<   2010年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

大統領オバマは、こうしてつくられた

最近は、村上春樹の1Q84にはまってますが、それと並行して、分厚い「大統領オバマは、こうしてつくられた」を読んでました。どこかの新聞、朝日かな、書評で面白そうに書いてあったので、購入。

大統領選にフォーカスした大作。あんまり厚くて手が痺れるくらい。462ページ。ただ、登場人物が多い。でも、翻訳もこなれていて、サクサク読めます。それにしても、アメリカの大統領になるには、どれだけ大変かよく分かりました。陣営の中でも権謀術数、マスコミとの壮絶な確執、候補者同士の神経戦。

しかも、今回はどんでん返しも何度かあり、その頂点が共和党のペイリン副大統領候補。あんなにいい加減に選ばれたとは。オバマとクリントンとの血で血を洗う決闘から、和解。その後の、オバマとマケインのジェットコースターシーソーゲーム。笑えるのは、クリントン元大統領のピエロというかジョーカー振り。


今、日本では民主党の中で、内紛が起っていますが、この壮大なアメリカ大統領選と比べれば、小さすぎ。比較すること自体があほらしいのですが。

やっぱり本は素晴らしい。


「首長パンチ」ですが、武雄では、日の出書店に。1000冊あるとのこと。どなたが買っていただくんだろうって冷や汗が。それと、凄まじい手書き宣伝。ありがたい。
d0047811_23111314.jpg

上田哲也君によると、福岡の紀伊国屋でも陳列開始。
d0047811_2315382.jpg

Amazonに書評をお願いします
by fromhotelhibiscus | 2010-12-09 23:02

藤川奈々さんの首長パンチ炸裂♪

今日も議会。一般質問。傍聴に、ニューヨークからこの方が。傍聴席でオーラ発して明らかに浮いてる(笑)。休憩中、久しぶりにお話ができました。


何だか、今日はブログのアクセス数がぐんぐん上がるなあって思ったら、やっぱり、この方のおかげ。 yahoo!ブログ人気ナンバーワンの武雄市観光大使の藤川奈々さん。恐るべし、ありがとうございます

NYのヒミさんといい、藤川さんといい、市外県外の皆さんにも支えられていることを痛感。首長パンチ、Amazonでも始まりました。ぜひ、どうぞ
d0047811_22382961.jpg

by fromhotelhibiscus | 2010-12-08 22:39

首長パンチ、重版決定

d0047811_2320076.jpg

今日は、議会一般質問。議会の休憩中に、私の携帯に一本の電話。講談社の藤さんからでした。

今日、市長の「首長パンチ」、都内の主要書店に並びましたが、売れ行き、予約など凄まじく、即重版が決定しました。すごいです。すごいです。

とのこと。


出版業界に縁の無い僕は、ポカーン。議会が終わって、この本の構成に携わった竹林さんに電話したら、竹林さん。

それはすごいことですよ。出版日即日重版なんて聞いたことがありません。だって、まだ、関西の書店には並んでないんですよ。

珍しく、竹林さん、興奮。


それでも、実感が湧かず。それよりも、僕は、昨日ブログに書いた初稿後の苦行勤行の方が印象に残る。竹林さんのメイキング of 首長パンチ 4に出てくる、出版界の伝説である加藤晴之講談社学芸出版部長。2回じっくりお話をしたが、とにかく、雷電のごとく。出てくるパンチは、加藤パンチ。あとがきにも書いたけど、とにかく、平凡な僕では思いも寄らないアドバイスというか叱咤激励。しかも、関西人らしいウイットも。

調子に乗って書いた本の分量は予定の1.5倍というか2倍弱。それから、減らせ、減らせのオンパレード。加藤さんと僕と板挟みにあった竹林さん、さぞかし辛かったことでしょう。今だから言えるけど、体重の減量よりも、文章の減量がはるかに辛い。正直言って、あそこまで言われるんだったら、もうやーめた!!と思ったことも。

