<   2013年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

報道ステーション、放映されました

d0047811_2343264.jpg

テレ朝の看板番組・報道ステーションで10分以上、放映されました。まあ、何というか、僕のコメントはちょっと乱暴ですね。ノリと勢いでしゃべっているのが改めて良く分かりました。

こんな内容でした。

今月、佐賀県武雄市に異例ともいえる図書館がリニューアルオープンした。年中無休、カフェも併設、雑誌も販売、さらに本を借りるとポイントも付く。運営をしているのは、大手レンタルソフト「TSUTAYA」だ。この図書館を発案したのが武雄市長の樋渡啓祐氏。しかし、民営化の道のりは苦難の連続だった。立ちはだかったのは『規制の壁』だった。

樋渡氏は7年前、当時、最年少で地元・武雄市の市長に当選。市は一時、財政再建団体の寸前に陥るなど、財政は行き詰まっていた。市長は、財政を立て直すため、さまざまな壁を突破してきた。厳しい戦いとなったのが、社会保障分野への切り込み、“市民病院の民間移譲”だ。年間2億円近い赤字を出していた市民病院を民間に移譲することで、黒字化を目指したが、そこに、地元医師会が激しく抵抗。患者を巻き込み、各地で反対集会を開催した。最後は、市長のリコールにまで及んだ。市長はリコールの動きを受け、自ら辞職。病院の民間移譲を争点に市長選に挑み、再選を果たし、民間移譲が実現した。今では、黒字化を果たし、毎年1億円の税収が入ってくる。規制や既得権益と戦って成果を上げている武雄市を取材した。



沢山の皆さんから、メールやメッセージ。ありがたいことです。今日報道されたように、武雄市政が一定の成果を挙げているのは、ひとえに、武雄市民の皆さん、BLOGを通じて応援してくださっている皆さんのおかげです。この場を借りてお礼を申し上げます。今晩、多く映っていましたが、苦楽を共にした市民の皆さんが出てくる度に、泣けてきました。今ではもう亡くなっておられる方もいらして。

そういう意味では、36歳の時、当時全国最年少市長として武雄市長に就任したわけですが、それから7年。やっぱり長い。

一方で、問題課題が山積しているのも厳然たる事実ですので、市民の皆さん、職員、議会と力を合わせて、一つ一つ、丁寧に解決していきたいと思っています。

地元医師会がかなり悪く描かれていましたが、多くの開業医の皆さんは、市民福祉の維持向上のため取り組んでおられます。

さあ、明日からまた心機一転、頑張りたいと思います。引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。

(写真は、とあるFacebookからとりました。)
by fromhotelhibiscus | 2013-04-30 23:51

【お知らせ】3度目の正直か? 報道ステーション!

d0047811_19332453.jpg

今月になって2回お流れとなっていたテレビ朝日「報道ステーション」楽しみにお待ちの皆さんには御迷惑をお掛けし申し訳ありません。

その「報道ステーション」が、ついに本日(4/30)放送となるようです!

リニューアルオープンした図書館はもちろん、これまで市が取り組んできた様々な施策が紹介される予定です。放送時間はいつも通りの21:54からとなっています。(例によって他のニュースにより変更になる場合があります。)

良かったらご覧ください。
by fromhotelhibiscus | 2013-04-30 19:35

歩いてわかることがある、写真でわからない感動がある

d0047811_2358242.jpg

九州オルレ・武雄コースのポスターが出来上がりました。ナカノデザイン企画×武雄市役所の森一也のコラボ作品。

このポスターには、心底痺れました。コピー、配置、全てにわたって素晴らしい。地元の僕ですら、このポスターを見て、またオルレしたいと思ったほど。


この武雄オルレコース、ポスターの「武雄の大楠」にほど近いところに、武雄市図書館があります。大型連休、後半、武雄市は皆さんを心からお待ちしています。
by fromhotelhibiscus | 2013-04-29 21:17

【お知らせ】今日のバンキシャ!で武雄市図書館が

1回延期になった日テレ・バンキシャ!ですが、今日(28日)18時から、放映されるようです。

題して、「TSUTAYA経営の企業が運営…佐賀・武雄市の新たな公立図書館どうなった?」。今日も3つ特集がありますが、最後です。

良かったらご覧ください。


武雄市図書館ですが、武雄市図書館がGoogle マップのストリートビューでご覧頂けるようになりました。ストリートビューは、Googleが提供するGoogleマップの機能の一つで、まるで図書館の中にいるかのように360度のパノラマ写真でご覧いただけます。

Googleマップで、「武雄市図書館」と検索していただき、左側に表示されるパノラマ画像をクリックしていただければ画像を表示することができます。まだ、ご来館いただいていない方は、ぜひストリートビューで疑似体験ください!

