<   2011年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

秘書とは

d0047811_22272484.jpg

よく聞かれるのは、樋渡さんの秘書って大変でしょうって声。本人に聞いてほしいって言ってるんですが、きっと、本人も「大変」って言ってることでしょう(笑)。


12年間いた霞が関で、若手の官僚が目指すのは、大臣秘書官です。早ければ入省14年目くらい課長補佐でなれますし、今、僕の同期が何人か秘書官やっていますが、同期どころか2年にいっぺんしかまわって来ないことも。これが局長(みんながみんな局長にはなれません)への登竜門と言われる所以かも。ちなみに、佐賀県では、古川知事、樋口鹿島市長はそれぞれ自治省、農水省の秘書官を務められています。

僕は、秘書官適齢期よりもとうの昔に霞が関を辞めたのですが、ゆえあって、自伝「首長パンチ」の中で書いた沖縄時代に、しばらく、鈴木宗男さんの鞄持ちをやっていました。そりゃ、大変でしたよ(笑)。しかし、僕は鈴木さんから多くのことを学びました。

今それができているかどうかは別にして、気配り、細やかさ、大胆さ、胆力、義理、人情・・・。僕は、秘書の役割というのは、孤立無援となりがちな(特に僕はそうなる)トップを精神的にも情報的にも支え、トップに耳の痛いことを直言し、なおかつ、トップの考えを受け入れやすいように広めることだと思っています。一言でいえば、トップを「先回り」して待つ能力かなと。

僕の秘書は古賀龍一郎さんですが、溝上さん、井上さん、大野さんに続いて4代目。もう一人の秘書は、女性ですが、吉原さんに続き、古田さん。それぞれ、素晴らしい。古賀さんは、初めて同級生ですが、僕にない大胆なキャラを持っています。僕に言えないことは、古賀さんに言ってください(笑)。


この写真は、宮城県登米市での僕の講演の後に、議会主催の懇親会があったのですが、いきなり、古賀さんご指名で挨拶をしていました。普通、僕でも動じますが、彼は、淡々としかも笑いを取って話していました。恐るべし。全国に名だたる名秘書官目指して頑張ってください。
by fromhotelhibiscus | 2011-01-31 22:27

心外とはなんだ!!

d0047811_2321757.jpg

今日は、岡山県美作市で30年以上にわたり、安全、安心、本物作りをモットーに有機農業に取り組まれている宇野岱宏さんをお迎えして、講演。私を含め武雄市役所営業部が切望していた講演会で、期待以上でした。

有機農業を中心に、人生論、マーケティング、ICT、販路開拓、ネーミング、ブランディング、ユーモア、プロフェッショナルの必要性まで、1時間半、ノンストップパワープレイ。ほんと、こんなに面白く、感動的な講演は久しぶりでした。質問も1時間に及び、来られた方のアンケート結果を見ましたが、皆さん、満足。渕野営業部長が言っていましたが、ぜひまた、武雄にお呼びしたいと思っています。


それはそうと、極めて残念なことがありました。それは、宇野さんへの質問の中で、こんなものが。

行政に何かやらせたいと思ったことはなかったか?私は農業をやっていないけど、TPPは日本農業を壊滅されるものとして、大反対で、宇野さんがTPP賛成というのは心外だ。

それに対して、宇野さんは、極めて冷静に、

行政に頼るのは間違い。重い荷物を背負って歩いているときに、向こうから人がやって来て、持ってもらえるだろうなと思ったら、かえって荷物が重く感じるのと一緒。私は補助金や行政に頼ってこなかった。むしろ、そんなものに頼っていたら、行政の言いなりになる可能性が高くなる。商売というのはそういうもの。TPPはもし、あなたがそう思っていたのなら多いに結構で、言うだけではなく、農業経営者をそうやって応援してほしい。私は何も一気呵成にTPPが進めばいいと思っていないし、段階的に進めばいいと思っている。それよりも、TPPは時代の流れで不可避だと思うし、そのために、対応策を考えるべきではないだろうか。幾多の危機を、日本人は叡智と努力で乗り切ってきた。私はそんな日本人を信じたい。

と。


天晴れ。あっぱれです。私が問題視したいのは、「心外」というもの。心外とは、辞書を紐解くまでもなく、予想に反することが起こり、裏切られたような気持ちになる、というネガティブな意味があります。私も全国いろんなところで講演しますが、もし、質問で「心外」と言われたら、僕帰ります。そんなことはわざわざ忙しい時間を割いてお越し頂いている講演者に言ってはいけない。それはルールだと思います。思うのと言うのは別問題。