でも、学びました。増やしたものを減量することで、文章の骨格がはっきりしてくるし、冗長な小ストーリーが切り落とされて、スピード感が増す。今、手元に初稿があるけど、とても読めたものではない。初稿は、素人らしく、文章が枝分かれして、何を言いたいのか分からない。

今回の本の執筆で、僕は多くのことを学びました。インタビュー/構成の竹林さんからは粘り。編集の大越さんからは沈着。加藤さんからは爆発力。プロモートの畑さんからは、きめ細やかさ。営業の藤さんからはやる気。ちなみに、藤さんは佐賀県鹿島市出身。そして、共同テレビの江森浩子さんからは優しさ。そして、何よりも、この本に登場される皆さん。

皆さんのおかげで、この本が完成しました。もう、これ以上のコンテンツを出すことはできないと思います。ぜひ、ご覧ください。
by fromhotelhibiscus | 2010-12-07 23:20

首長パンチ、出版。

書き下ろし、「首長パンチ」が、講談社から明日(7日)発売されます。Amazonは8日(水)から。沢山のご予約ありがとうございます。全国の書店では、遅くても10日(金)までに並ぶ予定とのこと。ぜひ、お手に取ってください。
d0047811_22422125.jpg

竹林さんが、メイキング3を書いてくれました。そのとおりです。同級生の突然の死が執筆の最も大きな原動力となりました。ただし、仲の良い同級生を正面から書くのは、私の心量からは無理。しかし、しぶりに渋った僕も、いろんなことを思いだし、ついに、誰にも相談せずに、「書こう」と決めました。

その際に、竹林さんにお願いしたのは、インタビューのプロとして、医師会、私の周りの人間、池友会、関大関係者、高槻市役所時代の同僚などに、インタビューのお願い。おこした原稿とインタビューそのものをできるだけ早く私に渡して頂くことが条件。それ以外、私の好きなように書く、というのがもう一つの条件。

この条件が即座にクリアーされたので、書き始めました。もし、役人の常套句である「持ち帰ります。」だったら、受けなかったと思います。何事も勢いが大事。

大阪阪急百貨店のカフェで別れてから、その晩は、武雄に帰りましたが、いきなり書き始めました。章立てや骨格やらあったものでは無く、勢いです。どこから書き始めるか。これは、江森浩子さんに相談しましたが、沖縄時代から書いた方がいいだろうと。というわけで、目の前のiMacに書き込み始めました。こんなの簡単さ、と思ったのは、たった10分。

「お兄ちゃんのそばに行ったらダメよ!」
 女性の声で、ふと我に返った。ビーチパラソルの影と、太陽の照り返しで真っ白になっている砂のちょうど境目のあたりで、幼稚園ぐらいの女の子が僕を見ている。目がくりっと大きくて、黒目と白目がはっきりした南国の女の子。


出だしの、この数行だけで半月かかりました。竹林さんから、どれくらいできましたか?と電話がかかって来ても、そうですね、3割、いや4割は書き上げました、とホラを吹いてましたが、だんだん、そういう訳にはいかず、竹林さんに相談。ほんとは、まだ3行くらいなんですが。。。

そう思ってました、と来た。何でもお見通しだ(笑)。で、どうやって書けばいいんですかって聞いたら、とにかく、眼前にある風景や会話、空気、質感、思った通りに書いてください、と。カッコつけたり、ベキ論は止めた方がいいですよ、とのこと。

それで書ければ苦労なんかしないよと思っても、心を入れ替えて書き始めたら、速い。昨日が5ページ書けたら、今日は7ページと。だんだん、速く、濃く、深くなっていく。

竹林さんには悪いけど、膨大なインタビュー集は全く開かず。録音ファイルも聞かず。心の声に導かれるまま、書きました。早朝、深夜。出張の飛行機や新幹線の中、ホテルやカフェ。公務以外の時間で。最後の最後、248ページの4行を書き終えた時の爽快感と達成感は忘れられない。費やした日数は約1か月。最後は飛行機の中だったが、思わず、ガッツポーズ。キャビンアテンダントの後ずさりが忘れられない。

