<   2014年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧

2/10(月)乙武洋匡さんと対談します。

d0047811_23394829.jpg
500万部を超す大ベストセラー『五体不満足』の著者であり、現在、東京都教育委員の乙武洋匡さんをお招きし、講演会を開催します。場所は武雄市図書館。

ライターやキャスターとしてご活躍の傍ら、子どもたちの教育活動にも力を入れ、活動の幅を広げられている乙武さんと、不肖私が対談します。ぜひ、お越しください。

実は、乙武さんとまだお会いしたこと無いんですが、Facebookで熱い交流をしています(笑)。面白い時代ですね。

【イベント概要】
日時:2月10日(月) 10:00~11:00
会場:文学・文芸書コーナー
参加費:無料
定員:50名  ※整理券制(事前配布)

※整理券の配布について
整理券は、図書館入口付近のサービスカウンターで配布します。
整理券の配布はお一人様一枚までです。
配布の際には図書館利用カードの確認が必要ですので、必ずお持ち下さい。
尚、残席数のお問合わせはにはお答えできませんので、ご了承下さいませ。

皆様のご来館をお待ちしております。

by fromhotelhibiscus | 2014-01-31 23:43

ミシュラン福岡・佐賀、今夏発刊へ

d0047811_08083998.jpg

レストランやホテルの格付け本「ミシュランガイド」の福岡・佐賀版が今年夏ごろ発売へ。国内では首都圏、関西、北海道、広島に次ぐ第5弾とのこと。掲載店舗数は未定だが、「水炊きやラーメンなどのご当地グルメも入る可能性がある」とのことで、本当に嬉しい。

ミシュランガイドは、日本ではまださほどではないけれど、フランスではその星を巡り、降格に当たって自殺事件が起きたり、掲載拒否が起きたり、もう物凄いことになっているという歴史があります。最高位の三つ星は、彼の地では、最高の栄誉と言い切る料理人もまだ多数存在。

僕自身、学生時代の貧乏旅行の際、フランスを旅行したときは、本屋さんで購入して、お店の予約を取ったくらい。ミシュランの凄いところは、かなり大衆的なお店も多数入っていること。お店のシェフに、「一つ星を取る前とそうでないときと何か変わった?」って聞いたら、「ご覧よ。このお客の多さがその証明さ。」と誇らしげに語っていました。

実は、ミシュラン。僕がよく伺うお店も結構掲載されます。詳細は書きませんが、徹底的な調査が行われていました。いろんなところから、「ミシュラン九州」になるだろうって聞いていたんですが、フタを開けてみれば、ミシュラン福岡・佐賀。今から、発売が楽しみです。


by fromhotelhibiscus | 2014-01-30 08:20

タブレット選定、反転授業

今年の4月、武雄市では、全小学生にタブレットを配布(貸与)しますが、今日(28日)、その機種選定を報告。

武雄市ICT教育推進協議会の最終答申を受け、プロポーザルを実施、軽量で持ち運びしやすく、反転授業で使用する動画等のアプリケーションの動作に優れた7インチタブレット(Andoroid4.2.2搭載)が採用されました。3月までに各学校に配備され、4月から子どもたちはこのタブレットを使用して学習に取り組みます。

〇タブレット端末(恵安)のスペック
OS:Andoroid4.2.2
ディスプレイサイズ:7インチ
ストレージ:16GB
その他:保護カバー、保護フィルム装着
d0047811_19025606.jpg
d0047811_19025825.jpg
午後は、山内東小学校へ。来年度から導入予定の「反転授業」について、昨年11月に開催された武内小学校に続き、山内東小学校で公開授業が開催されました。

「反転授業」とは本来は授業の最初に行う「目当ての確認」「ひとり調べ」を、あらかじめ動画をタブレットに入れ家庭に持ち帰り前日に学習し、授業では友達との「学び合い」「教え合い」を充実させる事で、授業へ意欲的にのぞみ、恊働的問題解決能力を育成する事を目的としています。

また、本日は市内はもちろん、全国から約350名の参観者がお集まりいただきました。注目度の高さを思い知りました。全小学校に広がる来年度が楽しみになってきました。
d0047811_19103280.jpg
d0047811_19103916.jpg
d0047811_19104413.jpg

d0047811_19331067.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-01-28 19:12

