に行ってみたくなり訪れて、おばあさんの暖かいお話を聞いて、また訪れたいと思いました。

今回武雄市に訪れて困った事がありました。一人旅で訪れたのですが、夜のご飯を食べるところを見つけることができませんでした。ビジネスホテルなどで情報を入れれば良かったのですが、町中を歩きながら1人でも入りやすそうな、そんな雰囲気のあるお店があったら入ろうと思っていたのです。

武雄温泉街や線路の沿線のお店があるところを歩きましたが、なんとなく入れなかったというか、私が度胸がなかったというか。。。「お一人様歓迎」みたいな看板を見つけたら入ることができたかもしれません。

武雄温泉街に歩いている人がほとんどいなかったことと、少し暗い感じがしたので、みなさん食事は旅館内でしているのかなぁと感じました。福島に比べるとこの時期でもとても暖かいので、歩ける明るさなどになるといいなーと。

今回の武雄市への1人旅。とても良かったです!
パワーがある場所、そこには行くべきだとあらためて思いました。

そして、福島県伊達市梁川町の私の実家にも負けないところもあるじゃないか!と感じました。それをどう生かすか、自分にとって大事な場所。誇りをもてと。もちろん、負けてる部分が多いわけですが(笑)。武雄市とても楽しかったです。また行きたいです。

※樋渡市長とお会いできるといいなーと思って25日、閉館近くまでいましたが、お会いできず残念でした。「福島からやってきました!」とお伝えしようと準備してましたが(笑)


Sさん、ありがとう。すみません、25日は会合でしたのでそもそもお会いするのは無理だったんですが、ぜひ、事前にご連絡ください(笑)。お会いできること、楽しみにしています。5月、私が東北、今回はいわき市ですが、参ります。その際にでも。

(掲載はご本人の許可をとっています。修正したのは、お名前だけです。)
by fromhotelhibiscus | 2014-02-28 21:46

ほいほい組んで価値高める

今朝の日経新聞(広告面)に、前に講演した「市長が考える未来の自治体像〜武雄市の不断のチャレンジ」が掲載されています(掲載の許可を頂いています。)。

30分の基調講演だったんですが、かなりうまくまとめられているので、良かったらご覧ください。

一番、言いたかったことは、「まずやる、速い、やめる、ほいほい組む。あとは作り笑顔だ(笑)。」。
d0047811_13112795.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-02-27 13:16

5月に新書出します

今晩、公務終了後、某出版社の私担当の編集者と最終協議を行い、5月に新書という形で緊急出版するということで決定。

8年前の市長就任時から武雄市図書館を巡る挑戦(ノンフィクション/ドキュメント)にする、私自身が著者になる、政治や図書館関係者だけでなく、広く読んでいただくためのコンテンツにする、というもの。

書くことについては全然苦にならないんですが、年度末の膨大な公務と政務(選挙戦)で書くのは早朝と深夜、移動中のみ。いかに短い時間で、早く濃く書くか。3月中旬の脱稿に向けて頑張りたいと思います。今、4ページほど書きました(笑)。

初めて明かすやりとり、失敗談も数多く盛り込みたいと思っています。試行錯誤と読み違いと。友情と離反。数多くの失敗と学び。ジェットコースターみたいな読み物にします。そして、新書らしく、武雄市図書館の置かれている今もデータを入れ、客観的に述べます。

そうそう、なぜ、5月か。ちょうど、今年の4月で武雄市図書館がリニューアルオープンして1年になること。そして、4月中に来館者が100万人を超すであろうということ。ある意味、区切りをつける意味で書きたいと思っています。
by fromhotelhibiscus | 2014-02-26 22:29

【お知らせ】北方町内の学校等の学校給食について

25日(火)、北方幼・小・中学校へ米飯・パンを納入している事業者から、従業員の検便検査の結果、1名がノロウィルスの感染の可能性があるという連絡を受けました。

翌26日(水)に工場での製造を中止し消毒を実施されたため、納品開始日は28日(金)を予定しています。

これを受けて、市教育委員会として、北方幼・小・中学校での対応は次のとおりです。

①予防のため給食配膳室及び教室の給食配膳台について、消毒を実施します。
②児童生徒には、予防のため石鹸による手洗いの励行をします。
③26日(水)予定の主食「ナン」は納入業者が異なるので、献立どおりとします。
④27日(木)は、主食を「うどん」に変更します。 

〇お問合せ
武雄市教育委員会学校教育課
TEL:(0954)23-8010
gakkou@city.takeo.lg.jp
d0047811_19135620.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-02-26 19:14

NHK会長は辞任したほうが良い

誤解なきよう言いますが、僕は就任時の会見は、その是非はともかく、自由に発言すれば良いし、言っていること自体は基本的に間違っていないと今でも思っています。

しかし、今日の国会で、「理事全員に辞表の提出を求めたのか」という質問に対して、会長は人事案件であることを理由に回答しなかったけど、全理事10人が次々と答弁に立ち、日付欄を空白にしたまま辞表を提出させられたことを認めた。

