<   2013年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

フラットが一番

d0047811_22171588.jpg

今朝の西日本新聞は嬉しかった。楼門朝市実行委員長の江口久典さんが、どかんと。楼門朝市。初代の実行委員長は僕ですが、軌道にのりかかった時点で、江口さんにバトンタッチ。江口さんを中心に、民間人、市役所の人間が上手く絡んで、今では、武雄の大切な風物詩。江口さんの包み込むような人柄のおかげ。僕には真似できない(笑)。

今日は、打合せ中心。合間に、私指名の行政視察対応。今日は和歌山県橋本市議会、東京都北区議会。珍しく取材無し。打合せは、市長室で行うよりも、大部屋でやります。今日たまたま職員が写真を撮ってくれたのですが、この風景、3月頭に出す市報の特集ページをiMacの大画面で見てるとこ。
d0047811_22172189.jpg

担当者が原案、僕が対案、そして、周りの職員が再対案、そして、最後に僕がその場でOK。ものの5分くらいですが、その場その場で決まっていくので、仕事が速い。

ここには1年生もいれば、5年生もいて、はたまた10年生や僕がいる。議論はあくまでも対等。僕の出した案も否定、修正されることもしばしば。僕よりも良い案が出ると気分が良い。そうやって、職員は育っていくのかもしれない。

ダメな組織は、一般的に言って、議論がピラミッド。上の言うことには逆らえない。しかし、決まってから、文句を言う組織。

活気のある組織は、議論がフラット。上の言うことにも逆らう。しかし、対案を出す。しかし、決まったらその決定に従う。そして、その決定が間違えれば、トップが修正し、あるいは撤回する。これが良い組織。

僕らはそんな組織を目指したい。今日もまた良い一日でした。ありがとうございました。
by fromhotelhibiscus | 2013-01-31 22:30

今日は久しぶりに爆発した。

僕は、あんまり、自分自身が他の人たちからどう思われているのか、ほとんど全く気にならないし、気にしない。しかし、武雄市役所がどのように見られているのか、それは、この組織のトップとしてとても気になる。

だから、今朝の予算査定では、職員が武雄市ブランド、武雄市役所ブランドを少しでも毀損していると感じたから、爆発した。僕が、市議会の一般質問で「やる!」と言っていることに対して、「事務方は2年で当該事業を終わることにしていたから、予算要求しなかった。」とな。副市長も僕もそんなことは露知らず、たまたま、予算査定で僕が質問して発覚。責任は全て僕が取るって常日頃から言っているのに。

これって、やるやる詐欺じゃないのか。僕のガバナンス能力不足を痛感した。まだ怒りが、自分に対する怒りなんだけど、収まらない、NHKでも流れたけど、まだ、うちの役所ですら、管理という名を借りて、出る杭を打つ人間がいる。これは許さない。しかし、これもまた、僕の力不足。はぁ。

はっきり言って、うちの市役所は視察数は全国有数を誇るんだけど、まだまだ発展途上。動体と静的なシステムがマッチしていない。そう思っている中で、都庁の職員が、お休みを取って、武雄市役所や武雄市、私を解剖レポート。たまたま、僕はレーシック手術で不在だったので会えなくて残念。

読み応えあります。全文はこちらです。ご覧ください。
d0047811_23215128.jpg

d0047811_23214592.jpg

d0047811_23212926.jpg

d0047811_23213674.jpg

d0047811_2383235.jpg

by fromhotelhibiscus | 2013-01-28 23:25

山中光茂が勝った!

かなり嬉しい。本当に嬉しい。心ある戸羽陸前高田市長、田中南砺市長などが心の底から応援する松阪市長の山中光茂。

一昨日、たった半日足らずだったけど、松阪市に参りました。寒風吹きすさぶ中で、山中さんと私でマイクを握り、松阪市民に訴えてきました。相手候補は石破自民党幹事長を呼び、3000人。でも、ほとんど動員。石破さんには落胆しました。政権与党の幹事長なんかが、地方の首長選に肩入れするなっての。僕は、当時現職の原口一博総務大臣が、相手候補を応援しているのを見て、国の仕事しっかりやれよ、って思って軽蔑してました。それと同じレベルだよ。


最後は、松阪駅からの大行進。集まる、集まる。そして、そのまま体育館へ雪崩れ込み、最後の集会。応援弁士の私、そして、山中さんの友人である渡辺みんなの党代表。立錐の余地も無い中で、僕ら2人が盛り上げ、最後は、山中さん、静かにとつとつと語る。

