<   2011年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

9月4日(日)原発事故想定訓練やります。

今、仙台の定宿。明日は早朝から陸前高田市に向かいます。今日も津波を直撃した地域をまわりましたが、もう数えきれない地域に入り、地域住民の皆さんと膝を交え話を聞いてきました。一番多かった要望は、用水溝や側溝などに、汚泥がたまって水がはけず、水が溢れ出たり、悪臭がしたり、衛生面で心配だというもの。

もう、瓦礫の撤去等は終わっているので、こういう汚泥搬出をしてくれるボランティアの皆さんを熱望しているということでした。武雄市では、民間ボランティアの皆さんを募っていますので、この情報を入れたいと思います(というか、ブログで書きました。)。


一方で、孫ソフトバンク社長とともに福島県内の市町村には、被災10日後伺いました。その際に、地域住民の皆さんも行政も当たり前ですが混乱。私たちが伺った避難所は、福島原発から40キロ。原発近くの町の皆さん610名の皆さんが入っておられました。

このときから、ずっと、武雄市も他人事じゃない、そう思い続けてきました。武雄市の中心部は、この避難所と同じく、玄海原発から40キロ。一番近いところは、若木町の30キロ。牟田議長の自宅のあるところです。


そうだ、今年の総合防災訓練は、原発災害を想定した大規模訓練を行う、そう決意をして、事務方に準備を指示しました。しかも、佐賀県の暫定避難計画に即して、伊万里市と協働して行います。塚部伊万里市長に先日直接説明に参りましたが、市長は、この訓練の持つ意味を高く評価して頂きました。


当然、放射線測定、放射線を受けた(と想定する)地域住民の皆さんの健康診断を、市内のドクターのお力を借りて行いますし、この趣旨に賛同して頂いた、市政アドバイザーの中川恵一先生(東大医学部准教授)も、実際、健康診断等をして頂きます。ぜひ、見学等にお越しください。
d0047811_22353592.jpg


午後は、特別講演会。これも必聴です。武雄市民に限らず、多くの皆さんのお越しをお待ちしています。
d0047811_2235401.jpg

by fromhotelhibiscus | 2011-08-31 22:36

9月議会、そして、今晩ふと思ったこと。

今日は、9月議会の記者会見。条例案と予算案。こちらをご覧くださいユーストはこちら

ポイントはこの2つ。
d0047811_238648.jpg

d0047811_238438.jpg


それは、学校×塾。土曜日や放課後に、塾の力、民間の力を入れていこうと。少なからずのこどもたちが、学校と塾との掛け持ち。しかし、なかなか、家庭や部活の事情で、塾に行きたくても行けないこどもたちがいるのも、事実。義務教育とは、すべからくこどもたちに同じ教育環境を整えること、そう思います。

そういった背景から、教育委員会と協議をし、市内の中学生の教育力向上に予算をしっかり振り向けよう。繰り返しになるけど、塾や予備校と、学校教育を分断するのではなくて、融合することで、英語等の学力を伸ばそう、そういう思いです。そのモデルは、寅ちゃんのブログをどうぞ

最初は小規模で始めますが、効果を見ながら、どんどん広げていきます。ご期待ください。


それと、今晩、ふと思ったのは、停電。今回の議案の中で、市民病院の医療機器の払い下げの案件がありますが、医療機器の中には、電気が必要不可欠なものがあります。例えば、人工呼吸器。もし、電気が止まれば、窒息ということになりかねない。

沖縄時代、とある医療機関で、手術中、停電が起きて、切り替えが、電力会社の職員が来ないとできないということでした。幸いにして、10秒で電気が復旧したので、ことなきを得たのですが、それでも、手術を受け持ったドクターは生きた心地がしなかったとのこと。人工呼吸器もそうですが、他の手術機器も初期設定が停電で吹っ飛んでしまって、どうにもならない状態に陥ったと話したのを思い出しました。


武雄市内で、医療機関において、停電等で電力会社の職員の出張を仰がなくても、しっかり対応できているかどうか、自家発電等の対応がきちんとできているのか、市民の命、健康を守る立場から、ちゃんと聞いてみようと思いました。
by fromhotelhibiscus | 2011-08-29 23:28