あとは、事実関係の確認、分量の調整、装丁、帯などの調整が進むが、基本的に、これは講談社のお仕事。僕は相談にまわる側だと思っていたら、甘かった。まだまだ、苦行は続いた。
by fromhotelhibiscus | 2010-12-06 22:47

民主党は余計なことはしないでほしい

今朝の新聞報道によると、来春の県議選で、近々、民主党は候補者を決定する予定だとか。もちろん、立候補の自由はありますので、出るなとは言いませんが、武雄市の場合、この4年振り返ってみても、稲富副議長は、市民病院の民間移譲の道筋をつけた豪腕の政治家。その一方で、地域の声、鄙(ひな)の論理を県に真っ当に届けている。石丸前議長は、六角川の調整池実現のために奔走されている包容の政治家。とかく、私との確執を言われますが、そんなこと全然ありませんよ。僕らはそんなことは意にも介してません。

石丸=稲富=樋渡は、三位一体、表裏一体なんです。だからこそ、武雄市が全国で最も注目される自治体の一つとなり得ているのでしょう。足を引っ張りあい、力が分散されればそんなことにはなり得ない。
d0047811_23365467.jpg


そんな中、僕が民主党佐賀県連に失望しているのは、4月の武雄市長選のときのこと。もともと、政策論議でそうなるんだったら、分かるんだけど、私が、「自民党の石破さんは総理候補だ。」と持ち上げたことが県連の怒りを買い、その上、さらに問題なのは、この県庁OBが、先の市長選で民意が確定した市民病院の民間移譲に異を唱える政策をマニフェストに掲げ、誹謗中傷を繰り返していた。この時計を逆行する政策を掲げた候補者を推薦していたんですよ。

僕はね、へ理屈こねて小沢さんを国会に出そうともしない姿勢、子ども手当、高速道路、普天間問題、尖閣問題、財源問題、挙げてはきりがないけど、一度、しっかり総括すべき。これは前に書きましたが、そのような状況の下で、武雄で候補者を擁立するなんて迷惑千万。もちろん、選挙はあった方がいい。しかし、それは、両県議や共同歩調をとる私に対する反対政策があってこそ。

市民病院の民営化を撤回する、あるいは、共産党の平野/江原名コンビが意固地になって進める市民病院問題に関する住民訴訟を支援するくらいしか、対立点は無いし、まさか、また、4月の市長選のときのように、政策抜きのワンマン市政反対って持ち出すんですかね。

候補者と目される方、しっかり考えてみた方がいいですよ。もし、出られるなら、重ねて言いますが、明確な政策、私たちに対する明快な対立軸を出してください。それなら大歓迎です。民主党県連の出方を注視します。
by fromhotelhibiscus | 2010-12-05 23:38

ツイッターの行政活用〜時事通信にUP〜

今日のiJAMPにこんなニュースが。

◎特集・ツイッターを活用する

★行政相談や防災対策にも=140字以内の情報発信—成果を得るのに苦労も

140文字以内の「ツイート(つぶやき)」と呼ばれる短文を投稿する簡易型ブログ「ツイッター」を情報発信などに活用する動きが、地方自治体に広がっている。中には、行政相談や防災に生かそうと試行錯誤する自治体もある。しかし、「フォロワー(閲覧登録者)」を思うように集められず、十分な効果を上げられないケースも見られる。各自治体の成功事例や取り組み状況を見ながら、効果的な活用法を探った。

◇行政が透明化

ツイッターを情報発信以外にも活用しているのが佐賀県武雄市だ。同市では9月、市の職員のほぼ全員に当たる約390人がアカウント(登録名)を取得した。もともと個人的なユーザーだった樋渡啓祐市長(41)が「行政にも使える」と発案したもので、活用法の一つとして、ツイッターが市民からの行政相談の窓口機能を担っている。8月下旬、樋渡市長のアカウントに市民からメッセージが届いた。インフルエンザの予防接種で12歳以下の子どもへの助成がなく、「ご考慮よろしくお願いいたします」と記されていた。市長は受け取ってすぐ、ツイッター上で「こども部長さん検討お願い」と指示。所要予算を算定するなどした上で、2日後には市長が市議会議長と電話で協議し、10月から中学卒業までの子どもに1人当たり最大2000円を補助することを決めた。

