<   2011年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

自問自答の旅に出ます

このブログを細々と始めたのは、6年前の出向中の高槻市役所時代。遠い昔と思いきや、まだ6年しか経っていないんですね。それから、市長選、リコール、浪人、出直し市長選、三たびの市長選と目まぐるしい動きで、市民の皆さんにはご迷惑をおかけした面も多々あったと思います。すみません。
d0047811_23294135.jpg

その間、関西大学の一括誘致、フジテレビドラマ「佐賀のがばいばあちゃん」の誘致、市民病院の民間移譲、先の大震災の被災者の方々の受け入れ態勢の構築といった大きな仕事から、市民の目線で行った水道料金の引下げ、固定資産税の引下げ、介護保険料の引下げ、みんなのバス、空いている庁舎の有効活用など市民目線で取り組んだことなど、上手くいったこと、失敗したこと、時には権力批判、マスコミ批判、楽しかったこと、悔しかったこと、いろんなことをほぼ毎晩このブログに拙い言葉で書いてきました。写真も自分が映っているもの以外、ほとんど、自分が撮りおろしたものであり、そういう意味では、手作りでした。

たった10行くらいのブログに2時間かけたりしたこともありました。一枚の写真を選ぶのに呻吟したこともありました。コメントに答えるために、3日間くらい同僚職員と議論したこともありました。

そうですね、この3年くらいは、ブログ見ているよ、とか、そのブログの意見違うんじゃないのか、と様々なご意見を頂くなど、市政を身近に感じて頂くこと、また、市政を対外的に情報発信できたことが少しばかりでもできたんじゃないのかって思います。1日のブログのアクセスが20万を超したときは鳥肌が立ちました。

別の面で振り返ってみると、 僕の身の丈を超すくらいに、とにかく、発信して、発信して、発信した。その結果、ふと、今日、自分の深いところにあるはずの水源地を覗いてみると、水がほとんどたまっていない。

そして、ブログを始めた6年前、知らない方が、ブログを見てるよ、って言ってくださると夜も寝れないくらいに嬉しくて、嬉しくて。しかし、今では、褒められることも、批判されることも、悪い意味で慣れっこになってしまいました。今晩、大村にいましたが、ブログのことで褒められたとき、ほとんど何も感じない自分がそこにいました。


そこで今日決心したのは、

自問自答の旅に出ること。

できれば、僕の原点に向かって旅をしていきたい。原点がどこにあるか分からないけど。

旅からいつ戻ってくるかは、今の僕には全く分からないけど、

戻ってきたときには、荷物を紐解き、紐解いた荷物から、リアルな言葉を紡ぎ出すことができるでしょう、きっと。

しかし、情報発信を声高に叫んでいることも事実だし、その必要性は十分に認識していますので、ツイッター市のフェイスブックでは、発信していきます。

このブログで、いつの日かお目にかかれること、そのときまで、さようなら。
d0047811_23313896.jpg

by fromhotelhibiscus | 2011-04-23 23:34

サンフランシスコ、発ちます。

今、サンフランシスコ国際空港。サンフランシスコの中心から、車でたった30分で着く。交通至便な空港。新しいし、光が燦々と入ってくるつくりになっていて好きな空港の一つです。

成田からの便で全く寝れなかったのは、コーヒーの飲み過ぎ、食べ過ぎと判明!?

西海岸滞在は4泊でしたが、体重75キロ(ベスト)から76.2キロに。セバストポールの公式行事として走ったこと以外に、セバストポールでもサンフランシスコでも、早朝、10キロ、必ず走ってましたが、体重は増えた(苦笑)。ま、昨年の今ごろは82キロだったんで、体調はかなりいいです。

セバストポールのガイ市長さんを始め市民の皆さん、終始アレンジ、アテンドをしてくださった水谷ご夫妻、そして、素敵なお子さん、サンフランシスコ総領事館の皆さんに改めて感謝し、これから飛行機に乗ります。成田まで11時間。8冊手元にありますが、特に、山崎豊子の「女の勲章」を読むのがとても楽しみ。音楽もiPodに1000曲。成田から福岡まで2時間。そこから1時間で武雄。武雄に早く着きたい。

では!!
by fromhotelhibiscus | 2011-04-20 03:48

サンフランシスコ総領事館へ

正確には、在サンフランシスコ日本国総領事館。今日はこちらを訪問。猪俣総領事も会ってくださるそうで、楽しみにしていました。セパストポールから車で1時間。ちょうど、博多と武雄の距離感です(強引か?)