【書評】おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2

昨日は20キロ、今日は18キロ。これって、牛肉の重さじゃなくて、走った距離。はっきり言って(はっきり言わなくてもいいんですが)、牛歩なみ。

僕らの業界、平日よりも週末の方が遥かに忙しい。しかし、今回は奇跡的に、土日ともに午前中が空いていたので、走ったけど、朝7時台はともかく、8時台になると気温が急上昇。走り終わると、ふらふらになります。

最近は、僕が大阪マラソンに出場することも少し知られてきて、走ってると、車の中や沿道から、「マラソン頑張って!」と声をかけられますが、これは選挙のときと同じで嬉しい。ありがとうございます。


今日、強く思ったのは、走り始めて大きく変わったこと。確かに、体重が10キロ、体脂肪率は10%落ちたという慶賀すべきことはあるんですが、それ以上に、圧倒的に本を読みたいという衝動が。まさかこんなことになるとは。体を動かすと脳みそを使いたくなるんですかね。かなり気怠いけど、寝そべって読みます。そして、気づいたら寝てます(笑)。代わりに、音楽はいいやって。走ってるときに、聞きまくっているからでしょう。

しかし、今も手元に雑誌を含めると10冊ほど並行して読んでますが、僕にとって、リズムの悪い本は数ページでパス。そういう意味でも、また、内容でも、今日はこの2冊を紹介します。


1つは、そう、村上春樹のエッセイ。たまたま、アンアンを読んでたときにあった、「ハンバーガー」。僕にとっては、このワンエッセイを読むだけで元が取れる。大橋歩さんの挿絵も泣けるほどいい。僕は、前作よりも好き。リズムが合うんでしょうか。
d0047811_16195030.jpg

それと、読みこなすのに、ちょっと気合いが入りましたが、中国のジレンマ 日米のリスク (新潮新書) も良かった。データ(数字)が豊富で、説得力がある。海江田さんを始め総理候補に何で、説得力がないかというと、空気や雰囲気でモノを言っているから。分からないと、この人たちは、「そこは議論して」と逃げる。

この本は、数字を挙げて、僕らを逃げさせない。データの心地よいリズムが、今まで中国に関して漠然と思っていたこと、マスコミや評論家が語ってきたことの多くを粉砕する。こちらも、おすすめです。
d0047811_16195517.jpg


そんなわけで、これから、ランニングの本と、ブルータスを読みます。

NO RUN, NO BOOK
by fromhotelhibiscus | 2011-08-28 16:23

民主党は断末魔だな。

こんなひどいことは、自民党でもほとんど無かった。強いて言えば、竹下さん傀儡の宇野総理。今回はそれと匹敵する。

そう、小沢さんが、海江田さんを支持するというニュース。


あり得ん。僕も身近に見てたけど、総理は特別。並みの大臣の100倍はきつい。海江田さんが総務大臣になるんだったら、別にブログで触れる必要なんかないけど。

まず、国会で見せた涙。あり得ない。評論家時代に、バブルの末期に、土地(株も?)は上がるって煽っていたのをテレビで見ていて、そんな訳ないだろって、僕や友人が、ぶつくさ言っていた記憶があります。これは、野党自民党や公明党から徹底的に追及されるはず。

これ以上の問題は、こりゃ、宇野さんや森さんと同じなんだけど、総理として、何をどうするのか、一度も触れたことがないこと。経済産業大臣としての答弁や過去の著作をパラパラ見る限り、小沢さんの掲げる政策とはずれているような。まさに談合。野合。

森さんは、密室総理って言われたけど、海江田さんは、談合総理。

小沢さんの保身のためになるようなもの。まさに国政の私物化。公開談合総理って言ってもいいかもしれない。僕は前から言っているように、民主党と自民党が主義主張が合致する者たちが集まって、党を結成し、その各党が公約を掲げて、民意を問うべき。今のままだと、権力の椅子とりゲーム。誰がなっても同じ。少なくとも、総理を国民が(間接的だが)選ぶという流れにもっていくべきだと思う。

あのね、挙党一致とか何とか言っているけど、それって、民主党の保身、国民を向いてない。政権与党としての挟持っていうのが無いんだろうか。自民党も相当ひどかったけど、民主党はもっとひどい。このまま、代表が変わるのだけは勘弁してほしい。
d0047811_21242895.jpg

by fromhotelhibiscus | 2011-08-26 21:24

【採用情報】民間企業等経験者の皆さんへ

組織は人で決まります。

僕の場合は、霞が関の官庁、沖縄の出先機関、高槻市役所、そして、今、となるんですが、組織を支えるのは、人。

公務員の場合、鉄壁の身分保障があるので、どんなに仕事をしなくても、クビにしたり、されたりというのは、ほぼありません。他の市役所では、20年以上、来たり、来なかったり、した職員を引導を渡すのに、3年かかったという苦労話も聞くくらい。