4年間、松阪市民と一緒に仕事ができたこと、全国の心ある皆さんと巡り会えたこと、本当に私は幸せでした。ありがとうございました、と。

渡辺さんも、僕も思わず涙しました。応援弁士が涙することは知らない。
d0047811_2320380.jpg

が、いろんな選挙通、マスコミさまざまなところから聞きましたが、「山中は負ける。敵が多すぎたから。相手候補は自民・民主・公明・労働団体・医師会・建設協会などほとんど全て相手に付いている。」とのことでしたが、僕は、現地に入って、全く別の感想。

僕も似たような構図で戦ってきたので分かるけど、市井の人達は、4年間、歯を食いしばって、市民目線で頑張ってきた山中さんを押していたことを。

ここでも現場に答えありでした。

で、結果は、

山中40650
竹上32727

でした。まさに圧勝。しかし、こんな汚い選挙は見たことがありません。戦慄しました。盗撮、合成写真1万枚配布、大量の怪文書、ポスター600枚破り、知事祝電偽造、勝手に山中候補の集会の中止ビラ配布など、もう何でもあり。

私に駆け寄った市民が泣いておられました。そんな中で勝った山中さん、これから、また、大変だろうけど、頑張ってください。心から応援します。ともに、地域から、地方から、日本を良き方向に変えていきましょう!
by fromhotelhibiscus | 2013-01-27 23:20

ポスターは貼れば良いという問題じゃ無い

沢山のメール、メッセージ、いろいろ頂きます。武雄市民6割、武雄市以外の佐賀県民1割、佐賀県民以外の皆さん3割といった感じです。今日は一番割合の低い市外の方のメールです。送信者の了解は取っていますし、特定の地名は伏せています。


こんにちは。市外から武雄へは車で行く人しかいない、というのを前提でメールさせていただきます(私は車を運転しないので武雄には行けませんが)。「光のバレンタイン」のポスターとパンフレットを近くの駅で見ました。パンフレットは改札の外のよく目につくところにあり良かったのですが、ポスターが・・・。改札入って真正面の待合室に貼ってあるのですが(添付ファイルの赤枠)、はっきり言って集客効果はゼロだと思います。
d0047811_10414121.jpg

通勤・通学でこの駅を利用する人(休日は車に乗る人)で、待合室にいる人は、ほとんどいないと思います。待合室の外からは、何のポスターかよく分からないし、気にもとめない人がほとんどだと思います。また、待合室にいる人で車を運転し武雄まで行く人もいないような気がします。

そもそも、待合室にいる人はいつもとても少ないです。私はよく電車を利用しますが、一度も待合室に入ったことがありません。

可能なら、添付ファイルの黄枠の所(改札の外)に貼ってもらうとか、JRさんに貼る場所を変更してもらうのがいいと思います(JRさんとしても、この駅からだとJRを利用して武雄には行かないと分かっておられると思うので、あまり良い返事は期待できないかもですが)。

このポスターはJRさん専用(?)ポスターなのでしょうか?

日にちもあまりありませんが、私が住む市からの集客もお考えなら、車で移動する人が集まるところに貼るのがいいのでは?と思います。大型スーパーのバレンタインコーナーとか。ケーキ屋さんとかもいいかもです。

とても素敵なポスターが人目につかない薄暗い待合室に貼られているのが本当にもったいない!と思いメール差し上げました。



考えさせられました。これをJRの問題だからと片付けるのは楽。しかし、貼る(貼らせてもらう)以上はその場所まで考えなくてはいけないということが当たり前ですが、再認識させられました。

ほんと、武雄市も私も幸せです。こんな分かりやすい、素敵なメール、メッセージを頂ける。これからも、hiwa1118@gmail.com宛てお待ちしています。Mさん、メールありがとうございました。
by fromhotelhibiscus | 2013-01-26 23:35

ビッグデータ・オープンデータ活用推進協議会を発足させます

昨日は、東京で、千葉市長、奈良市長、福岡市長とともに、記者会見。今朝の新聞には載ってませんでしたが、日経新聞社は記者が5人も来ておられたので、いつか載るでしょう。

僕からは、100の議論より1の実行。当然、個人情報保護を踏まえながら、行政の情報は出していくべきであり、かつ、それが地図上の情報と相まって分かりやすい形で提供しなければならない。そして、これらの情報をもとにしながら、社会的・産業的なイノベーションを起こす形にしたい、武雄市では、先行して行政の持つ情報を出していく旨、発言。

千葉市長が、いみじくも、民間の情報も行政に取り入れていきたいとお話しされていたが、全く同感。市民や企業の皆さんが、垣根無く情報にアクセスできる、活用できる環境を整えたいと思っています。記者からは、個人情報の保護はどうするのか、という質問がありましたが、遵守は当然。

しかしまあ、今までこの手の集まりがあると、僕が最年少だったのに、この集まりは、僕だけが40代。この30代の市長は、実行力、発信力、突破力ともに素晴らしい。控えめな僕は、見習いたい。
d0047811_1064516.jpg