市民の一人として、また、市民を代表する立場として、本当に恥ずかしく、情けなく思いました。

ま、ただ、言った本人が、共産党の元議員田崎さんという御仁ならば納得(絵描きの田崎さんは民主党。)。上から目線で、自分と違う意見ならば、市民病院問題では妙竹林な公開質問書を出したり、リコール、住民訴訟なんでもござれ。ま、平野議員が、赤旗を職員に押し付けたり(今は禁止していますが)、江原議員が、Iターンの職員を公開の議会の場でいじめたり、この人だけじゃないんですね。

誤解されているようですが、僕は共産党が骨の髄まで嫌いという訳ではありませんよ。大学時代、仲の良かった同級生の数人は共産党員だったし、総務省時代、国会担当だったときは、共産党の国会議員から政府の政策の矛盾点を教えてもらったり、高槻時代は、立場は違えども議論はよくしてました。僕は党派で色眼鏡で見ない。しかし、武雄の人たちは正直怖いです。


そのような中で、僕は確固たる信念で笑みを絶やさず、質問に丁寧に答える宇野さんを拝見して、こんな人になりたいと思いました。宇野さんのブログはこちらです。見応えあります
by fromhotelhibiscus | 2011-01-30 23:05

Facebook 世界を征するソーシャルプラットフォーム (ソフトバンク新書)

今、手当り次第にフェイスブックの本や雑誌を読んでいますが、日本の特色からか、ごちゃごちゃ書いてあるのが多くて、なかなかこれだ!!っていうのに巡り会わなかったんですが、その中で、これは良著。

Facebook 世界を征するソーシャルプラットフォーム (ソフトバンク新書)

「フェイスブックって何?」レベルの人が読むにはもってこい。この新書が説得力を持つのは、著者自身が、2007~08年に、フェイスブックがアメリカで急成長する様子をユーザーとして現地でリアルタイムに実体験していること。しかも、テレビマンらしく読みやすい。


それと、雑誌では、週刊 ダイヤモンド 2011年 1/29号が良かった。イマイチ使い方が分からないいろんな機能や、一体、これがどこまで読まれているのか、という素朴な疑問が、図で分かりやすく。読み物で面白かったのは、実際、ファンページ立ち上げのストーリー。
d0047811_10113158.jpg


2月7日(月)19時〜、武雄市役所でフェイスブック講習会行いますので、ぜひ、お越し下さいね
by fromhotelhibiscus | 2011-01-30 00:01

自民党、いい加減にせい。

先週、最も頭に来たのは、国会の代表質問。もちろん、菅総理の答弁内容にもあきれ果てたけど、それ以上に、谷垣総裁の質問。2011年度予算案について「マニフェスト(政権公約)は虚言だった」と主張、「潔く過ちを認め、これを撤回し、有権者にお詫びしたうえで信を問い直すべき」として早期の衆院解散・総選挙を求めてましたが、これはおかしい。

お詫びで信を問われた国民の立場に立ってみてほしい。信を問うのは、小泉さんのように郵政に賛成か反対か、与党の一丁目一番地の重要政策についてのみ。そんな、お詫び解散は大義名分なりませんよ。解散となるとその前後には、また3か月程度の政治的空白が生じる。TPPや外交、経済政策など、全部、ストップしてしまう。まだ、衆議院議員の任期は折り返し地点にも達していない。国民が解散なんか望む訳がない。

書生論になってしまうけど、それでも、解散というならば、対立軸は、大きな政府か小さな政府か、あるいは、消費税賛成か反対か、といった明確で国民に分かりやすいものでなくてはならないと思う。

さらに問題なのは、消費税を含む税制抜本改革の与野党協議に自民党が参加しないこと。テーブルに乗って、正々堂々話せばいいのに。まず、政府・民主党の考えが先だ、といって、協議の先延ばしをはかっているようだけど、しっかりオープンな場で話し合えばいい。時間がもったないよ。時間がもったいないといえば、衆議院予算委員会に野党が欠席していたけど、これもおかしい。自民党の国対委員長が、「民主党は国会を破壊している」と言っていたが、欠席している自民党は、まさに、給料泥棒。あなたたちは、国民の生活を壊している。ここでも、しっかり議論せいよ。

万機公論に決すべし。野党は議論するだけ議論して、一方で、与党は政策実行をきちんとやって、その是非は、国民が判断する。野党の責任もまた重い。
d0047811_14484122.jpg

by fromhotelhibiscus | 2011-01-29 14:50

関西懇話会、関大

今回の出張は、ひどい風邪で、行くのをやめようかと思ったくらい。こんなことは初めて。

早速、MBSラジオ収録でしたが、広澤克実さんとDR.イトーさんの対談でゲスト。僕の後は川崎麻世さん!