というわけで、特に採用はかなりセンシティブになります。今回は、恒例の民間企業等職務経験者の採用です。いわゆる、Iターン、Uターン。


おかげさまで、武雄市役所は、他の地方公共団体と比べても、人気のあるところになりましたが、これから、受けようと思っている皆さんに一言。

皆さんが現在働いている組織で、自分の評判って聞いたことがありますか?

この評判って結構重要で、大体、人事評価と重なります。うちの組織でもそうですが、職場、市民、お客さんの周囲の評判って結構あてになります。

あの人は、ムラはあるけど、一所懸命やってる、とかね。

あの人は、地味でコツコツ型で、部下からの人望がある、とか。

ま、一度、聞いてみてください。


それとね、やる気のない、勉強をしない草食系は不要です。よく、公務員は安定している、とか言うけど、自分の生活の安定のために、門を叩かないでください。あくまでも、私を含む職員の給料は、市民の税金です。それと、最初に言っておくけど、FacebookやTwitterなどSNSをしていない人は、そもそも、最初から採りません。


最後に、今の武雄市役所は魅力的。小さな市役所だけど、前人未到の大きな仕事をいくつも抱えています。それも、市民の皆さんの福祉の維持向上につながるもの。窓口など市民課もそうなんですが、とにかく、うちは笑顔のおもてなしのプロフェッショナルを揃えています。

ちょっと古い言葉ですが、武雄市役所を梁山泊のようにしたい。議論には上下関係はありません。万機公論に決すべし。私はそう本気で思っています。

やる気のある、前向きな人間を求めます。採用情報の詳細はこちらです。
d0047811_2252932.jpg
d0047811_2252580.jpg

d0047811_2251226.jpg

d0047811_225949.jpg

by fromhotelhibiscus | 2011-08-25 22:08

iPad授業in武内小学校

d0047811_23273188.jpg

これは一体何の光景でしょう?

今朝、武雄市立武内小学校で開催の授業力向上夏期講座でipad授業。

佐賀県内外の教育関係者、地元地域の皆さんらが、教室には入れず、廊下も溢れかえり、屋外からも熱心に見学。その数、250名。
d0047811_23275119.jpg


僕も、こどもたちに交じってiPad授業を受けたけど、昨年12月の山内東小学校以来。
d0047811_23274392.jpg

d0047811_23274723.jpg

驚きましたよ。かなり進化している。デジタル(iPadやスマートボード)とアナログ(辞書、ペーパー)の融合もスムーズ。新しいアプリも極めて快適。学校wi-fiがめちゃくちゃ速いのも驚き。先生も完全に使いこなしている。こどもたちが、高い集中力で最初から最後まで、授業を楽しんでいる。iPadじゃなくて、授業を楽しんでいる。これは見ないと分からないかも。

しかしね、こどもたちは凄いですよ。iPadの操作も思うがまま。僕が子供たちから操作方法を教えてもらう場面も(涙)。
d0047811_23273937.jpg


よくね、教育の現場にiPad持ち込んでどうするの?とか、iPadの中の情報だけで疑似体験し満足してしまうのでは?とか、子どもの五感を鈍らせる、などいろいろ批判も頂きますが、こどもを信じましょう。こどもたちにとって、iPadは単なるツール(道具)。僕から言わせれば、愉快な教科書。現にこどもたちにいろいろ質問しましたが、

iPadを使うようになって、授業が楽しくなった、
以前は、先生の後ろの黒板に書きに行く勇気がなかったけど、iPad黒板だったら、楽しく書ける、
ゲームみたいで、どんどん、計算が速くなる、

など。
d0047811_23273670.jpg


この分野でも、武雄は、全国のロールモデルになります。公開授業でなくても、ぜひ、全国の教育関係者の皆さん、教育委員会の皆さん、山内東小学校、武内小学校へお越しください。