セバストポールからも、ガイ市長、ジャックシティマネージャー、セバストポールワールドフレンズのバル会長、水谷さんほか。こちらからは、杉原前議長、山内ワールドフレンドの福田会長、大渡副会長、ジャックのホームステイ先の山田さんご夫妻ほか。とっても盛り上がりました。猪俣総領事のユーモアあふれる、それでいて洗練された受け答え。いろんな大使や総領事と会ってきましたが、この方はさすがでしたね。
d0047811_10164153.jpg
d0047811_101634100.jpg


それと、かなりセキュリティが厳重。アポ無しでは100%入ることは不可能。ビルの2フロアーが領事館となってました。以前伺った大使館(どことは言いませんが)とは違って、活気が。猪俣総領事の指導力を感じました。官民問わずいろんなところにいきますが、活気のないところは、トップに問題があるところが多いですね。うちもそう言われないようにしなくては(笑)。


これで西海岸出張、全日程を終え、明日帰国の途につきます。セバストポールと山内町。そして、今年から武雄市。名ばかりではない姉妹都市友好。26年の市民同士の交流を鑑とし、さらに、中学生同士の交流を基調にしながら、広く、深く、交流が進むように頑張りたいと思います。市民各位のご理解とご協力をお願いします。
by fromhotelhibiscus | 2011-04-18 22:54

初レース。しかもアメリカで。

またまた昨晩は爆睡。昨日のエポックメイキングと言えば、なんと、ロードレースにいきなり出場。

このロードレスは、未曾有の地元小学校の財政危機をいくらかでも救うための、募金を兼ねているもの。興味深かったのは、参加料(12ドル)を払って、Tシャツを頂けるんですが、それでいやあ、小学校に貢献したよね、と思ったら、そこは甘い。子どもたちもTシャツを買うんですが、そこからが凄い。走った証、私たち頑張ったよね、ということで、お父さん、お母さんや地域の人たちにさらに募金を呼びかけることになっている。だから、 Tシャツを買った僕らも、そこで終わりじゃなくて、地域の人たちに募金を募らなくてはいけないことになる。
d0047811_22423557.jpg

それにしても、財政危機は半端じゃない。補助金カットのあおりを受けて、遠足どころか教科書まで買えない、異常事態。教育は州なので、市に文句言っても始まらない。そこで、みんなが、寄付だったり、こんな、募金だったりするわけですね。この募金集めは、ちなみに子どもたちが主催となっています。
d0047811_22425185.jpg

それはともかく、やっぱりアメリカ。しかも西海岸。いい意味で、ユルい。スタートの時刻も、距離もよく分からず。人によって、3マイル、いや4マイルだ、とのこと。1マイル=約1600メートルだそうです。

給水ポイントは3か所。交差点にはボランティアの皆さん。大体10人くらい。前の市長のサラさんも、交差点に立っておられた。昨年10月から、割とまじめに、僕にとっては大いにまじめに走っているせいか、中の上。しかし、初レースがいきなり出場、しかも、アメリカっていうのが笑えました。
d0047811_2244472.jpg

僕の場合、何度かブログにも公言してましたが、歩くの嫌い、走るのもっと嫌いでしたが、人間変われば変わるもの。去年の10月から始めて、 もう

NO RUN , NO LIFE状態(笑)。


早朝ランが終わった後、セバストポール見学となりましたが、本当に市民の皆さんにはお世話になりました。特に、私たちは、水谷夫妻には大変お世話になりました。水谷夫妻は、現地でも大人気。水谷夫妻と意気投合できたのも、今回のセバストポール出張の大きな収穫となりました。真ん中のお二人が水谷夫妻。赤いTシャツは、セバストポール市の事実上の市長となるシティマネージャーのジャックです。こっちのMayorは、議会の互選で部屋もなければ給料も上がらない。日本の議長に近い存在ですね。そして、この議会がシティマネージャーを雇ったりクビにしたりできる権限があります。これは強烈です。このシティーマネージャーは、常勤でスタッフもいる。アメリカと日本ではこの辺もかなり異なります。
d0047811_22424065.jpg