これは異様。理事の覚悟を決めた答弁、そして、理事の後ろにいる事務方(秘書)の薄ら笑い。映像はごまかせません。これはクーデタそのもの。

実は、この辞表提出は過去のNHKにもあった慣習だと聞きます。しかし、それを差し引いても、事前に辞表の提出を求めるのは、およそ、ボード(執行部)やチームの有り方としては極めて異常。こんなことしていたら、強大な権限を持つ会長に異論を挟むことはできないし、政権与党の言うがままになってしまいます。

NHKの中からも、心ある記者たちが、会長の何も語らない、事務方振り付けのままの国会答弁で失望したと嘆きの声が。僕自身、こんな異様なことをする会長、そして、クーデタばりばりのNHKに受信料を払う気は起きません(払いますが。)。

こうなった以上、早く辞めて、もう少しまともな人が会長になってほしい。責任ばかり重く薄給のNHK会長に経済人からのなり手はなかなかないでしょう。そういう意味では、内部登用も考えれば良いと思います。事実上の任命権者の安倍総理の責任は重い、そう思います。
by fromhotelhibiscus | 2014-02-25 23:26

武雄市図書館で幸せなひととき

今晩は、武雄市図書館で代田昭久さん(武雄市教育監)と対談。コーディネートに朝日小学校教諭のたまき先生にお願いしていたんですが、東洋大学の松原聡先生が武雄市図書館にいらっしゃることが判明!し、これはせっかくの機会だと思って、コーディネートをお願い。

今日は、私たち3人の持ち味を、松原先生が上手く引き出してくださいました。そして、松原先生も激賞されているんですが、武雄市図書館が持つ温かい、木のぬくもりのある雰囲気が本当にマッチ。私たちが対談を行っているところは、通常、共有のスペースで、音楽が流れているところですが、今回はNHKアナウンサーの朗読に続く第2弾。

お越しくださった皆さん、遠くは大阪からですが、本当に良い共通の時間を過ごすことができました。また、こういう企画は図書館法に沿ってやっていきたいと思っています。

これほど、心地の良い公共空間は手前味噌ですが、僕が知る限り、国内には存在しません。この良さは体感しないと分かりません。皆さんのお越しをお待ちしています。目下、この図書館をモチーフに文章を書き進めていますが、5月に新書として発刊したいと思っています。

頑張って書き進めます(汗)。
d0047811_233113.jpg

d0047811_23368.jpg

d0047811_2343633.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-02-24 23:05

【書評】へうげもの

僕は本好きでいろんなものを読んできたけど、おそらく、人生に一番影響を与えたのは、小中学校の時に読んだ手塚治虫、石ノ森章太郎の一連の作品、そして、「パタリロ」、「めぞん一刻」じゃないかって思います。しかし、高校時代からマンガからは遠ざかり、活字が読書生活の中心になってましたが、最近、「このマンガだけは読んだほうが良い!」と、作家さん、文化人、マスコミの皆さんから薦められ、手に取ったのが、これ。

へうげもの、と書いて、「ひょうげもの」と読ませます。

今、コミックで17巻まで出ていますが、あらすじは、「あるときは信長、秀吉、家康に仕えた武士。またあるときは千利休に師事する茶人。そしてまたあるときは物欲の権化。戦国~慶長年間を生き抜いた異才・古田織部。甲冑、服飾、茶、陶芸、グルメetc. お洒落でオタクなこの男こそ、日本人のライフスタイルを決めちゃった大先輩だ!!」ってな本。

普通、この時代のストーリーは、信長、秀吉、そして、側近らの血なまぐさい「戦い」が主眼になるんだけど、この本は、「数奇」を巡る戦い。そういう意味では、合戦よりもさらに血なまぐさいんですね。「茶器」一つで城いくつか建てられるほどの価値と意味を有したあの時代を描いています。最初から抜群に面白いのですが、回を追うごとに、その面白さのレベルが格段に上がります。恐るべし。

今まで不思議に思っていた利休の「黒」好き、三成の「最期」や「乙」の意味などが、次々に、このマンガで得心しました。古田織部がいなかったら、唐津焼そのものが無かったこともびっくり。利休と鋭く対峙しつつ和合し、利休より俗で、柔らかく、利休より聖なる存在。筆者のまるで彫刻のような筆致で、読み手をぐいぐいとあの時代を舞台に引き回す。数々の名品がそこに。矛盾に矛盾を重ねた狂気の沙汰、「美」を前にした絶叫と咆哮と沈黙と。フィクションとノンフィクションのシームレス状態。整理されたカオス。

これは、活字じゃ描けない。漫画の独り舞台。「へうげもの」を読み進める最中、活字の本も数冊並行していたんだけど、何とも薄味な気がして困りました。こりゃ、活字、特に小説が売れなくなるのも分かる、と独り合点。これから、名マンガの世界へ旅立ちそうです。

このマンガで確実に人生が変わりそうです。もっと早く読んでたら良かった。
d0047811_13080245.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-02-23 13:11

24(月)18時〜、あの代田昭久教育監と対談!