(写真は、古賀市長秘書官。)
by fromhotelhibiscus | 2011-08-24 23:30

みんなの見守り隊、発足。

先ほど、「みんなの見守り隊」の発足式に出かけてきました。
d0047811_1221229.jpg

これは前の市長選で掲げた「みんなの政策集」のメインの一つ。
d0047811_12211836.jpg

今、独居老人世帯が急激 に増えています 。皆さん、心細く 思っておられます。 私はそのお声を真摯に受け、「みんなのバス」政策と並ぶ「みんなの見守り隊」事業を行います。具体的には、現在、民生委員の皆さんを中心に見回り事業を行っていただいていますが、さらに、市役所 、議会、各地区のボランティアの皆さんの力を結集し、 定期的に地域をまわり、 お声かけを行う事 業です。全地区が対象となります 。財源は予算を伴わないのでゼロです。

d0047811_12211458.jpg


北方町追分地区の橋口区長さんの私もたじたじの強烈なリーダーシップの下、見守り隊は、追分地区からスタート。結団式の後、地区の皆さん、市役所の皆さんと一緒に、戸別訪問しましたが、その中では、みんなのバスの要望、手すりの補助要望など、具体的にお聞きすることができました。多くの方々が、「みんなのバス」はとても助かっているというお褒めの言葉。あんまり褒められることはないので、率直に言って嬉しかった(笑)。
d0047811_1221798.jpg

答えは現場にあり。

武雄市では、1年生から3年生までの職員を帯同させようと思っています。部屋に閉じこもって、机の上だけでは、ろくな答えは出てきませんし、何よりも市民の体感温度が分からない。そう、職員研修の一環としても、この見守り隊を捉えて行きたいと思います。もちろん、プライバシー等の確保には万全を尽くします。
d0047811_12211185.jpg

by fromhotelhibiscus | 2011-08-23 12:23

トヨタ張会長と会談

今日のメインは、トヨタの張会長と会談。武雄センチュリーホテルで開かれた佐賀県商工会議所連合会議員大会の講師として今回お見えになり、この機会を捉え、会談させて頂きました。
d0047811_2223112.jpg

張会長の佐賀とは非常に縁が深く、先祖は代々鍋島藩の教育指南方。ご祖父は佐賀県師範学校校長。今回佐賀でのお墓参りの後、武雄にお越しになりました。


もともと、張会長は、武雄市の人間国宝である中島宏先生とも極めて親しく、2年ほど前に、東京で、中島先生が、張会長に紹介して頂きました。そして、今日は、佐賀県の公安委員でもある内田佐賀トヨペット社長が中に入って頂き、会談という運びに。
d0047811_22225580.jpg

驚いたのは、その記憶力。私の本を読んでくださっていることにも驚き、それ以上に驚いたのは、初めてお会いしたときのことも克明に覚えておられました。僕は緊張していたので、ほとんど覚えてません(涙)。

今度の円の予想、円高下における日本の産業空洞化など、多岐に渡って質問しました。その際に、光富武雄商工会議所専務の見事なフォローで、武雄の新しい工業団地をアピールすることもできました。


私は幸運にも、張さんや孫さんのような世界的な経営者、橋下知事のような稀代の政治家の謦咳に接することが多く、欠陥の多い僕をなぜか可愛がってくださいます。このレベルの人たちにはある共通点があります。

それは、明るい、柔らかい、人の悪口を言わない、

この3つですね。
d0047811_22225014.jpg


それと、つくづく思うのは、今日このブログで登場した、中島宏先生、内田社長のように、とにかく、いろんな方々を紹介してくださる。本当に助かっています。

皆さんを見習いたいと思います。
by fromhotelhibiscus | 2011-08-22 22:24

「思い続ける」が力になる

昨日の西日本新聞の社説に、「思い続ける」が力になる、と題して、

東北地方の太平洋沿岸を中心に未曽有の被害をもたらした東日本大震災の発生から、5カ月以上が経過した。 この間「少しでも被災地の力に」と、遠く離れた九州でも多くの人が募金に協力し被災地に出向いてボランティア活動をするなど、支援に取り組んできた。

だが、日を重ねるごとに、被災地への関心が少しずつ薄れてきているのを感じる人も少なくないだろう。時の流れとはいえ、反省しなければなるまい。 被災地では、いまだに約4600人が行方不明であり、避難や転居を余儀なくされた被災者は8万人を超えている。