市長はすぐにツイッター上で投稿者に報告。先方からもやはりツイッターを通じてお礼が寄せられた。樋渡市長は「このやりとりは(公開のサイトで)みんなが見ることができる。(政策決定過程などが)オープンになるのがいい」として、行政の可視化や透明化につながると指摘する。市長には、職員からのさまざまな提案も届くが、これもツイッターを通して担当者間でやりとりされている。職員はそれぞれ、自分のアカウントで市民向けに市政情報やイベントを告知するなどしているが、勤務時間外であればプライベートな内容をつぶやくことも可能。樋渡市長は「とにかく使うことが大事。人間的なやりとりを見せることによって、行政と市民が近くなる」と強調する。疎遠だった職員同士が仲良くなる効果もあったという。

市民にはツイッターの講習会を開いているほか、高齢者向けのパソコン教室でもツイッターの使い方を盛り込むなどして、普及に努めている。同市は9月の防災訓練でもツイッターを使ってみた。しかし、分かったのは「災害直後には使えない」ということ。話題を分類して検索しやすくする「ハッシュタグ」機能を使うと、ツイートの投稿から表示までに5分程度かかり、急を要する連絡には役に立たなかった。ただ、どこの避難所へどれぐらいの食料や物資を運んだらいいかといったような情報の伝達には効果的なことも判明した。また、訓練では想定していなかった人から食料を避難所に届けるという申し出があり、関係者間のやりとりを見た第三者が自主的な支援をするなど、新たな可能性も実感できたという。

樋渡市長は8月、自らが会長となって「日本ツイッター学会」を設立。同学会のツイッターと相互フォローすれば会員になれるという緩い組織だ。樋渡市長は、来年5月に市内で1週間にわたって学会の総会を開催する準備を進めている。ツイッターの活用事例発表のほか、専門家の講演やシンポジウム、講習会などを行う予定だ。全国から集まった参加者には武雄市の温泉や特産物のレモングラス、イノシシ肉などをPRするという。樋渡市長は、スイスのダボスで毎年開かれる世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)にちなみ、「武雄をツイッター・ダボスにするのが夢」と意気込んでいる。

自治体がツイッターを使う際に心掛けることは何か。ツイッターやブログといったソーシャルメディアを活用した地域活性化に詳しいNTTコミュニケーションズの林雅之氏によると、ツイッターによる情報発信などの効果を確認するためには、フォロワーを最低でも100、できれば1000ぐらいは集めることが必要だという。フォロワーを増やすためには、茨城県のように自ら積極的にフォローを仕掛けたり、ハッシュタグを活用してある分野に関心を持つ人の閲覧を増やしたり、フォロワーの多い有名人にメッセージを送ってツイッター上で返事をもらったりするなどのテクニックはあるが、有益な情報のつぶやきを地道に続けていくことが基本だ。しかし、スタート時点ではフォロワーがおらず、つぶやきに対して反応もないため、やる気が続かなくて書き込みが途絶えてしまうケースが少なくないという。

林氏によれば、1カ月ぐらい続ければある程度のフォロワーが集まるため、それぐらいまではつぶやく担当者を決めて、書き込みを義務化するのも一つの方法だ。自治体ではないが、総務省自治行政局の地域力創造グループは、グループ内2課4室の各担当職員が1日3回程度、投稿することをルール化し、今年7月の情報発信の開始から約3カ月でフォロワーが2000を超えた。ツイートの頻度を維持するためには、専従の担当者を置くほか、職員全員が組織的に投稿するといった方法も考えられる。林氏は、多くの職員がツイッターに投稿することにするなら、書き込んではいけない内容を決めておくなど、ある程度のルールを定めておいた方がよいと指摘する。千葉市は今年8月、全国の自治体で初めて職員のソーシャルメディアの利用に関するガイドラインを策定。正確な情報を発信するよう求め、市の秘密情報の発信は禁じている。書き込みによって「炎上」(批判や中傷などが殺到すること)した場合の対応策も掲載した。武雄市も「千葉市をパクって」(樋渡市長)、同様のガイドラインを策定しており、これらが参考になりそうだ。

