<   2012年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

済州オルレは凄いぞ

オルレとは、韓国済州島の方言で、「我が家に帰る細い道」。転じて、今では、韓国人ならば誰でも知っている韓流ハイキング、トレイルの意味。10〜20キロのコースで、街中から歩いていくことができ、かつ、アップダウンがさほど無いコースが条件。済州島には10以上のコースがあり、九州で4コース、武雄にも一つあります。

韓国の皆さんが、武雄市に観光客として増えたのも、このオルレの影響。

今日は、その本場というか聖地である、済州島で15キロ歩きました。世界自然遺産の迫力はさることながら、それ以上に、済州島の皆さんのもてなし力、演出力。今日もだからこそ世界中から人が集まるだろうなって。今日だけでも、このオルレに参加するために、7千人ですよ、7千人。

武雄でも大いに取り入れたいと思うエレメントがいくつも。やはり、回答は現場にあり。夕方は、Seogwipo市の金在奉市長と会談。オルレからそのまま急行したので、僕はオルレスタイルのままで、失礼しました。が、そんなことは意にも介さない豪放磊落な方で、意気投合。佐賀県で言えば、伊万里市長や神埼市長のタイプ。

夜は、世界中のトレイル人間が集まった大懇親会。いろんなことを教わった中身の詰まった一日でした。それにしても、担当の秋月、大野両氏はよく頑張る。身内ながら頭が下がります。

(領土問題について)
私は、領土問題と草の根交流は一定分かつべきだと思っています。しかし、この2日間、そんなことはなかったのですが、竹島や尖閣問題で、意見を聞かれたら、あるいは、韓国の立場を言われたら、私は、我が国政府の見解、並びに、自分の意見を堂々と伝えます。
d0047811_23111351.jpg

d0047811_23111843.jpg
d0047811_23112724.jpg
d0047811_2311468.jpg

d0047811_23113316.jpg

d0047811_23105860.jpg

d0047811_23101767.jpg

d0047811_23102691.jpg

by fromhotelhibiscus | 2012-10-31 23:13

【レビュー】ワンクリック―ジェフ・ベゾス率いるAmazonの隆盛

ワンクリック―ジェフ・ベゾス率いるAmazonの隆盛
d0047811_21344631.jpg

ジェフ・ベゾス。売り上げ4兆円のAmazonのCEO(最高経営責任者)。スティーブ・ジョブズ亡き今、世界に最も影響を与えている経営者の一人。今、僕たちは、FB良品といって、自治体有志で、通販を始めて、それなりの成果を収めつつあるんですが、目標はこのAmazon(笑)。

確かにAppleも凄い。しかし、後で振り返ったときに、世界は、また、歴史は、Amazon以前、Amazon以後と分かれそうな気がする。

今まで、このトップの評伝が無かったので、今か今かと待っていましたが、ついに出ましたね。世間的にどうでもいい話なんですが、日経ビジネスが選ぶ「次代を作る100人」のジェフ・ベゾスの横は、不肖僕。これ以上、光栄なことはないと勝手に思っています。

一言で言えば、この人、ぶっ飛ばす、突進する、振り返らない。

とっても共感を覚えましたね。僕もこのラインだから。持続可能性を考えて、あえて、目先の利益にこだわらない、という姿勢には取り分け共感。今では、礼賛しきりなんだけど、たった4,5年前のマスコミの論調は、巨額の借金を抱え、もうダメだ、というもの。しかし、何のその、軽やかに、そして、したたかに、今があり、キンドルで世の中に激震を走らせる。ワクワクします。

本自体、日本のこの手の本にありがちなどぎついエピソードもあるにはあるんです(これもまた面白い)が、それ以上に、数字がしっかり、はっきり出ているので、納得できる。また、著者自身が、ベゾスを温かいながらも懐疑的に見ているので、フェア。いつものように、井口さんの訳もこなれていて読みやすいし、滑川さんの解説も素晴らしい。

2時間もあれば読める本。久しぶりにのめり込みました。お薦めです。
by fromhotelhibiscus | 2012-10-30 21:34

優しいりんご

僕は果物好き。でも、りんごはあまり得意科目では無かったのが去年まで。ご縁があって、福島県本宮市の鈴木農園のりんごを食してから一変。

衝撃的な美味しさでした。

今年は、希少価値の高い「新世界」。真っ赤っか。本当に赤い。
d0047811_21453641.jpg

今、義理の母が岡山から武雄に来ていますが、母いわく、「こんな美味しいりんご久しぶり食べた。」と唸ってます。

甘み、酸味のバランスがしっかり取れている上、果汁がしたたるほど詰まっています。これほど、優しい味のりんごというかフルーツは初めて。鈴木農園のお母さんとは、郡山市の講演でお会いしましたが、控えめな温かい方です。そのお母さん、そして、お父さん、友人の鈴木さん家族の人柄がそのまま伝わるような味です。今晩、電話がかかってきたのでしばらくお話ししてましたが、温かい。