協議会、そして、これからのスケジュールはこんな感じです。

ビッグデータ・オープンデータは、市民生活の利便性の向上や新産業創出・経済活性化など大きな可能性を秘めていますが、十分な活用には至っていない状況にあります。そこで、G1首長ネットワークに参加する武雄市、千葉市、奈良市及び福岡市が、具体的な事業展開に向けて、ビッグデータ・オープンデータの活用を検討・推進する協議会を設置することとしました。


■協議会の概要
(1)名称  ビッグデータ・オープンデータ活用推進協議会(仮称)
(2)目的 共有化のための活用及び新産業創出・経済活性化などに結びつくビジネスへの活用等の面から、具体的な事業を展開すること。
(3)設置日 平成25年4月1日(予定)
(4)構成団体 武雄市、千葉市、奈良市、福岡市(50音順)

■具体的な事業案
〇ビッグデータ・オープンデータ活用アイデアコンテスト
1) 目的 ビッグデータ・オープンデータ活用を具体的に推進するため、企業・市民等から広く活用アイデアを集め、その実現を図る。
2)内容 ビッグデータ・オープンデータの活用アイデアを広く募集し、優秀作品を表彰するとともに、4市において、平成26年度のアイデア実現に向けた検討を行う。
3)スケジュール 平成25年5月→アイデアコンテスト要項発表、夏→アイデア募集、 秋→審査・表彰

〇ビッグデータ・オープンデータ活用に係る公開シンポジウム
1)目的 ビックデータ・オープンデータ活用推進について。企業・市民への啓発を図る。
2)内 容 ビッグデータ・オープンデータの活用の可能性等についてのシンポジムと、アイデアコンテストの表彰式を行う。
3)スケジュール 平成25年8月→開催概要発表、秋→実施

〇問い合わせ先
武雄市 つながる部企画課
TEL(0954)23-9325
kikaku@city.takeo.lg.jp
by fromhotelhibiscus | 2013-01-26 10:20

さあ、次は、公務員の給与制度だ。

d0047811_22541426.jpg

d0047811_22541123.jpg

学力テストの次は、私の「職員給与 税収を反映」がドカンと。西日本新聞に至っては、一面のど真ん中でした。日経に至っては、全国版だったようで、反響も大きかったです。

これから詳細の制度設計に入りますが、基本的な考え方は、佐賀新聞、西日本新聞のとおりです。

キーワードは、思考停止をやめようということ。国家公務員の給料に準拠して、何で、私たち武雄市職員の給与が決まるの?やっぱり、市民の皆さんたちの所得、すなわち、税収に一定リンクさせることによって、僕はより市民に公務員が近くなると思っています。

市民の懐が豊かになれば、それだけ、公務員の給料も上がり、逆もまた然り。そのために、公務員は、いかにして、市民の皆さん、企業の所得を上げるか、考え、行動しなければならない。

実はこの構想、3年ほど前から考えていました。というのも、市民からは、「公務員の給料が高すぎる。」、一方で、市の職員は「自分たちの給料は安い」という本音を聞いていたから。

私の給与が決まる報酬等審議会では、「市長の給与は上げるべき」と言われますが、それは、給与に見合う仕事をしている、またはそれ以上の仕事をしていると評価してくださっているから。具体的には市民病院の民間委譲では、10億円を超す赤字を解消した上で、今では新武雄病院から、いろんな税金を頂いています。

職員も仕事をしっかりすればそう言われないと思うんですが、なかなか、市長である私のようには目立たない。したがって、市民の所得にリンクさせたらどうかと思い至ったわけです。

今年の12月市議会で、給与条例改正案を提案し、来年4月から施行します。

私の考えについて、早速、石川秀樹さんがブログに。ご覧ください
by fromhotelhibiscus | 2013-01-24 23:07

文部科学省は大丈夫だった

d0047811_22361145.jpg

全国的に話題になりかけていたこの全国学力テスト公開問題。この西日本新聞の記事から、文部科学省は、「各小中学校が公表した成績を市教委がまとめて発表することは問題ない」と。

というわけで、昨日のブログに書いたとおり、小中学校の了解を前提に、学校別の成績を公表することにします。

文部科学省は、一部報道では、「公表を前提であれば、学力テストの参加は認めない」とありましたが、それはやっぱり乱暴。文科省の中で、どのように、変化したのか、また、一部報道が誤報だったのか、よく分かりませんが、それはそれとして、良い方向に、すなわち、公表するか、地方自治体が決定するもの、また、学校の自治(校長の裁量を含む)を文科省がしっかり認めているので、安心しました。

