<   2012年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

【レビュー】「ミレニアム」三部作を読んだ僕は不幸です

d0047811_18365329.jpg

月刊誌『ミレニアム』の発行責任者ミカエルは、大物実業家の違法行為を暴く記事を発表した。だが名誉毀損で有罪になり、彼は『ミレニアム』から離れた。そんな折り、大企業グループの前会長ヘンリックから依頼を受ける。およそ40年前、彼の一族が住む孤島で兄の孫娘ハリエットが失踪した事件を調査してほしいというのだ。解決すれば、大物実業家を破滅させる証拠を渡すという。ミカエルは受諾し、困難な調査を開始する。

この紹介だけ読むと、大したことないんですが、大したことありました。3部作。文庫本で合計6冊。秋本康や吉本ばななの帯を見て、衝動買い。主に移動中読んだんですが、これほどとは。

はっきり言ってこの「ミレニアム」三部作を読んだ僕は不幸です。

著者が急逝した今、もう続きは読めない(4部の話は出ていますが)し、これを超す本を探し出すのは難しい。推理、法廷、ハードボイルド、恋愛、経営、経済、政治、スパイ、何でもてんこ盛りで1つ1つの話の持って行き方は超一流。

何でこの本が魅力的なのか。ストーリー以外では、主人公のミカエル、背中にドラゴンのタトゥーを入れ、特異な風貌をした女性調査員リスベット、この2人を始め登場人物があまりにも魅力的。等身大のキャラクターが、次々に不可解な事件や事故に巻き込まれていく。そして、このキャラたちが、不完全なんですね。思い違いがあったり、行き違い、そして、友情、別離、恨みつらみ。

今、何を読もうか、迷っているそこのあなた。一冊目はいろんな長たらしい名前が出てきて大変ですが、すぐに慣れます。これを読まずして死ぬのはあまりにも惜しい。面白さ、スリリングさからすれば、それくらいの本です。また、そのストーリー展開の影に隠れてしまうけど、女性への暴力を始めとする社会の病理もしっかり描かれています。読み返そうかな。
by fromhotelhibiscus | 2012-01-31 18:39

築地御厨 内田悟の「やさい塾」に取り上げられました

ここ数年、NHKを始めテレビでよく拝見するようになった「築地御厨」の内田悟さん。東京で知人の料理人が、「内田さんの選んだ野菜美味しいですよね」って言われて以来意識してました。

その内田さんが、F&B良品の目玉商品である「いなかレモン」を激賞。ぜひ、内田さんのFacebookページをご覧下さい
d0047811_20422319.jpg

おかげさまで、いなかレモンは売れに売れ、あとわずかになってきました。ぜひ、ご賞味ください。ご注文はこちらです


それにしても、Facebookって凄いなって思います。期せずして、Facebookを通じて、武雄のいなかレモンが、内田さんのFacebookへ。

F to F

の幕開けですね。

Facebook to Facebook。商品を介して実は友だち、家族、ファンとの交流が始まる。これらの言葉も英語では全部Fから始まる。面白い時代になってきました。

まだお目にかかっていない内田さん、ありがとうございました。また、武雄のいろんな野菜や果物が取り上げてくださるように頑張りたいと思います。
by fromhotelhibiscus | 2012-01-30 20:42

MacBookAir大好き

d0047811_9224911.jpg

40過ぎたおっさんが、1パソコンに大好きって言うのも何だかなぁって思うんだけど、今、使っているMacBookAirの13インチは僕にとって最高かつ最強。そして、お気に入り。

一昨年の春、当時使っていたWindowsのデスクトップがウイルスでやられて、しかも、ナップスターの配信サービスがおしまいになって、どうしようかなって思っていたときに、iPhoneやiPodを購入してみたら、やっぱり、Macが相性が良い。速攻、MacBook Proの13インチを購入したら、これがまた大当たり。11万ほどの出費だったかな。それからはまるはまる。これは前にも書いたような気がしましたが、それから、iMac27インチ、ランニング用のiPod nano、iPad2、Nike+もろもろ。身の回りはAppleに。その他は一掃(笑)。

何でAppleなのか。あの独特なワクワク感、ドキドキ感。以前言われてた「高い、壊れる」は過去の話。むしろ、安いですよ。ウイルスにも強く、ハードそのものが壊れたものは一つもありません。

