<   2012年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

日本図書館協会の見解は対案無しの荒唐無稽だ。

CCC×武雄市図書館プロジェクトを始動させてはじめて、日本図書館協会なるものを知りました。定款によれば、社団法人で、役員のメンバー表はこちら。事業目的は、定款の、

第3条
この法人は,全国の公共図書館,大学図書館,学校図書館,専門図書館,公民館図書部,その他の読書施設及びこれらに関係ある者の連絡,提携のもとに,図書館事業の進歩発展を図り,わが国文化の進展に寄与することを目的とする。


とあります。

私は総務省時代、課長補佐として、沖縄問題の後、明治以来の公益法人改革の一端を担っていましたが、この手の「連絡、提携」型の社団法人は数多くありました(それから制度そのものが大幅に変わりましたが。)。



その日本図書館協会が、武雄市の新図書館構想に注文。佐賀新聞にも記載。また、Yahoo!のトップニュースにも。一社団法人の見解が、また、図書館全体じゃなくてね、個別の図書館に関する見解が、ニュースバリューがあるかどうかはこの際、置きます。ちなみに、明日以降、西日本新聞も載せるって言ってます。ありがたい。

で、問題は、まず入り口論。第3条の目的で、どこをどう見ても、この見解を出す淵源(根拠)が僕には分からん。ちょうど、武雄市長の僕が、例えば、他の自治体の事業に口を出しているようもの。ま、発言の自由はあるんですがね。

それと、内容。佐賀新聞にもきっちり載せてもらいましたが、荒唐無稽。なぜか、対案がない。対案が。こういう団体は、ほんと、他人のやっていることには上から目線で、いちゃもんを付けるのが多すぎ。特に、問題は、指定管理者制度を否定していること。他の公共図書館でも指定管理者入れているところあるんですが。それと、労働環境って言っているけど、ちゃんと、取材してから書いてほしいよ。会見でも、私は、司書等の今後については、現在の給料の保証、本人の意思を確認するって言っていますけど。それには触れない。見てないか、見ても都合が悪いので知らんぷりなのか。また、この6項目に労働者の環境をあえて触れるのは、どうかなって思う。もっと、目線を市民、利用者に向けましょうよ。

また、何度も書いているし、言っていますが、6月の市議会にちゃんと説明するって言ってます。そもそも、この指定管理者制度自体が、議会の議決事項なので、市議会に報告の上、審議して頂くのが大原則。それが議会制民主主義。その議論を踏まえてから、批判があれば、出せば良いのにって思うけど、自分たちのプレゼンスを出したかったんですね。

そして、最後。

武雄市図書館の指定管理者制度導入の構想について、これらの解明を通じて、よりよい図書館づくりとなるよう期待します。当協会もそのための支援、協力をすることを表明するものです。

白々しい。ここまでいちゃもん付けるんだったら対案出してほしいよ。対案がない批判は荒唐無稽って言われても仕方がないでしょ。それと、そのための支援、協力ってどういうの?


そこで、日本図書館協会の人たちにお願いがあります。6月市議会が終わったら、武雄市で公開討論会やりましょうよ。フェアに、日本図書館協会の理事長と私、トップ同士で。こんな僕や担当職員から荒唐無稽って言われる文書を一方的に出す(この行為そのものを否定しているわけではありませんよ。)より、基本的な新図書館像を決めた上(これは市議会の権限)で、具体論に関して、いろんな意見を出し合う。これもまた万機公論に決すべし。

日本図書館協会の塩見昇理事長さん、いかがですか?
d0047811_23555999.jpg

by fromhotelhibiscus | 2012-05-31 23:54

地方議会の工夫

d0047811_23563831.jpg

地方議会。あまり知られていないんですが、この議会なるもの。強大な権限があります。それは「議決権」。首長には決定権というのは無いんですね。あるのは、役所の人事を除けば、政策の提案権だけ。決めるのはあくまでも議会。そして、議会の決めたこと(議決事項)を誠実に執行する義務が、首長には課せられています。これを、俗に執行権と言いますが、権利じゃ無く義務のような気がします。