行政は本来、対話すべきもの

d0047811_23332959.jpg
今晩は山内町永尾地区で市政県政報告会。末藤正幸市議、稲富正敏県議、そして、私。70世帯から40人以上の皆さんがお越しに。いつも多くの方がいらっしゃるので、動員でもかけているんですかって聞かれることがありますが、全然。動員かけたことも無いし、そういう集会はまず盛り上がらない。

では、なぜ集まってくださるか、というと、いろんな生活に根ざした案件に関して、直接、ご質問を受け、ストレートに回答するから。僕は「できる・できない」をはっきり言います。特に「なぜできないのか」はしっかり言わなくてはいけません。これが、集会での対話の要諦だと思います。

今日は、永尾地区の生活道路の話が中心でした。他に、路線バス、財政など。活発に質問や意見を頂きました。市政に具体的に活かしていきたいと思います。寒い中、お越し頂き、感謝します。帰ってから、8キロ走りましたが、最高に気分良かったです。

by fromhotelhibiscus | 2014-01-27 23:51

先入観を捨て去ることができたのが成功の最大の理由

今日、いろんなところから、新聞のコラムや雑誌に載っているよって。新聞は、毎日新聞一面のコラム。全文はこちらです。武雄市図書館は、来館者の皆さんからは高い評価を頂いていますが、学界や来られていない方の間では、賛否両論。この賛否両論というのは素晴らしいことだと思います。

その中で、まさか、全国紙1面のコラムに載るとはね。僕が評価したいのは、

「図書館は街づくりのエンジンです」と樋渡啓祐(ひわたし・けいすけ)市長は本紙の取材に答えている。「図書館はこんなもんだろう」という先入観を捨て去ることができたのが成功の最大の要因だろう。一つの顔を見て「こんなもんだろう」と決めつけていないか。

僕が大嫌いなのは、先入観。そして、決めつけ。この図書館がなぜ高い評価を頂いているのか、それは、自分たちのつまらない先入観を排し、虚心坦懐に、来館者(ユーザー)の視点に立っていること。また、決めつけを戒め、どんどん、良いものにしていこうとする修正力。これらが相まっているんですね。

それを最も早く、指摘していただいたのが、武雄市の人間国宝(重要無形文化財保持者)の中島宏先生。中島先生は、武雄市図書館をご覧頂いたとき、「ここは自由だね。そして、空間美が素晴らしい」と。その中島先生が、日経ビジネスにインタビューで登場されています。全文(ネット版)はこちらです

武雄市や武雄で頑張っておられる方々が、こうやって特集されるのは本当に嬉しいです。

これから、山内町永尾公民館で市政県政報告会です。行ってきます。
d0047811_18025127.jpg
d0047811_18033323.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-01-27 18:48

僕のブログから議員が誕生する

d0047811_13594717.jpg
これほど嬉しいことはない。武雄市出身の28歳の人間が、志を立てて、4月6日の市議会議員選挙に立候補する。しかも、出馬の理由が「僕のこのブログを見続けて決めた」とのこと。先ほど、割と長い時間、その人間と腹を割って話をしましたが、少なくとも、僕の28歳の時よりははるかにマシ(何の理由にもならないか。)。

しかし、僕の場合、ブログはいつも書き過ぎるので、先輩諸氏からは、「あんまりいろいろ書くな!」と言われ続けてきました(と言っても言われれば言われるほど書きますが。)。その中で、本当に短くない時間、続けてきて良かったと、今日話をいろいろ聞いてつくづく思いました。

名前は、稗田(ひえだ)潤さん。昭和60年生まれ。僕よりも14歳若い。「樋渡市長とともに頑張って、武雄市をもっと良くしたい!」と歯切れよく。僕のブログから議員が誕生するかもしれません。これからが楽しみです。

by fromhotelhibiscus | 2014-01-26 13:59

思い入れのある場所

d0047811_20455071.jpg
d0047811_20455390.jpg
武雄市で、一番不便なところはどこか。市民によっていろんな答えがあると思うんですが、僕はその一つが、楠峰地区だと思います。東川登町に属し、東川登小学校から山間部を駆け上がること、約2キロ。山の中腹上に19世帯こじんまりとある地区。今日はこの地区の集会に呼ばれました。温度も下界とは3℃は違います。僕が市長になる前、市長が来たことは一度もなかったという部落でした。山口昌宏市議に連れられて行ったのがちょうど8年前の市長選のとき。一番、温かく迎えて頂いたのが、この楠峰地区でした。