今日は10時から、セバストポール市長、水谷さんたちとご一緒に、サンフランシスコ総領事と会います。それと、ヒミさんが絶対会ってね、と言っている原田主席領事や後輩の長岡領事と会うのも楽しみです。
by fromhotelhibiscus | 2011-04-18 22:50

姉妹都市、結びました。

昨日、セバストポールに着いてそのまま懇親会。飛行機の中で珍しく寝れなかったので、泥のように寝て、今朝はすっきり。

一年に一度のセバストポールのアップルフェスティバル。その昔、このまちは、アップルエンパイアー(帝国)と呼ばれるくらい、生産と流通の拠点だったのが、今は昔。りんご農園はすっかりワイン用のぶどう畑に変わっているとか。それはともかく、この1日のために、セバストポールはあるというくらいにまちが盛り上がるとのこと。

人口5千人くらいでどれほどかと思っていた、私が馬鹿でした。車でのパレード、その車は優に100台は超すし、しかもでかいのばかり。近隣のまちから集まる、集まる、その数1万人とのこと。1キロの目抜き通りはパレードに変わります。そのパレードに、ガイ市長と僕、助手席に杉原前議長が参加。
d0047811_14404856.jpg

シスターシティー!!
d0047811_14413952.jpg

という歓声と拍手と。感動しましたね。さすが四半世紀を超す山内町とセバストポールの結びつき。また、今度、書きますが、午後はセバストポールと武雄市の姉妹都市締結。サンフランシスコ総領事館からも長岡領事(僕の総務省の後輩)がお越しに。これは締結というより再締結。山内町と武雄市が合併したことに伴うものだからです。

この調印式もかなり盛り上がりました。皆さん、ありがとうございました。
d0047811_1442406.jpg
d0047811_14434437.jpg

夕方はレセプション、夜は先ほどまで、大邸宅で持ち寄りのパーティ。セバストポールの皆さんの温かさを感じた一日となりました。
d0047811_14472829.jpg

by fromhotelhibiscus | 2011-04-17 14:50

今からセバストポール行ってきます。

今、成田空港。これから、サンフランシスコ空港へ。9時間。それから、1時間かけて、山内町の姉妹都市だったセバストポールへ。杉原前議長、福田ワールドフレンズ会長らとともに、セバストポールに出向き、武雄市と改めて姉妹都市締結の調印。その他、アップルフェスティバルへの出席、サンフランシスコ総領事との面会など、4泊6日の日程で行ってきます。今、古賀秘書官から詳細の日程表のレクなう。見ていたら、びっしり。相変わらず詰めてもらっています(笑)。では、元気に行って参ります!!
by fromhotelhibiscus | 2011-04-15 16:47

今朝の朝日の記事はデタラメ。

今朝の朝日新聞をあけて、びっくり。ま、佐賀面だから広がりは出ないし、静観しようと思ったら、なぜか、県外の知り合いの記者から僕に問い合わせ。何で知ってるの?って聞いたら、ネットに載っているよ、とのこと。

いやあ、インターネットで怖いですね。こんな記事です

朝日の記者は格差というかとんでもなく良い記者もいれば、全く逆もいます。これだけ格差記者を抱える新聞社も珍しい。前に書いたような気がしますが、市民病院の民間委譲のときも、両方の記者が僕のところに来て、紙面を見て混乱しました(苦笑)。

で、なぜ、この記事が問題なのか。圧倒的な取材不足に、初めからストーリありきのでっちあげ。僕はこの組合のナンバー2の副管理者(トップの管理者は伊万里市長)だし、首長会議のメンバーでもあります。記事にあるような中身はまず存在しない。

あのね、朝日の記者さん、処理方式はまだ決定されていないよ。もっと詳しく言えばね、同紙では、「「スラグ方式」の採用が決まった」と報じてますがね、処理場を設置する佐賀県西部広域環境組合(伊万里市、武雄市、鹿島市、嬉野市、有田町、大町町、江北町、白石町、太良町で構成)の市長、町長会議においてスラグ方式が了承されたにすぎず、処理方式は、今後、処理場を設置する佐賀県西部広域環境組合の議会において決定されるものであるからです。現在、処理方式検討の途上。市民病院の民間委譲もそうだけどね、あくまでも決めるのは議会ですよ。