広澤克実さんとDR.イトーさんと僕でとにかく盛り上がる、盛り上がる。お二人も鋭いこと言っていましたが、広澤さんの野球談義はやっぱり面白い。放送日決まったら、また、ブログに書きます。でも、これって関西だけですね。しっかり、武雄のPRしてきました。


メインは、TAKEO関西懇話会。こちらをご覧ください。スペシャルゲストとして、橋下徹後援会会長の奥下素子さんが。橋下知事よりも挨拶は上手い(知事、失礼。)。知事か奥下さんがお越し頂くことになっていたんですが、知事は、例の人と会食でしたね。だからか、関西懇話会の最中に、新聞記者さんたちから、僕にまで電話が。「橋下知事と一緒じゃないよね。どこいるか、分かる?」
d0047811_2154374.jpg
d0047811_21541061.jpg
d0047811_21541429.jpg

新内枝幸太夫さんのお声は見事でした。師匠ありがとうございました。


僕自身、大阪府高槻市に2年9か月お世話になったこともあり、大阪、関西にはいろんな結びつきがあります。私自身も媒介、触媒として、いろんな皆さんたちを結びつけようと思っています。

最近思うのは、僕の仕事って何だろうって。確かに、リーダーシップを発揮して(首長だから当たり前なんですが)、市民の思いを聞きながら、いろんなまちづくり、政策を進めていくこと(すなわち、垂直的行動)なんですが、それと同じくらい大切なことは、人と人を結びつけること、つながりをつくること(水平的行動)なんですね。幸いにして、今回の大阪では、経済人の皆さんとの朝食会も含めて、いろんな方々と知己を得ることができたんですが、「あの人には、この人」っていう感じで、どんどん接着しようと。


今回の出張の最後は、関西大学訪問。関大OBの川崎佐賀県教育長に随行しました。この川崎教育長、豪放磊落を絵に描いたような人で、見てくれ含めてとても県庁公務員とは思えない。今日、阪急電車の中でも一緒でしたが、ずっと、教育談義。かなり勉強になりました。

関大では、伝説の森本顧問、高槻時代からお世話になっている小西常務にお会いしました。
d0047811_21541662.jpg

関大と言えば、高槻ミューズキャンパスの誘致に没頭していたときに、一人になりたい時、キャンパスをうろうろ歩いていました。僕は7年前を思い出しながら、教育長はご自身の学生時代だから、40年前ですかね、懐かしそうに歩かれていました。


いろんな突き抜けた人たちと会い、再会し、充実した大阪出張となりました。お陰で、風邪は完全に治りました。沢山のメールを頂くなど、ご心配おかけしました。


明日は、日経ビジネスの取材やら何やら入ってますが、日程表見るの怖い。明日朝、見ようと。
by fromhotelhibiscus | 2011-01-28 22:03

全羅南道と佐賀県の交流

d0047811_23271240.jpg

d0047811_23271410.jpg

大韓民国全羅南道の朴晙瑩(パク・ジュンヨン)知事と古川康佐賀県知事との間で全羅南道と佐賀県の友好交流協定が締結が今週、締結されました。

武雄市も動きます。ちょっと数年かかるかもしれませんが、ご期待ください。

それにしても、古川知事のダイナミックな動きには、振り落とされそうです。スピード大好きの僕が言うんだから間違いありません。スピード、ダイナミックな動きがあればこそ、こういう交流というのはどんどん広がって行くんだろうと。


やっと風邪が治ってきました。今、大阪にいますが、早く武雄に帰りたい。風邪は治すべきとき(ひき始め)に集中して治すことが一番だと悟りました。治すのもスピードが大事ですね。
by fromhotelhibiscus | 2011-01-27 23:59

武雄温泉楼門消火訓練

d0047811_11333850.jpg
d0047811_113412.jpg
d0047811_11343496.jpg
d0047811_11345958.jpg
d0047811_11352361.jpg

今朝は、年1回の文化財火災防御訓練。武雄市の場合は、武雄のシンボル武雄温泉楼門です。言い方が適切かどうか分かりませんが、すっかり厳冬の風物詩となっています。

挨拶でも言いましたが、消防団、消防署、旅館関係者の協力の賜物で、武雄温泉の楼門が守られています。しかし、心配なのは、今日で11日連続乾燥注意報。ニュースで見る関東ほどではありませんが、武雄もかなり乾燥しています。