このことは、何度も書きました。というのも、僕は3年半前、リコールを食らいました。おかしいのは、市民病院の民間委譲は「議決」されていたのに、一歩前に提案した私に対して、リコール。共産党の平野・江原・栄八トリオを中心とする議員(一部の自民党も)が先導するというおかしな形。もちろん、執行権が逸脱しているのであれば、分かるのですが、民間委譲そのものはリコールを受けた日より1年以上後。

これって、僕に対する悪質ないじめなんですね。よく、僕のことを独裁者とかワンマンと言う人もいますが、いじめられてきたんです。おかしな議員から。今でも当初21億円の住民訴訟で、共産党議員からいじめられていますが(涙)。


ただし、これだけ強大な権限を持ちながら、地方議会ってあまり知られていない。そういう意味では、議会報告会や武雄市議会のように議場にモニターを設置するというのは、歓迎すべきこと。

60型のモニター設置で武雄市議会は劇的に変わりました。もともと、侃々諤々で傍聴も200名を数える名物議会なんですが、それでも、さらに分かりやすくなりました。一方で、武雄市議会ではまだですが、誰が賛成し誰が反対するのか、また、退席したのか、きちんと市民に知ってもらうことは大切だと思います。


6月市議会は、CCC×図書館で論争になると思いますが、とても楽しみです。ユースト中継もしますが、開かれた場で万機公論に決すべし。そう信じています。
by fromhotelhibiscus | 2012-05-30 23:59

ちゃんぽんサミット in 武雄

d0047811_22475274.jpg

これって面白くないですか?

何が面白いかって、北海道の網走市、愛媛県の八幡浜市、長崎県雲仙市など、全国10を越す地域のご当地ちゃんぽんが、今年の秋、武雄に集まる。あまりまだ知られていませんが、武雄市北方町は特に、ちゃんぽんの激戦区。いつも行列の「井手ちゃんぽん」も北方町にあります。そして、ちゃんぽんそのものは、僕のソールフード。昔、食卓によくちゃんぽんが出てた。スーパーにもちゃんぽんセットが普通にある。

全国の各ちゃんぽんは、鶏ガラベース、これは共通なんですが、例えば、網走市のちゃんぽんは、しじみの出汁もベースに加わる。なぜかって言うと、僕も学生時代に網走には行ったことありますが、汽水の湖や川が多く、質の良いしじみが生息している。もちろん、豊富な魚介類もトッピング。

先週、私のところへ、全国ご当地ちゃんぽん連絡協議会の雲仙市の林田さんほか、お越し頂きました。そこで、第2回はぜひ、武雄市で、ということだったので、全面的にバックアップすると約束しました。

今年の11月17日(土)、18日(日)に、武雄市物産祭りと同じ日に開催する方向で調整を始めました。全国のご当地ちゃんぽんが集結することになります。また、日本Facebook学会総会も日取りを合わせたいと思っています。目標10万人のご来訪。今から、楽しみです。

光武さんのブログもどうぞ
by fromhotelhibiscus | 2012-05-29 22:01

今日の読売記事はデタラメだ。

今日もまた大笑い。読売東京本社社会部記者によるデタラメ記事でYahoo!のトップニュースに。いつものトップニュースと違って反響がさほどでなかったのは残念でしたが、この記者、あろうことか、私や担当部長に取材中に、「CCCを指定管理者として決め打ちするのではなく、形だけでも内々、公募という選定するフリして、公募の前に(CCCと)内々決めておけばいいじゃないですか?」って言い放った御仁。

大体ね、この記者、無礼千万。あまりにも無礼なので、テレビ朝日に続き、途中で取材を遮るのもたびたび。その中で、この発言はどうでしょうか?