処理方式の検討に当たっては、「地元の方々の安心・安全」と「最終処分場の縮小化」を第一に据え、決定されなければなりません。これは地元からの要望でもあります。この考えに立ち、佐賀県西部広域環境組合のごみ処理施設建設委員会(構成市町の副市長・副町長で構成)、担当課長会議で処理方式の再検証が進められてきました。構成市町の首長の意見も意見交換はあったものの、割れてはおらず、一転して決まったってとんでもない。積み重ねの上で決めたんです。それと、近々、地元の方々の意見などを伺う説明会が予定されていますよ。伊万里市長と今日、話したけどね、先日、地元に入って、その説明会のこともちゃんと言った、と話されていましたけど。

しかし、新聞って、いいよね。滅多なことでしか訂正出さないし、しかもね、出したにしても見えないところにほんのちょっぴり。よく、それで、東電とか政府とか偉そうに追及できると思うよ。既存政党への不信感もさることながら、既存新聞への不信感、市民病院の民間委譲のときもそうだったけど、あのときは、泣き寝入りしてました。しかしね、言うべきことは言おうと思っている。朝日新聞の伊豆丸さん、反論があれば反論してください。僕が間違っていれば、真摯に認め、謝罪します。
by fromhotelhibiscus | 2011-04-14 23:59

中村伊知哉さんが名誉館長の武雄市MY図書館オープン

今日は、武雄市MY図書館のオープニングの記者会見。配布資料等はこちら
d0047811_19371830.jpg

「武雄市MY図書館」は、iPad用図書館アプリを用いて、図書館に行かなくても自分のiPadから図書を借りられるサービス。図書館が遠くて行けない人や、子育てのため行けない人、障がいをお持ちの方など、すべての市民に等しく図書館の図書に親しむ機会を提供することを目的に、実証実験として実施します。
d0047811_19371434.jpg

利用者はiPad用の図書館アプリ「武雄市MY図書館」(アプリ開発:コアラ)を使って、24時間いつでも図書を借りられます。1度に借りられるのは5冊までで、15日間利用可能。

iPadを持っていない人のために図書館で10台のiPadを準備し、iPadごと貸し出すサービスも提供するのも武雄市ならでは。実証実験は佐賀県内在住者または武雄市に通勤・通学し、武雄市図書館・歴史資料館の図書利用カードを持っている人が対象で、1000名を上限に実施します。

サービス開始時は、市が著作権を有する図書や著作権保護期間が終了した著作物から貸し出しを行い、順次著作者の許諾を得た図書を追加。また、障害者などに対するデジタル図書館サービスの整備を目的に、既存図書のデジタルデータ化も実施する計画。この計画と並行して、市内の小中高校生の作文や市内在住者、武雄に関係の深い方々から、小説、ノンフィクション、自伝などを募集し、一定の審査を経た上で、MY図書館に登録します。今年度中に第一回の募集を行い、登録します。
d0047811_19371012.jpg

ちなみに、今回の実証実験は慶応義塾大学との共同プロジェクトとして実施し、武雄市MY図書館名誉館長に中村伊知哉慶応義塾大学大学院教授が、名誉副館長に菊池尚人慶応義塾大学大学院准教授が就任。また今後、武雄市図書館デジタル化推進協議会を大学などと連携して設置する予定。


もともと、昨年の今頃、市長選のときにこまめにミニ集会を開いてましたが、その際に、何度も、図書館の分室が欲しいというお声が。しかし、それは財政面から言っても現実的では無いと思っていましたし、僕は嘘を言うのは嫌いなので、「そんなことできません!」と言ってましたが、何とかしたいなあと思っていました。

そんなときに出てきたのが、iPad。もうこれだと思いましたね。今日、テレビニュースでも僕のコメントが流れていましたが、本来公共図書館の使命は、市民がどこでも、いつでも、本が読めるというものだと思うんです。そういう意味で、図書館の本をiPadに載せる。ツイッターでつぶやいたのが去年の8月。相変わらず過激なことを書いています(笑)。ここまでこぎつけるのも、大変な調整がありました(という報告を受けました。)。僕は方針を示すだけで、あとは、総務省を辞めて見習いから入った小松政さん、政治と行政と学問の結節点にいる菊池准教授、電子書籍でも第一人者である中村イチヤ先生、コアラの皆さん、総務省、文部科学省の皆さんに心から感謝申し上げます。