その中でも極めつけが、このMacBookAirの13インチ。前は11インチを使っていましたが、軽くて小さく、移動には凄くいいんだけど、ちょっと、Keynoteでタフな資料が作りにくい。僕は、講演では、Keynoteでプレゼンしますが、動画を多用します。最近は、古賀秘書官に作ってもらって、iMovieまでも(笑)。そろそろ、自分でも作りたいと思っていますが、11インチだと、どうしても、複雑に編集した動画がちょっとだけカクカクなる。見てくださっている皆さんからすると、「あれ?」ってなりかねないので、どうしたもんかと思ったら、杉山隆志さんから、「自分も使ってますが、13インチ。しかも、デュアルコア1.8GHz Intel Core i7、4MB共有三次キャッシュに変えたほうが良いですよ。速くて快適そのものだし。」とのこと。

よく分からずに、じゃ、そうしようと思って注文したら、来るのが遅い。そんな変更する人はなかなかいないんでしょうね。でも、待った甲斐がありました。これで、15万を楽勝で切るパソコンとはとても思えない。驚愕の処理スピード。快適そのもの。思ったより軽いし、見やすい。動画も美しい。これって芸術品ですよ。

しかし、杉山さんや僕みたいに、仕事に動画編集を持ち込む特異な人間はともかく、8万円台の11インチで十分です。

しかも、アルフィーの高見沢さんが雑誌で書かれていましたが、Airはとっても音質が良いですね。Airはハードディスクが貧弱なので、僕は千曲くらい入れたiPod touchをハードディスクとして使っていますが、ご機嫌です。有線LANはそのまま接続できませんが、USB変換器があれば大丈夫。しかし、また、新しいものが出たら、買うんだろうな、きっと。

今、ソウルにいますが、日本でもこちらでもはっきり買いたいものがさほどない。しかし、Appleのはなぜか手を出したくなる。スペックはそんな無茶苦茶良いわけではないですしね。やっぱり、デザインと組み合わせでしょうか。

僕は地方行政にこのAppleのもろもろの哲学を活かしたい。そんなヘンなことを言っているのは、僕だけだと思います(笑)。
by fromhotelhibiscus | 2012-01-29 09:23

武雄市職員は全てFacebookアカウントを取得。

今日、記者会見。武雄市職員390名全員のFacebookアカウントの取得。順次取得して4月にフル開始します。
d0047811_20362773.jpg

うちの職員から、「今の庁内イントラが使いにくい」、「ださい」、「重い」という指摘から、これもうちの職員からですが、「Facebookの非公開機能を使えばいいじゃない」っていう意見が出てきました。庁内の情報推進化本部、部長会で議論を経た上、今日の会見となりました。


Video streaming by Ustream
そもそも、今のイントラ、何と、毎年600万円かかるんですよ。これは国と直接結び付かないといけないという機能(厚生労働省等にこれで提出しなければならないという機密性の高い資料の提出等)があるためで、どこの自治体もこんな前時代的なふざけたイントラを使わされています。これはこれで国に糾していきますが、このFacebookイントラ、タダです。タダ。しかも、極めて動作が安定していて、かつ、使っていて楽しい。意見交換だけではなく、カレンダー、公用車予約、会議室予約も組み入れます。

そのためには、職員はFacebookアカウントを取る必要があります。ここまでは中の話。

もっと大事なのは、一人一人の職員が、責任を持って市民(特に納税者)の皆さんに対して、情報発信、情報共有、そして、人的な交流を図ることができる。今までは役所のパソコンからだけしか見れなかったのが、スマホ、携帯、自宅のPC、移動中のラップトップ、iPadからも見ること、そして、発信することができる。セキュリティーポリシーはもちろん作成しますが、個々人の良心と良識に期待します。

武雄市役所では、既に390名のうち101名がアカウントを自発的に持っていますので、一気に広げやすい。

4月の本格開始まで、5回ほど講習会を行います。もちろん、職員だけでなくどなたでも参加自由にしたいと思っています。

Facebookを活用して、さらにオープンとスピード。また、顔の見える情報発信と楽しい情報共有を図っていきます。ご期待ください。

by fromhotelhibiscus | 2012-01-27 20:40

【レビュー】若林三弥子の蒸しいため完全マスター

d0047811_1816146.jpg

若林三弥子さん。今では料理出版界では大抵の方が知っています。私の大切な友人。知り合った頃は、料理教室「boa mesa」を主宰されていて、ちょうど、第一作の「おくちにあえばうれしいです」を出版。多くの皆さんの支持を受け、この本はベストセラー。今では、料理教室そのものも450名が常時予約待ちの状態。