鈴木農園に追加で注文をお願いしたところ、この新世界、期間が短い上に、樹木がさほど無いので、もうそろそろ終わりとのことですが、「王林」がまた美味しいとのことなので、王林をオーダーしました。

すごく楽しみです。

福島県と言えば、まだまだ風評被害で大変だと聞きますし、鈴木農園のりんごでも、放射線の調査書が同封されています。もちろん、何の問題もありませんが、早く、このようなペーパーが不要になる日が来ればいいなって思っています。

今年も、食べて、楽しんで、復興支援をします。鈴木さん、福島の農家の皆さん、頑張ってくださいね。応援します。
by fromhotelhibiscus | 2012-10-29 21:49

武雄市・伊万里市 災害相互応援協定を結ぶ

今日(28日)、佐賀県原子力防災訓練が県内各地で実施され、武雄市においても伊万里と連携した避難訓練、や情報伝達訓練が実施。古川佐賀県知事もご来場いただき、数々の鋭い質問。さすがでした。また、ペットの避難訓練も同時に。ペットは家族同然。マスコミは、このペットの避難に釘付け。

また、原子力防災訓練講演会として、熊本大学工学部の上村先生により「原子力災害に備えて」と題し、講演してもらったけど、風向きの話は論外。季節で異なるよね。避難していた伊万里市民が動揺していたぞ。いつでも、玄海原発が風上であるとは限らない。誰だ、この人、呼んだのは。

その後、災害時に隣接自治体として、密接な協力関係をより強化を図るため、「伊万里市・武雄市 災害相互応援協定」を締結。ちなみに、僕は伊万里市長が大好きで、婚活事業を始め、いろんな提携を行っている。また、トップ同士の交流もさることながら、市民間の生活圏が大きく交差しています。

協定の内容は、災害発生時における両市境付近居住の避難者の相互受け入れ及び収容施設の提供や、原子力災害発生時の避難者受け入れ施設の提供、伊万里港や長崎自動車道武雄北方ICなどの交通拠点を活用した救援物資等の緊急輸送及び搬送支援、避難所の設営などが多岐にわたります。

隣接する伊万里市とさらに密接に協力することで、これまで以上に住民の皆様に安心と安全をお届けします。
d0047811_18131920.jpg
d0047811_18131467.jpg
d0047811_18131644.jpg

d0047811_18131232.jpg

by fromhotelhibiscus | 2012-10-28 20:37

「次代を創る100人」に選ばれました

d0047811_2363920.jpg

日経ビジネス(10月29日号)の特集「次代を創る100人」に、ソフトバンクの孫社長、橋下大阪市長とともに、改革者”REVOLUTIONIST"として、私が選ばれてしまいました。しかも、私を紹介してくださるライターは戸羽陸前高田市長。

私を除けば著名な方ばかり。私の横のページは、Amazon CEOのジェフ・ベソス。彼の紹介は村上龍。スターバックス CEOのハワード・シュルツ、白川方明日銀総裁・・。プーチン大統領やオバマ大統領までいる。大丈夫か、日経BP!!

それは革命の前の静けさなのだろうか。
世界に暗雲が立ち込め、人々は困窮の淵に喘ぐ。
我々は求めている。
絡み付く鎖を引き裂き、まだ見ぬ未来へと導いてくれる先導者を。
未来の光を掲げる100人のストーリーを始めよう。
”The Most Influential People For Japan"
革命家の足音が聞こえる。


で、70ページに及ぶ特集が幕をあけます。僕は14番目に登場し、表題は「タブーはいらない」。


この本を手にしたときに、思わず涙がこぼれました。僕らしくないでしょ(笑)。誰がどう評価したか、どこがどう評価されたのかはこの際に置くにして、たった人口5万の一介の地方自治体の長、しかも、大した能力もない人間がこんな凄いところに登場する。

この記事を読みながら、多くの人たちの顔が思い浮かびました。もう他界した松尾国典さん、樋渡俊秀さん、私の祖父母。職員の皆さん、武雄市民の皆さん、議会の皆さん、このblogを熱心にご覧になっている皆さん、霞が関・沖縄・高槻時代の皆さん、一番苦労を掛けている妻ほか、こんなどうしようもない僕を支えてくださっている皆さんの支えのおかげです。これで、また、武雄市の知名度は一気に向上することでしょう。

心から感謝します。私は皆さんの代表として、また、大切な仲間としてエントリーされたと思っています。これで守りに入らずに、皆さんの期待を上回る仕掛けをこれからも次々に行っていきます。ご期待ください。
by fromhotelhibiscus | 2012-10-27 23:07

石原新党は盛り上がらない

今日の石原都知事の電撃会見。辞任。そして、新党の結成、衆議院選挙に出馬。

何じゃそりゃ。まず、都知事の任期を2年半残しての辞任は、都民そして都政をバカにしている。僕は80歳がどうかとは思わないけど、10年は腰を据えてやる必要があると思うけど、大丈夫なんだろうか?