このほか林氏は、自治体が公募するなどした「市民記者」に積極的に情報発信してもらうことも提案している。特に、祭りといったイベントで複数の人たちが実況中継のような書き込みをするのに適しているという。また、例えば地元に住む中国人に依頼して、観光需要の拡大している中国向けに中国語で地元の観光情報を発信してもらうなどの方法もあり得る。林氏はツイッターについて、「新鮮さはなくなってきており、使っている人は少し頭打ちになっている」とみる。そのため、ツイッターを使った情報発信の効果も以前よりは低下しつつあると指摘する。林氏は「だからこそ、HPにも載っているような情報をつぶやくのではなく、リアルタイム性があり、人間的なつながりを意識したような、ツイッターの特性を生かした発信が求められる」と強調している。(了)

(2010年12月3日/官庁速報)

◎「ツイッターで手軽に行政相談」=樋渡武雄市長が講演 佐賀

「ツイッターのユーザーは全国で1千万人以上。うち7〜8割は見ているだけだろうが、それで十分。手軽に情報発信でき、これは『使える』と感じている」。佐賀県武雄市の樋渡啓祐市長が26日、「ツイッターで何ができるか」をテーマに講演した。市は今年9月から市職員全員にツイッターのアカウントを付与しており、市民の手軽な行政相談にも活用されている現状を説明した。
d0047811_8444899.jpg

樋渡市長は、市民からの「難病登録の更新手続きが煩雑なので、何とかならないか」という投稿を受け、自ら担当部署に検討を指示。手続きは省略できないものの、市職員が代行することで事実上のワンストップサービスにする解決策をひねり出したことなどを披露した。また、防災訓練の際には、職員がツイッターで連絡を取り合う試みを実施。その結果、「防災には役に立たないが、水が足りないと訴えた班にほかの班から水やカレーが届くなど、“善意の輪”が広がる。ツイッター上に記録が残るので、反省点の分析など検証にも役立つ」と、想定外の効用があることを強調した。

市長自身がツイッターを始めたのは昨年12月。「選挙活動に役立つと雑誌に書いてあったので始めたが、全く効き目がない。でもパソコンの悩みなどをつぶやくと、多くのアドバイスが集まった」ことからハマったという。今年夏には知人らとともに「日本ツイッター学会」を立ち上げ、会長に就任。市長のツイッターへのフォロワー(登録読者)は既に8000人を超えている。講演は、佐賀市内で開かれた県生涯学習センターの教養講座で行われ、一般市民ら数十人が参加。まずまずの反応に気をよくした樋渡市長は、初の本格的なツイッター学会総会を来年5月ごろに武雄市で開催する構想も明らかにした。

樋渡市長のツイッターのアカウントは、@hiwa1118(了)

写真:ツイッターの効用について講演する樋渡武雄市長 26日午後8時ごろ、佐賀市内の県立生涯学習センター(岡本兼二撮影)
by fromhotelhibiscus | 2010-12-03 08:45

メイキングof『首長パンチ』2

今日の「首長パンチ」メイキングは、竹林さんが、直談判をしに、私のところに来られたときのこと。去年の夏。カンカン晴れのときでした。僕は、不思議に、人と会ったときには、天気やらそのとき、話題になっていることもセットで頭に入る。

それはさておき、やっぱり、竹林さん。例のごとく、「市民病院問題を深堀し世の中に広げるなら、本にすべき」と熱心を通り越して執拗に迫ってくる。

しかし、僕の方はもううんざり。確かに市民病院問題を残す義務は僕にはあるかもしれないけど、それは、僕がやらなくていいでしょ。竹林さん、書いてほしい、と逃げ腰。その上、佐賀県の人たちはよく分かってくれると思うけど、武雄はとにかく政争のまち。ソフトな前の本ですら、書いてある中身に関して、市議等から徹底的に誹謗中傷される始末。しかも、曲解して。それと、市民病院問題を書けば書くほど、単に制度の問題ではなくて、人間の(僕を含めて)醜い部分がさらけ出される、という思い。さらに、何を出すにしても、亀裂の走ったこのまちに、さらに火のついた松明をねじり入れるようなものだ、と僕にとっては、珍しく、できない理由を連発。