入り口はこちらです。

では、武雄市図書館でお会いしましょう。
d0047811_9342898.jpg

by fromhotelhibiscus | 2013-04-28 17:12

教育委員会改革は小手先、本末転倒だ。

日本は、何で、「小手先」の議論に終始してしまうんだろう。先日、「教育長の権限集中を諮問 年内に制度具体化」というニュースが。基本的に、僕も、形骸化してしまっている教育委員会の立て直しや、首長の教育長に対する任免権など権限を増やすというのは同感。

しかしだ。この表を見てほしい。例えば、義務教育で言えば、国が基準を設定、県が教員の人事と給与負担、市が学校設置と運営というように責任と権限が分散している。
d0047811_15443472.jpg

この責任と権限が分散しているので、誰がどう責任をとって良いのか分からない状況になっている。地方分権というのであれば、教育の内容も、地方に任せるのが筋。そして、地方は、基本的に選挙やメディアの監視によって抑制が図られるのが望ましい。それにもかからず、今回の文科省の方針は、文科省自体の地方に対する権限を大幅に増加している。これって焼け太り。文科省は、日本国、日本国民として望ましい教育内容を大枠提示するだけで良い、というのはおかしい考え方だろうか。

そんな中で、こんな複雑多岐にわたる国、県、市町村の枠組みの中で、教育委員会制度改革だけを議論しても意味がほとんど無いと思います。この枠組み自体をしっかり再構成した上で、教育委員会制度を議論するのが真っ当な在り方だと思う。中教審はぜひこの観点も取り入れて議論すべき。そうで無いと、本当の意味での教育改革は始まらない。

(資料は文部科学省作成。)
by fromhotelhibiscus | 2013-04-26 15:46

民間と公共融合、「手応え」

d0047811_12265083.jpg

今朝の佐賀県は、朝から、度々、NHK佐賀が、武雄市図書館の話題を。そして、佐賀新聞は、大きな紙面を割いて、論評。概ね好意的なので、安心していますが、それにしても、どこかの司書さんが言ってることはどうかなって思うよ。「書棚の鮮度が落ちる」と称して、僕ら、倉庫に眠っていた閉架図書をほぼすべて、オープンにしました。以前は、たった7万冊しか表に出していなかったんですが、今では、20万冊出しています。それをもって、書棚の鮮度が落ちるって、どういうこと?

今まで閉架していた本は、リクエストがあるたびに、司書さんが、裏の倉庫に取りに行ってたもの。僕も何度かお願いして恐縮していましたが、持ってきて頂くのに、15分は優にかかってました。他の作業もあるからね。しかし、今では、大抵の本は、自分で視認できる上に、自分で探せる。司書は楽になったと思うんだけど、ヘンなことを言う。ま、とあもれ、批判は批判。与すべき批判はしっかり取り入れたいと思います。


今日、利用者からこんな苦情が。わざわざ、本を返すのに、一々、図書館の駐車場である競輪場駐車場
まで行って、5分近く歩かなきゃいけない。図書館にドライブスルーのような返却ポストをつくってほしいという声が。

構造上、これはムリなので、私が市長就任時から行っているように、市役所玄関や、山内・北方両支所玄関でも返せるようにしたいと思います。その他にも、返却ポストはしっかりつくっていきたいと思っています。


もちろん、指定管理者としてのCCCの役割、そして、行政としての我々の役割ってのはありますが、持てる力を合わせて、市民価値の向上、市民福祉の向上につなげていきたいって思います。
by fromhotelhibiscus | 2013-04-25 12:37

CCC×武雄市図書館効果で来館者5倍、7万人 

d0047811_22592182.jpg

今日も打合せ、取材、視察対応などバタバタの一日でしたが、その間を縫うように、武雄市図書館で記者会見。記者の求めに応じて、CCC図書館プロジェクトの高橋聡リーダー(私のカウンタパート)とともに、開催しました。