読売新聞っていつから談合推薦新聞社になったんですかね。やっぱり、東京から来た社会部記者はおかしかった。決めつけ、偏見。もうストーリーがあったんでしょうね。少なくとも、Twitterのごく一部では波紋を呼んでますが、武雄市民的には、レコメンド(推薦)機能で波紋なんか呼んでないですよ。多くの武雄市民から直接聞いていますが、「何で、他の自治体の市民が、うちの図書館や武雄市のことを非難しているのか、頭に来る。」と。僕も同感。お住まいの自治体で吠えてください。ただ、建設的な批判、対案があれば、いつでも歓迎です。事実、そのような指摘も少なからずある。読売は完全にここでもNG。

さらに、取材でも再三言ったんだけど、「「あなたにはこんな本がお薦めです」などと、過去の貸し出し情報などから、各人の関心にぴったりの本を薦めるリコメンドも、目玉サービスの一つだ。」ってまだ決めてません。

そして、「ただ、リコメンドするには貸し出し履歴をCCCが蓄積して分析する必要がある。」も決めつけ。貸出履歴をいつまで保存するのか決めていない。

また、「履歴を匿名化した上で提携の小売店に提供し、市場調査に活用することも検討されている。」って誰に取材したの?CCCは少なくとも現時点では取材に応じていませんよ。

加えて、Tカードと図書館カードを併存するって言っているし、かつ、どちらのカードを選ぶにしてもちゃんと利用者の同意を取るというのは、最初の会見でもこのblogでも取材でも何度も言っているのに、のに、この記事。読売は相対的に真っ当だと思っていたのに、裏切られた。

イエローペーパーそのものだ。記者の名指しは避けますが、読売新聞社さん、反論あったらどうぞ。
d0047811_2093918.jpg

(移動中、橘町の麦秋。息をのむほど美しかったですね。)
by fromhotelhibiscus | 2012-05-28 20:20

今朝の佐賀新聞は勇気がある。

優れたジャーナリストほど、僕の言動に対して、しっかり理由を示した上で、是々非々。そういう意味では、佐賀新聞の論説を書いた小野さんは論外。僕からあれだけ批判を浴びて、何も反応もしないというのもこれが大人の対応でしょうか?

それはさておき、私もそうだけど、私が知る誰もが一目置く、佐賀新聞の富吉賢太郎さんの「震災がれき」に関する論考。今朝の佐賀新聞の一面でした。付け加えることは1つもありません。
d0047811_2311125.jpg


昨日、今日と、東大の中川恵一先生(武雄市市政アドバイザー)が、震災がれきと放射線の関係に関して、講演をして頂きました。2日間で400人以上の皆さんにお越し頂き、武村大町町長や樋口鹿島市長もお見えに(他の杵藤広域圏の市長、町長さんはどうしてたんだろ?)。僕が同じ立場だったら、万難を排して参ります。

その中で、中川先生。「北九州市は受け入れるがれきの放射性物質濃度を1キロ当たり100ベクレルとしたが、逮捕者が出る騒ぎになったけど、私たち人間も同じ放射線を出しています。」と。これは会場の皆さんの反応が一番大きかったところ。

もし、この基準の瓦礫受け入れができなければ、私たちは北九州市に入れないことになってしまう。


前にも書きましたが、与論自体は健全で、震災瓦礫受入に関しては、冷静になってきていますし、反対の人たちも減ってきている。中川先生も私も昨日、今日と言いましたし、富吉さんは別の角度から書いておられますが、冷静に今一度、自分の問題として、震災瓦礫のこと、考えてみませんか?
d0047811_23363390.jpg

d0047811_2336271.jpg

by fromhotelhibiscus | 2012-05-27 23:40

武雄コミュニティーガーデン開園

d0047811_17245126.jpg

d0047811_17244499.jpg

d0047811_17243716.jpg

『Takeo Community Garden』が本日オープンしました。

ここは自然農を体験できる場所。自然農とは、「耕さない、肥料や農薬は使わない、草や虫を敵としない」農のあり方。命の大切さや多様な農業のあり方を学ぶことを目的として、体験希望者に開放されました。