その若林さん、3年半前、武雄にご家族でお越しいただきました。自然体で素敵な方です。


その若林さん、料理の本をリリース。「若林三弥子の蒸しいため完全マスター」。僕は野菜が大好きで、自分でも料理しますが、特に、「蒸す」は実は難しいんですよね。蒸し時間が分かりにくい。そこでよく、茹で過ぎの失敗が。この本の良いところは、「中火で6分」という数字、そして、季節、野菜ごとに調理法が書いてあり、分かりやすい。

また、何と言っても写真が素晴らしいこと。これほど、美味しそうに撮られているとたまらない(笑)。

野菜は良いですね。走り始めてから、さらに野菜が欲しい体質になりました。必ず、うちは、モリモリのサラダか、蒸し野菜が登場します。今の季節、ネギが美味しい。蒸しいため長ネギの豆乳チャウダー、今度、作ってみます。

この本は料理本としてはもちろん、読み物としてもワクワクする、楽しい本です。おすすめです。若林さん、素敵な本をありがとう。
by fromhotelhibiscus | 2012-01-26 22:20

武雄中学へ

今日は、打合せや来客、議会視察のオンパレード。その中で、ちょっと時間が空いたので、武雄中学校の新築工事の現場へ。木材を多用し、採光も良く、もう一回入り直したいと思ったくらい。雪模様の中でしたが、それでも明るい。僕からは、図書室の本棚が固定式で外の光を遮るかのように林立しているので、もっと柔軟に使えるように、可動式に変えてほしい、と指示しただけ。3月に現在のプレハブ校舎から移ることになります。
d0047811_18295170.jpg

その後、プレハブ校舎で勉強している生徒のところへ。今日は、吉川里己市議と一緒に。市長就任時から、時間があればこうやってまわっているですが、訳の分からん市議会議員が、「市長が小中学校をまわるのは政治活動。教室にノコノコ入っていくのはけしからん。政治を学校に持ち込むな」という趣旨の指摘をしたので、訪問回数を倍にしました(笑)。
d0047811_1830459.jpg

d0047811_183004.jpg

やっぱり、現場が一番ですよ。どのクラスが良くて、また、反対に荒れているのか、先生たちが頑張っているのもよく分かります。そうそう、生徒から、「樋渡市長は市民のために頑張ってください。」って言われました。思わず、「お前が頑張れ」と言いそうになりましたが、この世代といつまで交流が持てるか、挑戦したいと思います(笑)。
d0047811_18295695.jpg

d0047811_18294753.jpg

by fromhotelhibiscus | 2012-01-25 20:04

STREAM CAFE at 武雄のご案内

d0047811_22585094.jpg

ストリームカフェというのが、京都にあります。今回は、武雄にわざわざ出張して、武雄をご見学の上、新武雄病院の鶴崎理事長や僕の話を聞く、というプログラム。

対話が苦手な僕の話を聞く、というのもなかなかシュール(笑)なんですが、面白そうだし、武雄で登場してくれれば良い、ということなので、お受けしました。

第6回 ストリームカフェ ~「共生」と「未来」を考える対話の場 ~

【ゲストスピーカー】    佐賀県武雄市長 樋渡 啓祐 氏
    
2012年2月11日(土)-12日(日)    @武雄市


スケジュールは以下のとおりです(※調整中につき、変更の可能性あり。)。

【2月11日(土)】
12:00 佐賀県武雄市 武雄温泉駅前に集合(交通手段は各自手配)
    昼食
14:00 武雄市役所訪問、市内見学
16:00 新・武雄病院見学、理事長より講演
18:00 市内にて夕食
21:00 自由行動(宿泊先は各自手配下さい)
※飛龍窯で開催されている「光のバレンタイン」にも参加頂けます。


【2月12日(日)】 
7:30 楼門朝市見学
9:45 武雄市役所前に集合
10:00 ストリームカフェwith 樋渡啓祐 市長
12:00 武雄温泉駅にて解散


ちょうど、「光のバレンタイン」や楼門朝市とも日程がONするので、皆さん、ぜひお越しください。申し込みはこちらです
by fromhotelhibiscus | 2012-01-24 22:59

トップセールスの意味

d0047811_2305256.jpg

今日は日帰り東京主張。とある交渉ごとでトップセールスに。日本を代表する経営者と会えました(孫社長じゃないですよ。)。後は、切れ者として名高い副社長と大枠をお話しましたが、まとまりそうです。トップ同士で話をすると、圧倒的に話が速い。スピードは最高の付加価値ですね。