昨年10月に武雄市の教育監に就任された代田昭久さんと私のスペシャル対談(なぜ、スペシャルなんだろうか?)を、武雄市図書館・歴史資料館で開催。4月から始まる「反転授業」や「タブレット端末」について、全部お話します。そして、代田さんによる動画満載の「オランダレポート」もお楽しみに。

 代田さんのお話はとても分かりやすく、そして、面白いので、僕自身、今から楽しみです。 皆様のご来館をお待ちしております。 

 日時:2月24日(月) 18:00~19:30
 会場:カフェスペース 参加費:無料 定員:50名 

※整理券制(事前配布)
※整理券の配布について 図書館入口付近のサービスカウンターで配布致します。
整理券の配布はお一人様一枚までです。 配布の際には図書館利用カードの確認が必要ですので、必ずお持ち下さい。
なお、残席数のお問合わせはにはお答えできませんので、ご了承下さいませ。
d0047811_21452042.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-02-22 21:46

「大事な時には必ず転ぶ」 森元総理、浅田選手の演技に

信じられない。元総理としてではなく、現在は、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会会長としての発言。僕は自分がこんな性格だし、今まで、政権与党、巨大団体などに対して、数々の刺激的発言を繰り出し、返り血も沢山浴びた。しかし、自分より弱い立場の人間に対して、「大事な時には必ず転ぶ」「見事にひっくり返った」といったむごい言葉を言ったことはない。まあ、僕のことはともかくとして、森さん、この人、まだ、浅田選手がフリーの競技を控えているのを知っていたのか。

もちろん、浅田さんクラスになると、極めて高い結果が求められているし、何よりも我が国を代表して出場されているので、心無いバッシングもある程度は許容しなきゃいけないでしょう。が、繰り返し言います。浅田選手はまだ最終競技が残されているし、しかも、これが、人生最後の競技、すなわち引退となることを彼女自身、明言している。そして、会長としての発言は、場合によっては報道されることは百も承知のはず。私ですら、公式に話するときは、報道を意識して話する。当たり前のこと。

また、どうせ、森さん側からは、「発言を一部切り取られた」などと弁明するんだろうけど、切り取られても致し方がない。立場が立場だから。森さんは、急きょ、小渕総理のあとを継いで、総理大臣になった人間だが、ちょうど、私自身、沖縄サミットの際、割と良く知る立場にいました。その際は、マスコミ報道とかなり異なり、周囲への気配り、ユーモアなどは、最高で、各国首脳を、特にプーチン大統領がそうですが、次々に魅了する人たらしでしたが、いつも公式な発言には、私らびくびくしていました。それが、また、こんな形となって現れるなんて。

2020年までまた冷や冷やしなきゃいけないと思うと、早く、辞めてほしいものです。

by fromhotelhibiscus | 2014-02-20 23:10

大阪都構想で思うところを言いました

大阪都構想、僕は7分23秒後に登場しますが、地方自治体の長として思うところを言いました。

自治体には適正なサイズがあります。僕は人口5万〜10万くらいが首長が一番力が発揮できる気がします。市民の顔が見えるし、結果的に小規模自治体は組織そのものがスリムなので、ここがシャープになれば、圧倒的なスピードで物事を実行に移せるし、修正も容易になります。ただ、敬愛する仲川奈良市長から教わったのですが、皆さんの税金を最も有効に使えるのは、30万都市だそうです。総務省の元同僚は、東京や大阪などの都市部では50万人くらいが適切だとも言います。

いずれにしても、大阪市の人口260万人に一人の長が市長として施策を進めるのは無理。しかも、大阪府と二重行政そのもの。だから、橋下さんには、「大阪府と大阪市を統合して、区長を選挙で選び、住民自治は私たち市長がやっているように、区長が行い、トップ(都知事)はヒトモノカネを集める大きな政治行政を行うように区分けしたほうが良い。」と。

僕は大阪都構想を支持します。あと構想の具体化の時、必要なのは、無駄を省いたり、スピードが速くなるだけではなく、市民にとって、実感を持っていただく数字を出したほうが良いと思います。武雄市では、さまざまなスリム化等を行う過程で、水道料金を最大15パーセント、固定資産税も1.55パーセントから1.48パーセントに下げ、介護保険料は抑制、そして、今後、水道料金を下げていきます。いたずらに市民負担を減らすのではなく、市民に還元するという視点も必須だと思うのです。

橋下さん、大阪維新の会に頑張ってほしいのはもう一つ理由があります。昨今の教育委員会改革に見られるように、「国の強制・関与・一律」の押し付けが猛烈な勢いで始まっていること。僕はこれには異を唱えます。地方自治というのであれば、多様性・選択肢がなきゃいけない。これを、最終的に市民から選ばれた議会が決めるというプロセスがとても大切。そういう意味では、大阪都構想は、一律の国家制度に対する強烈なアンチテーゼ、地方分権が求める多様性への出発点だと思います。

続きは、YouTubeをご覧ください。

by fromhotelhibiscus | 2014-02-19 23:39