構想ベースでいうと約8か月。この間、いろんなことがありましたが、体験をされている皆様が楽しそうされている様子を見ているとグッとこみ上げるものがありました。女優で武雄市食育アドバイザーである杉田かおるさんには本当にお世話になりっぱなしで、感謝のしようもありません。誰にでも優しく本当に素晴らしい方です。本日講師をしていただいた福岡自然農塾の村山さんにもおんぶにだっこで・・・。本日の運営について至らぬ点も多々ありましたが、これからここをさらに良い場所にできるようにしていくことで恩返しをしたいと思います。

当事業を担当したのは古賀と福田のF&B良品コンビでしたが、皆様のご協力があって何とかオープンにこぎつけることが出来ました。関係いただいたすべての方に感謝申し上げます。ありがとうございました!!



この文章は、営業部の古賀敬弘が、自身のFacebookに綴ったものです。加えて、気を遣って書いてませんが、僕からのハードルの高い指示、何度もダメ出し。しかし、古賀はめげずに、他の部の協力も仰ぎながら、今日ここに至りました。これに限らず、うちの多くの職員は寝食を忘れて仕事をしています。身内で言うのも気が引けますが、感謝しています。ありがとう。

挨拶をされた杉田かおるさんが、思わず涙ぐまれましたが、いろんな思いが交差されていたことと思います。既に、ローカルのNHK、佐賀テレビでは流れましたが、100名を超す皆さんにお越し頂きました。公募をかけましたが、直ぐに定員オーバー。農業に対する関心の高さが伺えます。

武雄市役所の中央公園の川を挟んだ真横にあります。ぜひ、お越しくださいね。


今日は、朝からこのガーデンのオープニング。女性ネットワーク総会での挨拶。12キロrunning。夜は、中川恵一東大医学部准教授(武雄市市政アドバイザー)の「震災瓦礫と放射線」をモチーフにした講演会。300人を超す皆さんの方々が。

先生のお話で一番印象に残ったのは、北九州市の瓦礫受入は国の基準より厳しい「放射性物質濃度を1キロ当たり100ベクレル以下とするなど基準」として、搬入妨害や逮捕者が出ましたが、100ベクレル/キログラムってどれくらいかご存じですか?

先生から、「市長や私の体から実際出ている放射線ですよ。火葬場で焼いたときも、このレベル。」とのこと。僕は、今回は一番真後ろからお越し頂いた皆さんを見ていましたが、一様に、頷かれていました。

明日(27日)は、朝日小学校体育館で、朝10時から、中川先生の講演会。私も参ります。皆さんのお越しをお待ちしています。

良い一日でした。
by fromhotelhibiscus | 2012-05-26 22:19

【レビュー】僕は君たちに武器を配りたい

僕は君たちに武器を配りたい
d0047811_22344288.jpg

話題の著者による話題の本。いろんな人たちから、この本は読むべし、って言われて、タイトルも過激だったので、どれだけ凄いんだろうって意気込んで読んだら、外れた。良い意味で。

ちなみに、僕は自分より強い人や権力を私議する人、不適切なことを書いたマスコミなんかは、数日前の佐賀新聞、以前の原口一泊さんなんかは激しく批判しますし、このblogでも少なからず登場しますが、駄本は、まず、載せませんし、批判の対象にはしません。自分が読んで良かった本だけを載せます。

だいたい、10冊読んで、これは紹介しようっていう本は、1,2冊。最近、CCC×武雄市図書館問題でTwitterを中心に燃え上がらせました(故意に)が、こういう時って、なぜか、本を読みたくなるんですね。ネットに10分激しく書いたら、1時間読書っていう感じです。

さて、この本。至極真っ当。真っ当すぎる。当たり前のことを当たり前のように書いてある。で、なぜ、薦めるかっていうと、この本の本当の凄さは、バランスの良さ。武器っていう物騒な言葉で釣られて買うと肩すかしを食らう。具体例、理論、著者の思いなど、すべて、明晰で分かりやすい。文章の切れが凄みのレベル。