もっと問題は、この御仁、もともと衆議院議員で大した実績を上げていないのに、復帰して何がやれるんだろうか?首長と議員は違う。首長は独裁者タイプの方が上手く行く。

議員は自分の主義主張を通すのに、多数決に結びつく「数」がものを言う。そういう意味では、小沢さんの「数は力」という論理は絶対的に正しい。

では、橋下さんと組めるかというとそんなことはできない。憲法破棄、原発容認では、日本維新の会が乗れるはずが無い。橋下市長が、「理念のない連携は国民からそっぽを向かれる」という趣旨の話をしていたが、これもまた正しい。

また、これからの自身の国政に関しては、都政の延長で行く、と言っているが、都政と国政は違います。この他、会見では、筋の通らないことを多々コメントされていたが、明朝の新聞記事に注目しようっと。

僕は、石原新党は盛り上がらないと思う。
d0047811_2337679.jpg

by fromhotelhibiscus | 2012-10-25 23:38

Facebookがやってきた

8月にFacebook本社を訪れましたが、今日は、Facebook本社から僕を取材。昨日から、竹林亭やオイランタン、レモングラスハッピーファーマーズなどを回っているそうです。

何でも、武雄市の取組をマーク・ザッカーバーグを始め、Facebookの幹部の皆さんたちはとても興味深く捉えているようで、今回の取材につながったようです。そういうわけで、武雄市は、Facebook本社が知っているわけです。

今日のインタビューの模様は、英語&日本語で、このサイトで流れるとのこと。取材自体、広報の日高さんのおかげで、丁々発止、楽しかったです。インタビュアーが目をむいて驚いたり、笑ってました(笑)。
d0047811_2325522.jpg

取材でも言いましたが、FB良品を含め、武雄市並びに武雄市政が、日本の地域のロールモデルとなって、全国に波及させます。また、他の地域の良いところはどんどん真似していきます。パクリは僕の真骨頂。そして、総体として日本が盛り上がっていく。それしか、日本の生きる道は無いと思うんです。
d0047811_23255887.jpg

そういえば、近々、SPA!に僕の特集が2回に渡って載ると思います。こちらも面白いですよ、たぶん。
by fromhotelhibiscus | 2012-10-24 23:27

那須と三島に行ってました

d0047811_22152429.jpg

那須町と三島市に行ってました。前者は栃木県、後者は静岡県です。所要は講演。最近、あれれって思うのは、いろんな紹介で、大分県武雄市って言われること(涙)。佐賀県です、佐賀県。
d0047811_2214549.jpg

d0047811_22145547.jpg

d0047811_22145676.jpg

ま、ともあれ、認知度が極めて高くなっていること自体は嬉しいことです。
d0047811_2214505.jpg

多くの皆さんにお会いし、お世話になりました。ありがとうございました。とっても刺激になります。また、那須も、三島も素晴らしいところでした。日本って本当に奥深い。

皆さんがお住まいの地方が元気になるように、さらに仕掛けていきます。講演で言っているのですが、武雄がロールモデルとなって、そのモデルを全国に採用してもらう。我々は全国の優れたまちづくりの施策を貪欲にパクっていきます。そして、日本全体が元気になっていく。FB良品、CCC×図書館構想、然りです。

明日からまた頑張ります。
by fromhotelhibiscus | 2012-10-23 22:16

日本Facebook学会総会は11月16日~

d0047811_22322779.jpg

日本Facebook学会は、今年は11月16日(金)ー18日(日)。武雄市役所内にて行います。特別講演は、市議会議場。いろんな発表、パネルディスカッションは、会議室などで。

夜は、ポスターのメンバーを交えて、交流会(懇親会)を開催します。

詳しい内容は、日本Facebook学会のFacebookページで

皆さんのお越しをお待ちしています。
by fromhotelhibiscus | 2012-10-21 22:41

ANA凄いな。

d0047811_0142917.jpg

10月19日に、武雄市の被災地ボランティア「チーム武雄」は福岡空港から仙台空港を経由し、陸前高田市へ入りましたが、その道中、お世話なったANAのキャビンアテンダントの皆さんより、思わぬ贈り物が・・・

「チーム武雄」は、武雄市民みんなの想いと共に、この想いも一緒に陸前高田に届けてまいります。

がんばっぺし!陸前高田!!がんばっぺし!東北!!


という報告が武雄市のFacebookページや私のところへ。また、このニュースを知った皆さんからも教えて頂きました。これには泣けました。

共感の輪が広がっていく、また、広がっている姿を見ることができて、今回は別の公務で、陸前高田市に伺うことはできませんが、気持ちを奮い立たせてくれました。

私からも全日空の素敵な皆さんに心から感謝いたします。ありがとうございます。みんなで、東北の復興に力を尽くしていきましょう。
by fromhotelhibiscus | 2012-10-21 00:15