来館者数は、4月1日から23日までのデータですが、前年同月比で、5倍の約7万4千人。一日平均で3200人。図書貸し出し数は、約4万4千冊で、前年同月比で、2.3倍。1日平均は、1900冊で、2.1倍となっています。

図書館の利用者登録者状況は、12,525人。Tカードが、96%。図書利用カードが4%。居住地でいうと、市内は56%、市外は44%となっています。


以上のデータを分析すると、来館者数は完全に想定外。その中で、図書の貸し出し数をもう少し増やす必要があります。カードは、Tカードが96%となっていることは、利用者が利便性を追求している結果で、この数字は想定どおり。利用者登録者数は、順調に増えると思います。まだ、混んでいるということで、5月の大型連休以降に、登録するという方も結構いらっしゃるので。


私からは、「CCCのオペレーションには満足している。想定外の手応えだ。図書館が町づくりのエンジンになってきている。また、リピーターが多い、県外の方が特に多くて驚いている。あらゆる年齢層の皆さんがお越しになっている。単に観光に来てもらうのも嬉しいけどこの図書館をきっかけに移り住むような流れをCCCと連携して作っていきたい」と評価の発言をしました。

市民からのリクエストに応え、午前9時~午後9時の開館時間を延長するかどうかの検討に入る。6月末には来館者のさまざまな要望を聞くアンケートを行う予定です。

共同通信の配信記事はこちらです
by fromhotelhibiscus | 2013-04-24 23:16

またまた流れました・・

今晩放送予定だった報道ステーション、武雄市や私の特集ですが、外国のニュースがいくつか入ってきた関係上、時間確保ができないということで、再度、延期になりました。また、日時が決まったら、お知らせします。すみません!
by fromhotelhibiscus | 2013-04-24 17:28

今晩の報道ステーションに登場します

昨日のNHK・ニュースウォッチ9に続き、今日は密着第2弾。テレビ朝日・報道ステーションです。

今回は、武雄市図書館色は薄く、僕の7年間の市政運営にスポットをあてたもののようです。テレビ欄によると、

既得権益と闘う自治体…図書館運営はツタヤに、医師会とは全面対決…税収増で市民還元も

とのこと。今はもうそんなことはありませんが、僕は、市長着任時からほどなくして、医師会と全面対決。何度も書きましたが、市民病院の民間委譲を巡り、住民監査は序の口、悪質なビラ配布、挙げ句の果てはリコールを共産党と組んで主導、21億円の住民訴訟を応援するするなど、あり得ないことをやってこられました。

ただし、僕にも様々な責任があります。ただし、僕は、辞職、そして、出直し選挙で責任を取った。そして、何よりも、市民病院時代よりもはるかに、救命救急医療を中心として地域医療が根付いて、まわっている。最終的には市民負担となる巨額な赤字の垂れ流し、たらいまわしも無い。

しかし、未だに、古賀医師会長は何ら責任をとらない。繰り返し言いますが、医師会の個々の開業医に対しては僕は何も言うつもりはありません。が、古賀医師会長はトップとして、ちゃんと責任を取るべき。

今晩、どんな報道になっているか、細かいところは、知るよしもありませんが、ぜひ、ご覧頂きたいと思います。ただ、また、前回のように突発的な事件が起きたら、流れます。すみません。
d0047811_8473284.jpg

by fromhotelhibiscus | 2013-04-24 08:48

【お知らせ】今晩、NHKニュースウォッチ9に

d0047811_1713547.jpg

いくつか、テレビ局から、密着取材を受けていましたが、第一弾は、NHKとなります。

今日(23日)21時から、ニュースウォッチ9の中で、「アベノミクス×武雄市図書館×武雄市長(私)」の趣旨の特集。全国放送です。

それと、たまたま、今日は、18:00からは、NHKの夕方のニュース(九州版、佐賀版でそれぞれ登場予定)ですが、私も生出演します。九州、佐賀にお住まいの方は、こちらも良かったらご覧ください。

度々申し上げて恐縮ですが、突発的な事件が出たら、延期になりますので、ご了承ください。

では、運が良ければ、今晩はNHKでお会いしましょう!
by fromhotelhibiscus | 2013-04-23 17:07