私自身は、今まで、関西大学の高槻誘致、武雄市民病院の民営化に取り組んできましたが、それ以上のインパクトをもたらす事業として、大きく育てていきたい、そう思っています。
d0047811_1937659.jpg

by fromhotelhibiscus | 2011-04-13 19:51

濱渦伸次という人間

ちょうど1年前は市長選のまっただ中。僕の不徳のいたすところで、誹謗中傷のオンパレード(笑)。4年間はかなり気を遣って発言していました(あれでも。)。それと、かなり人の話を聞いてました(あれでも。)。

しかし、僕への非難は、自由奔放な発言、独裁、人の話を聞かない、説明責任を果たしていない、といったもの。


僕は悟りましたよ。何を言っても、どう動いても、批判する人たちって必ずいる。特に今日も佐賀新聞に書かれていたけど、武雄は政争のまちで名高い。それであれば、政治家を英語でstatesmanと言うように、主義主張をしっかり述べよう(state)と思ったんです。その審判は、4年後(今から3年後)の市長選で受ければいい。上げたい人たちは僕の名前を書いて頂き、落としたい人は、僕の対立候補の名前を書けばいい。ただ、あるのは、目先の票のために、医師会や建設協会のような圧倒的な力を持つ団体や業界に媚を売るようなことはやめよう。社会的や身体的に弱い立場の皆さんの側に立って、発言しよう、行動しようと。それで選挙に落ちても全く悔いはありません。

僕は、齢41でそんなことを悟りました。特に、この1年、21億円の住民訴訟に深く関与している共産党の平野/江原コンビや民主党の「日本維新の会」と僕から見ればおかしなことを言う原口一博前総務大臣、県議選にまともに首を突っ込む医師会といった強大な権力と戦ってきたこと、さらには、これもまた賛否両論ありますが、大震災後の僕の行動などで、数多くの人たちが、僕や武雄市、武雄市役所に興味を持ってくださり、武雄を訪れたり、いろんな人を介して、僕に会いたいというオーダーが山のようにあります。

しかしね、僕は人口5万の一介の田舎の首長。力があるわけないし、僕の内面を見ても、協調性や集団性はほぼ無い。いや、無い(苦笑)。言いっぱなしも数知れず、撤回修正はもっと多い。首長としても集団のトップとしても、規格外。参考にならない。応用も難しい。それは良く分かっているつもり。だから、期待されると困るんです。


d0047811_23562320.jpgそんな中、名前は伏せますが、僕が尊敬してやまない経営者かつバイヤーが、この人だけにはぜひ会ってくれ、ということだったんだけど、さっきの理由であんまり会いたくなかった。しかし、会ったら、意気投合。しかも、20代。20代で初めて、僕と同じ考え方、方向性。地域の発展のための雇用の重要性、ソーシャルネットワークとビジネスの関連。で、しかも、僕がさっき書いたことをとうに悟っている。嫌いな言葉が「無理」。僕と一緒。歳は関係無いって改めて確信した。フェイスブックの達人ということもあり、いろんなことを教えてもらった。

その名前が、濱渦伸次

もう、はまちゃんと呼んでいるけど、このはまちゃん、あと5年もあれば、大をなす人間となります。宮崎に注目しましょう。武雄のとんがっている人たちはもちろん、日本中の僕が信頼する人たちに会わせて、化学反応を起こさせます。つながる、つながる。

こちらがはまちゃんのフェイスブック。友達申請してくださいね
by fromhotelhibiscus | 2011-04-12 23:59

桑野和泉さんの提論

今日は、私が言うまでもなく、大震災1か月を迎えました。もう1か月か、まだ1か月か、いろんな思いが交差されていると思います。その中で、昨日のことですが、友人の由布院玉の湯 桑野和泉代表取締役社長が西日本新聞に。

日頃、私が述べていることが、桑野さんの柔らかな筆によって、さらに、広がりとつながりを生む、見事な論考になっています。しかも、奏でる言葉が美しい。僕のような実務家は、緊急の政策を企画立案する際に、どうしても歴史的視野や他の地域との関連といった視点がどうしても薄くなるし、特に僕なんか、その傾向が強い。

その中で、評論家や現場から離れた大学教授ではあり得ない、経営を行っている、あるいは、組織に属している、現場を知悉している人の視点は、やっぱりいいですね。自分を相対化できる。ぜひ、ご覧ください。
d0047811_2236206.jpg

by fromhotelhibiscus | 2011-04-11 23:10