竹林さん、これであきらめるかと思ったら、あの冷静で温和な口調で、メイキング1にも書いたけど、僕の半生を語ってください、とのこと。これは、楽だと思って、眼前に浮かんだことを、3時間くらいいろいろ語っていたら、竹林さんが、おもむろに、

市民病院問題は、政策だけの問題ではなくて、市長、これはドラマストーリーですよ。市長が平成18年暮れに、奥さんと寂しく武雄温泉駅に降り立ったときから、この過酷極まるストーリーが始まったんですよ。「流れ」で書いていただけませんか?


でも、断りました。しかし、僕が最も信頼する一人である市政アドバイザー(共同テレビプロデューサー)の江森浩子さんは、思いもしなかった反応。

市長の原点は、武雄温泉駅よりも、10年以上前の沖縄時代ですよ。以前、(市長とGABBAが取り上げられた)フジテレビのザ・ノンフィクションにかかわっていたときもそう思ったのですが、沖縄時代の挫折、希望、祈り、人との交わりの中で、市長は大きく変わっていったと思いますし、首相官邸復帰のこと、高槻市役所出向のこと、武雄市長選のこと、そして、その集大成として、市民病院問題があるんじゃないでしょうか。特に、リコール前夜、出直し選挙は、最大のクライマックス。そして、個人的なんですが、本として残すべきだと。私も、ドラマ「佐賀のがばいばあちゃん」制作からかかわって、市長を間近に見ていた一人としてもそのように感じます。しかも、これは、市長以外が書くと意味がありません。あくまでも、市長が自分の目線で書くべき、そう思うんです。

撤退の助け舟どころか、燃え盛る対岸に横たわるルビコン川に自ら飛び込んでいけ!と言わんばかりの発言に、頭を抱えましたが、思わぬところで、僕の心に火がつくことになる。これは次回。竹林さん、どのターニングポイント、知ってますか?
d0047811_1056781.jpg

by fromhotelhibiscus | 2010-12-02 22:25

ダイエット進行状況

今日から12月。最近では、「痩せたね〜。」って言われて、「そうでもないんですよ。」と答えながらもとっても嬉しい自分(笑)。
d0047811_18295537.jpg

事実、ランニングを始めた10月26日には、体重82.5キロ。体脂肪率27%。身長が185センチあるので、太り過ぎということでもないらしいんですが、それでも、体が重いなあって思っていました。言い方を変えれば、体に油がまわっているような。しかも、昔はそんなことなかったんですが、今は食べた分だけストレートに体重に反映。

首長パンチ」が一段落したこともあって、突如、NIke+で、ランニングを開始。最初は300メートルできつかったし、しばらくは足が棒になるという表現がよく分かるくらいに辛いこともあったんですが、やっぱり、継続は力なり。時速7キロで13キロ走っても平気になっています。

それもこれも、好きな音楽を聴きながら、自分という内面に向き合うことなく(笑)、距離、時間、ペース、目標などは、全て、Apple&NIkeで見ることができる。今は、朝と晩で合計10キロは走るようにしています。しかも、妻に協力してもらって、食事の質を大幅に変えました。今、玄米食&野菜が主。魚や肉はもちろん食べますが、量を減らしました。今まで食べ過ぎっていうのがよく分かりました。

その結果、いろいろ浮き沈みはあったんですが、体重が78.6キロ。体脂肪率22.6%。目標が76キロなので、もう少し。ダイエットも楽しく面白くやれば、うまく行くと実感。ぼちぼち頑張りたいと思います。
by fromhotelhibiscus | 2010-12-01 21:51