 「被災地の闘いはこれから5年、10年と続く。それぞれの段階で、できる支援もある。被災地への思いを長い間、持ち続けてほしい」。震災直後、ある災害社会学の専門家はこう呼び掛けていた。 復興への道のりは、長く険しい。私たちの身にも染み入る言葉である。

こうした中で、被災地へ思いを寄せる人々の力を結集して、九州から復興への歩みを後押しするイベントが22―28日、福岡市内で開催される。 震災の被災地を支援する官民組織「がんばろう日本」福岡・九州推進協議会などが主催する「『DO FOR JAPAN福岡から元気を』の一週間」だ。

期間中、観光客らと接する機会の多い福岡空港やJR博多駅などで働く1万人以上の人たちが「Do for Japan」のバッジを着け、笑顔とともに被災地に寄り添う福岡の思いを発信する。 「必ず復興します」-。福岡市・天神地区にある大型ビジョンでは、震災で甚大な被害を受けた宮城県南三陸町の町長や町民のメッセージも流され、市民へ支援を呼び掛けるという。

24日には、震災を最前線で見つめてきた河北新報社(本社・仙台市)の報道部長を招いた「市民の集い」も開かれ、九州に住む私たちが、どう被災地と向き合っていけばいいのかを考える。

仙台市で5月、がれき撤去のボランティア活動をした佐賀県武雄市の樋渡啓祐市長は「被災地を見て息の長い支援が必要になると感じた。そのためにも、被災地を思い続け、それを発信することが大切だ」と振り返る。かみしめるべき指摘であろう。一連のイベントを通し、被災地を支える誓いを新たにしたい。

大分県由布市では、24日開幕する「湯布院映画祭」で、これまでゲストとして登場した俳優の洋服などのオークションをして、収益金を被災地で映画上映会を開いている団体に寄付する計画だ。 今年5月の「博多どんたく」のパレードには、宮城県から仙台市の「七夕まつり」隊などが参加した。今月6日の仙台七夕まつりには、どんたく隊がしゃもじを鳴らしながら踊りの輪に加わった。被災者は大いに元気づけられたという。

こんな交流は今後も、ぜひ続けていきたい。私たちが「思い続ける」ことこそが、被災地の大きな力になるはずだ。

=2011/08/20付 西日本新聞朝刊=



新聞の社説に、政治家である僕の異例のコメントが掲載されますが、被災地支援を含め、いろんなことを行うにも、「思い続ける」ことが一番大切じゃないかって思ったのが、今日の、第5回東日本大震災チャリティーパフォーマンス「だいでんいっしょ」in武雄

武雄高校、武雄北中のみんな、ティーンズミュージカルSAGAの皆さん、が思い思いのパフォーマンス。僕も含めて、みんな、涙したそのひたむきさ。思い続けることが彼ら、彼女たちにしっかりと根付き、発信している。

昨日のこども議会に続き、こどもたちのいろんなことをこちらが教わった一日となりました。余談ですが、Twitterや市Facebookページを見て、県外からもお客さんがお見えに。ありがとうございました。
d0047811_22162265.jpg

d0047811_2216262.jpg

d0047811_22161967.jpg

by fromhotelhibiscus | 2011-08-21 22:18

こども議会は最高でした

武雄の夏の風物詩となりつつあるこども議会。
d0047811_16433323.jpg

d0047811_16433626.jpg

3年前に、松尾陽輔市議の一般質問での提言で始まったこのこども議会。

今日で3回目。昨年は、小学生、今年は、中学生。10組のみんながよく前調べし、かつ、質問も練習して、今日に臨んでました。再質問があるとは夢にも思わず(汗)。分からないのは分からないって徹底的に聞く態度は素晴らしいと思う。
d0047811_16432936.jpg

ぜひね、ユーストをご覧ください
d0047811_16431968.jpg


とある新聞記者さんと終わってから話していたんですが、

武雄のこども議会が盛り上がるのは、本物の議長が座って、市長を始め執行部が分かりやすく本気になって答えている、

と指摘。


通常の議会ではできない、iMacやスクリーンを持ち込み、動画もあったり、トロピカルフルーツの木があったり、工夫を重ねてましたが、武雄市議会にも波及してほしいと思いました。

こどもたちにもっと、市政が身近に。その結果として、今日のこども議員の中から、市長や議員が輩出することを心から望んでいます。良い一日でした。
d0047811_16432634.jpg

d0047811_16432247.jpg

by fromhotelhibiscus | 2011-08-20 16:44