今晩伺ったのは2年振り。温かく迎えて頂きました。地区の悩みや苦しみをダイレクトに伺うことができました。市政に活かしていきたいと思います。これから、8キロ走ろうと思います。行ってきます!

by fromhotelhibiscus | 2014-01-24 20:52

視察ラッシュ

d0047811_22344413.jpg
d0047811_22345521.jpg
最近、視察ラッシュ。今日も多くの行政視察にお越しいただいております。本年度、ご視察にお越しの方は既に、最高に多かった昨年度の倍以上となっています。より多くの方のご視察をお受けするため、団体が多い日は、合同で議場にてお受けすることもしばしばです。

ちなみに、今年度の視察人数は軽く4000人を超す見込みです。誠に恐縮ながら、武雄市に宿泊されることを条件にしていますので、武雄市経済へのインパクトも一定のものがあると思います。でも、ホテル・旅館組合からご評価頂いたことは一度もありませんが(涙)。もっと、頑張れってことなんでしょうね。

気を取り直して、武雄市役所では議会議員、行政職員の皆さんのみならず、各種団体のご視察もお受けしております。視察をご希望される場合は、こちらをどうぞ


人気視察内容はその時々で変わりますが、今は8割が武雄市図書館ですね。図書館の最大の仕掛け人として、さまざまなエピソードを直接語りかけるようにしています。うちは、杉原市議会議長も出席されますが、異例、さらに、市長が登場するのは異例中の異例だそうですが、トップが語らずして誰が語るんだろうかって思います。だから、可能な限り、ご説明の時間を確保したいと思っています。

〇お申込み・お問合せ
[地方公共団体議会の皆様]
武雄市役所議会事務局
Tel:(0954)23-9411
Fax:(0954)22-8166
gikai@city.takeo.lg.jp

[その他の団体(地方公共団体の視察研修など)の皆様]
武雄市役所つながる部フェイスブック・シティ課
Tel:(0954)23-9121
Fax:(0954)23-3816
facebook-city@city.takeo.lg.jp

d0047811_22344783.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-01-23 22:54

市政は市井にある

今日は全国からの県議会、市議会の皆さんが武雄市へ。行政視察ということで、武雄に泊まっていただいてますが、今日はフルで僕から説明しました。今日だけで100人は超していたのではないでしょうか。そして、東川登町内田地区の老人クラブで講話。山口昌宏市議とともにお話ししましたが、行政視察もこういった講話でも、顔を突き合わせてお話をしたり、聞いたりするのが、政治家として一番大切なことだと思うのです。

公務終了後は、吉川里己市議と地域まわり。100軒が目標だったんですが、日が落ちて急激に寒くなったので、82軒で終了。温度計を見たら1℃でした。面白かったのは、団地のお母さんが、僕らを連れて、次々に隣近所の皆さんを紹介してくださったこと(笑)。これは助かった。盲導犬のこととか、排水路のこと、ケーブルテレビのこと、はたまた都知事選のことで、立ち止まっていろいろ聞かれました。

市政は市井にある、そう痛感した一日でした。
d0047811_22372919.jpg
d0047811_22380272.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-01-22 22:44

間伐材からアロマオイル

d0047811_23215840.jpg
武雄市は凄いと思います。僕が市長就任したのは8年前。あの頃は活気が無かった。しかし、今では、こうやってどんどんアイデアが出てきて具体化する。しかも、そのスピードが速い。その典型が、芹田さん。

面白いですよね。建設会社が、間伐材からアロマオイル。しかも、武雄の特産品であるレモングラスエッセンスと組み合わされる。そして、それが販売される。わが家では、玄関にこのアロマポットを置いていますが、自然なきつくない香りですがすがしい。しかも、レモングラスと良くマッチしている。病みつきになりそうです。ぜひ、手に取ってみてくださいね。こちらで販売しています
d0047811_23274105.jpg

by fromhotelhibiscus | 2014-01-21 23:28