もし、不幸にして火災が起きた場合、初期消火が一番大切だと、今日の訓練でもお見えになっていましたが、大坪前消防団長から教わりました。

今日、参加された皆さん、寒い中お疲れさまでした。
by fromhotelhibiscus | 2011-01-26 22:22

異質なものを入れないと組織は滅びる。社会の先陣を切る

今朝の朝日新聞は大きな反響がありました。それもそのはず、うちの職員が、私を除いて3人も掲載。

小松政さん、古賀敬弘さん、山田恭介さん。

本当に嬉しい。この三人は全て武雄出身ではありませんが、本当に良く頑張っている。その頑張りの傍らで陰湿な議会質問もありました。江原議員さんという市民病院民間移譲で住民訴訟を煽動している御仁なんですが、この人なんか、ある特定の人物の過去を暴くなど、とんでもないことをやってのけるんですね。お陰で、その対象となった男性は、未だに精神的なトラウマを抱えています。僕はこういう脅迫じみた質問があったからこそ、職員が萎縮してしまい、潜在的能力が発揮できなかったと確信しています。こういう質問から職員を守ることが、首長の役割でもあるわけです。今は彼も大分元気無くなってきたけどね。


僕は、組織というのは、単一な人種ばかりだと滅びると思っています。今の霞が関が弱いのも、東大卒の似たものばっかり。国会議員も与野党問わず、官僚出身や2世がはびこる。鳩ぽっぽも小沢もそうですね。武雄市役所も武雄出身の大卒なりたての人ばかりだった。しかし、年齢、出身、バックボーン、いろんな多種多様な人間が集まることによって、そこには摩擦が生じ、摩擦がエネルギーになる過程を生み出したい。ちなみに、お結び課の古川課長は民間登用で60代後半です。活力に年齢は関係ありません。

だから、今、武雄市役所が内外から元気があると評価されるに至っていると思います。今日の記事は本当に嬉しかった。江原さんに、3月議会の一般質問で感想を聞いてみようっと。
d0047811_23154994.jpg

by fromhotelhibiscus | 2011-01-25 23:16

武雄市鳥インフルエンザ予防緊急対策会議

今日は、鳥インフルエンザ予防緊急対策会議を開きました。とにかく、危機管理は、早め、早めにできることをやること、そして、情報の共有/徹底が何よりも大事。また、いろんなところで市民の皆さんにお話をしていこうと思っています。
d0047811_22565957.jpg


武雄市は人口5万1千人。さて、鳥は何羽でしょうか?

正確な数字(飼育鳥等)で、29万羽弱です。佐賀県全体の3分の1。びっくりでしょう。市内で一番大きな養鶏場で8万羽。


佐賀県内では現時点で鳥インフルエンザの発生報告はありませんが、死んだ野鳥を発見した場などは決して近づいたり触ったりせず、市役所農林商工課(0954−23−9335)など関係機関へ連絡をお願いします。
d0047811_2258218.jpg

by fromhotelhibiscus | 2011-01-25 22:57

レモングラスを使った練り歯磨き、ローションの発売

今日は記者会見。武雄産レモングラスを使った新製品(練り歯磨き&ローション)。昨年5月に、ミゾタの井田社長にレモングラスを使った新製品を作ってください、とお願いしたところ、半年という驚異的な短さで、新製品の発表。使ってみたんですが、これはいい。記者会見でも言いましたが、この商品がきっかけとなり、さらにレモングラスが広がればいい、と思っています。
d0047811_20193385.jpg

d0047811_20203095.jpg

その後、時間が少し空いたので、文化会館へ。この方主催のパソコン教室。乱入し勝手に挨拶(笑)。インターネットやツイッターの可能性をお話ししました。その中に見慣れた人が。武雄のレモングラスの立役者の一人、70をはるか超されているはずの藤川さんが。学び始めるのには年齢は関係ないと思いました。敬意を表したいと思います。
d0047811_20205276.jpg

d0047811_20211779.jpg

高齢者といえば、その後、愛情野菜の総会へ。こちらもまた元気、元気。ストマックフルーも吹っ飛ぶような迫力でした。
d0047811_20221769.jpg

d0047811_20213768.jpg

楽しい一日でした。
by fromhotelhibiscus | 2011-01-24 20:26