この本を読んで、厳しい世の中、サーバイブするなんてとても無理で、おそらく、著者の瀧本さんが言う「武器」とは、行動する「きっかけ」に当たるのかなって思う。自分の労働力を見直す、違った視点で考え直すには打ってつけの基本書。できれば、学生時代に読みたかった本。おすすめです。
by fromhotelhibiscus | 2012-05-25 23:35

【お知らせ】震災がれきは大丈夫?

d0047811_14432535.jpg

放射線医療の権威で、東大医学部准教授、武雄市市政アドバイザーの中川恵一先生の講演を、今週末26日(土)、27日(日)開催します。

北九州市や静岡県島田市では、震災がれきの具体的な受入に関する動きが始まりましたし、連日、特にNHKを中心に、震災がれき問題がニュースで飛び込んできます。

そのような中で、武雄市は、何度もこのblogでも触れていますが、佐賀県庁の判断待ちの状態です。陸路、海路をとるにしても、他の市町との調整などは佐賀県庁に入ってもらわないとスムーズにいきません。

今回の「放射線と震災がれきを考える」講演会は、「震災がれきは大丈夫?」と題して行いますが、どこまでの放射線量だったら大丈夫なのか、など分かりやすい講演になると思っています。

そこで、お願いです。私も参りますが、ぜひ、震災がれき受入反対の皆さんにぜひ来てほしい。私もそうですが、いろんなメディア、学者の論考に当たります。もちろん、受入反対の人たちのも数多く読みます。中川先生のおっしゃることを鵜呑みにする必要はありません。判断材料の一つにしてほしいのです。

武雄にて心からお待ちいたします。
by fromhotelhibiscus | 2012-05-24 15:03

武雄小学校を訪問してきました

今日は、抜き打ちで、先日の武雄中学校に続き、武雄小学校を訪問。浦郷教育長、前田教育委員と一緒でした。全クラスまわりましたが、1年生と6年生の違うこと。僕を認識している1年生は一人もいなかったけど、2年生は「テレビで見た。走ってるの見た。」、3年生以上はほとんどすべて、僕を認識していました。恐るべし。総じて、思った以上に元気で先生に言うことをしっかり聞いていました。

6年2組では、先生と児童との対話型の道徳の授業。僕らの時は、先生からの一方的なお話。しかし、この授業では、次々に児童の手が上がる。詳しくは分からなかったけど、実際のクラスでのマイナスの出来事をモチーフに児童に思考を促している、そんな感じがしました。

武雄小学校も全面建て替えを迎えます。私の方針は、他の事業を削ってでも、市立小学校、市立中学校の教育環境を、ソフト・ハードともに整えること。この半年で、市内の小学校、中学校全部まわろうと思います。現場に回答ありなので。
d0047811_222849.jpg

d0047811_22281083.jpg

d0047811_2225395.jpg

d0047811_22381131.jpg

by fromhotelhibiscus | 2012-05-23 22:44

組み合わせは楽しい

d0047811_0264348.jpg

最近、多いなって思うのは、韓国人の観光客。武雄を one of them という形では無く、武雄に数泊しておられる。なぜか。

この山岳遊歩道の存在。ただ、山岳遊歩道だけ打ち出してもだれも振り向かないけど、韓国で流行語にもなった「オルレ」+武雄という組み合わせ。ちょうど、CCC+武雄市立図書館と同じですね、組み合わせ。

コース近くに、今、話題の市立図書館も位置するので、オルレの魅力をふんだんに打ち出した韓国の雑誌なども置きたいと思います。次は、「オルレ」+「図書館」。韓国の観光客の皆さんのみならず、国内の観光客の皆さんを惹き付ける企画を打ち出していきたいと思っています。

ご期待ください。

こうやって、「組み合わせ」を考えていくと、今まで考えもしなかった魅力が出てくる、と思うんです。また、いくつか思いつきました。面白くなりそうです。
by fromhotelhibiscus | 2012-05-22 23:59