僕はほとほと運が良い。

相手のある話で、いろんな制度の壁もあるし、僕は口が堅い(笑)ので、ここまでにしておきますが、これが実現すると、武雄はさらに住みたいと思って頂く都市になりますし、この武雄styleが一気に全国に広がると思います。

僕には誇るべき数々の失敗例があります。その一方で、関西大学の小学校から大学院までの一括誘致、市民病院の民間移譲など大型案件を手がけてきましたが、これはなかなか他の地域で応用が利かない。大学誘致は高槻だから上手くいったのであってこれを武雄でやれと言われても無理。

しかし、今回の案件は、ロールモデルになりますし、僕も齢42。特定の地域、例えば、武雄だけが良くなっても仕方が無いので、全国で応用可能なモデルにします。

ご期待ください。
by fromhotelhibiscus | 2012-01-23 23:10

いなかレモンを販売開始:F&B良品

d0047811_23222818.png

あの話題の果物がついにF&B 武雄に登場します。みかん+レモン。名付けていなかレモン。みかんの接ぎ木にレモン。信じられないことに、まんまるのレモンがそこに。

2年前、開発に成功して、朝日新聞の記事はこちらですが、フジテレビスーパーニュースを始めいろんなところに取り上げられ、挙げ句の果ては、Yahoo!のトップニュースに躍り出ました(笑)。当時、僕もYahoo!のトップニュース記事はその前後と比べて出せてなかったので、「お前はいなかレモンに負けてる。」って揶揄されてました。

そのいなかレモン。毎年食べるんですが、レモンの特有の酸っぱさが影を潜め、オレンジの明るい甘みがレモンの魅力を増している逸品。その証拠に数が少ないこともあって、出せば市内で完売。今回、F&B武雄のたっての願いで、いなかレモンを出すことになりました。通販では初めて。剥きやすくクセになる味です。料理でもお酒でも、そのままでも何でもござれ(表現が古い?)。

みなさん、サイトはこちらです。ぜひ、お試しください。早い者勝ちです。


F&B武雄はおかげさまで好評です。2月は40品を追加します。古賀敬弘店長、頑張ってね。
by fromhotelhibiscus | 2012-01-22 21:19

ひとつー長渕剛

d0047811_113166.jpg

紅白でたまたま見ていた曲。

ひとつ

肩に力の入ったJAPA---N!!と思ったら、さにあらず。僕の長渕ファンだったのは、LICENSEまで。あの頃は、軽くて等身大でとっても僕的には良かった。しかし、だんだん、詩自体も筋肉質になり、暑苦しくなって、あまり聴かずに。ただ、走るには良くて、そのときは聴いてます。

曲を聴いて感動したことは数知れずあるけど、涙まで知らずに流れていたのは初めて。この曲はシンプルでありながら、かたちが大きい。歌詞は、特に、

悲しみは どこから やってきて
悲しみは どこへ 行くんだろう
いくら考えても わからないから
僕は悲しみを 抱きしめようと 決めた


のところは、津波が押し寄せた海岸近くにある、石巻市立門脇小学校のグラウンドから、切々と歌う長渕の姿と、僕自身、全然大したことはしていないけど、福島原発にほど近い避難所に出向いたこと、「チーム武雄」先陣として仙台市の若林区でボランティア活動を行ったこと、そこで、健気に頑張るよしえちゃんを始め住民の皆さんとの出会い。

武雄市民から成る120人の被災地ボランティア「チーム武雄」からの現地からの報告、最近では、福島県いわき市での素晴らしい出会い、再会、また、西方浄土に旅立たれた多くの犠牲者の皆さん、その中には、大学時代の友人もいます。さらには、震災瓦礫の受け入れに際して心ない「瓦礫=放射能」という流布や思い込み、いろんなことを思い、感じて、涙したこと。いろんなことがないまぜになって、この曲を聴いた時、長渕は鎮魂歌と言ったが、それと同等、それ以上に、これほど優しい激励の詩があろうかと。

妻は言う。長渕さんの覚悟がある、って。僕は思う。長渕の優しさがそこにあると。

iTunesでは既に配信されています。これはぜひ聴いてほしい。Amazonはこちら
d0047811_10502912.jpg

by fromhotelhibiscus | 2012-01-21 22:54