文科省VS私、教育委員会VS私など、不毛な争いにならなくて良かったです。本来、僕は争いは好みませんので(笑)。

最後に、この問題では特に目立たなかった佐賀県教育庁、なかんずく、川崎教育長には感謝したい。いつも、良きアドバイスを頂いています。

それにしても、良かった。ほっとしています。
by fromhotelhibiscus | 2013-01-24 22:37

文部科学省は大丈夫か

d0047811_1662281.jpg

まさか、この全国学力テスト問題で騒ぎになるとは思っていなかったので、面食らってますが、まあ、それはそれとして、文部科学省の私の方針に対する見解は間違っている。

なぜなら、もし、「公表なら参加認めず」ならば、前回、武雄市が全面公開に踏み切った後に、異論反論を、私に対して言って然るべき。当然、様々な指摘はお待ちしてました。が、音沙汰無し。ということは、前回、各校長の許可を得た上で、教育委員会が取りまとめ、その取りまとめた結果を教育委員会が公表するという正当なプロセスを辿っています。かつ、私の強い意向のみならず、保護者アンケートを取った結果、7割が公表に賛成しているという事実を踏まえたものにもなっています。

その結果、教育委員会、私のところに、保護者や地域から苦情はほとんどありませんし、学校関係者からも無い。公表するか否かは、地方自治体に委ねるべき。国が一律に決めるべき話では無い。

だから、議論をしましょうと呼び掛けているのですが。当然、公開の場で。さはさりながら、文部科学省がこれだけ早く見解を出すというのも少し信じがたいのも事実。

ともあれ、「公表なら参加認めず」という旗は降ろして欲しいのですが、一方で、子どもたちが、学力テストを受ける権利は、前回書いたように阻害したくないのが偽らざる気持ちです。引き続き、必要とあれば自分の思いを書いていきます。
by fromhotelhibiscus | 2013-01-23 23:30

文部科学省は間違っている

d0047811_23564949.jpg

d0047811_23502118.jpg

そして、今日は、読売にこんな記事が。学力テスト、泉佐野市の参加認めず…文科省方針


これって、文部科学省は脅しじゃないか。公表することは学校の序列化に当たるというのが文部科学省の主な見解だけど、考えてみればおかしい。1つは、学校って学力だけじゃないこと。もう1つは誰も言わないけど、誤った序列化が進むんだよね、結果を公表しないと。うちではこんなことがありました。私を含め誰もが、素晴らしいと思っていた小学校の成績が、ダメだろうって思っていた小学校より下だったんですね。このダメだろうって思っていた小学校の先生が、私に対して、「公表してくださってありがとうございます。これで、私たち、保護者、地域の頑張りが報われます。保護者や地域の人達から褒めてもらいました。」って言われました。

僕はあくまで公表が原則だと思いますが、文部科学省が、あくまで、成績公表なら参加認めない、というのであれば、一度、しっかり議論したいと思っています。市町村の教育委員会にだけ、踏み絵を踏まるのは、僕はおかしいと思う。今、橋下大阪市長が発言しているとおり、予算の執行権及び予算の編成権は、首長にあります。泉佐野市の読売新聞報道に関しては、文部科学省は誤報だと言い放ったそうですが、重ねて言います。我々首長を入れて議論した方が良い。同時に、学力テストを受けない、受けることは出来ないというのは、それは、子どもたちが可哀想。受ける権利は認めてあげたいと思っています。
by fromhotelhibiscus | 2013-01-21 23:59

武雄オルレは凄いことに

d0047811_17375957.jpg

d0047811_17375461.jpg

d0047811_17381149.jpg

d0047811_17383764.jpg

d0047811_17383355.jpg

今、武雄オルレが凄いことになっています。武雄オルレとは?

うちの職員の頑張りで、韓国内で、武雄オルレが盛んに報道されています。今日、分かったんですが、僕まで認知されていました(汗)。

佐賀県観光連盟、九州観光機構にも援護射撃をして頂き、今日は400人弱の韓国からのオルレ旅行者がバス7台で武雄市へ。僕は、お隣の国、韓国が大好きで、韓国旅行も、料理も好きだ!という話を料理名を交えて必ず話します。やっぱり、気持ちって通じるんですね。領土問題や慰安婦問題に関して、韓国政府とは真っ向反対の、僕は譲らぬ見解を持っていますが、草の根、民間交流は別。

こういう市民交流が重なっていけば、国の立場を乗り越えて仲良くなれるし、また、そうでなくてはならないと思います。

それにしても、韓国人は、カメラ好き。そして、Facebookやblog好き。どんどん、アップロードしていました。こうやって、また、口コミで、インバウンド、武雄観光が増えていく。良い時代です。また、韓国行って、オルレしたくなってきたけど、今年は目一杯予定が組まれているので、無理かもしれません(涙)。ともあれ、良い一日でした。

追伸)武雄以外のオルレもあります。こちらをご覧ください
by fromhotelhibiscus | 2013-01-20 17:54