<   2010年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

宇野岱宏さん

岡山県美作市で農業をされている宇野農園の宇野岱宏さん。素敵なブログはこちら。妻の実家のご近所さん。
d0047811_2213571.jpg

宇野さんは、70歳一歩手前。野菜専業農家として、有機農業に取り組んで40年近くになられます。20年近く、大阪の阪急百貨店、今は、倉田市長の箕面市彩都に出されています。僕がいたときも、わざわざ1時間半かけて、買いに来られていたお客さんも。

とにかく、つくられる野菜が特筆大書的に美味しいのです。先日は、生のとうもろこし。湯がかずに生です。生。均整のとれた甘さにシャキシャキ感。水なすが重い。トマトは皮にも旨味が凝縮。宇野さんの紹介はこちらでも
d0047811_21595181.jpg


何事もどん欲に取り組まれる宇野さん。光ケーブルも宇野さんたちが中心となって引き入れたそう。武雄の農業経営者の皆さんと話をしていると、「とにかく美味しい野菜を作りたい。でも、どうやってやればいいのか。よく分からないことがある。」という悩みを聞きます。もちろん、僕は何ら解決策を持っている訳ではないので、宇野さんの時間が空いたときに、武雄にお呼びして、講演&懇親会を行いたいと思いました。

そして、宇野さんを見ていると生涯現役。ユニークたっぷりで面白い。営業部長さん、呼びましょう!!
by fromhotelhibiscus | 2010-07-20 22:02

ビートルズでまちおこし

夕方、妻の実家である岡山県美作市から戻ってきました。6時間ちょっと。しかし、高速往復2000円というのは、不思議というか複雑な気分。夕方はスゴい空の色でした。
d0047811_21512444.jpg

d0047811_21491317.jpg


九州ひぜん信用金庫の尾形さんの予告どおり、すごい話が舞い込んできました。ビートルズでまちおこし。大賛成です。

音楽でまちおこしといえば、僕もお世話になった大阪府高槻市の高槻ジャズストリート。サイトには、

高槻を音楽あふれる明るく楽しい街にしようという思いから、1999年に始まりました。毎年ゴールデンウィークの2日間、すべての会場が入場無料で誰でも気軽に音楽を楽しむことのできる、日本最大級の手づくり音楽イベントです。ボランティアが企画、運営高槻ジャズストリートの最大の特徴は、ボランティアによって企画、運営されていることです。高校生から80代の方々まで、高槻の街を愛する商店主や飲食店主、ミュージシャン、会社員、主婦、そして学生など、さまざまな人たちが集まります。

活動内容はイベントの発案に始まり、資金調達、ミュージシャンへの出演交渉、会場の交渉などを経て開催当日を迎えます。当日は会場の設営、機材管理、物資運搬、観衆の誘導、交通整理、パンフレット配布、Tシャツ販売、募金の呼びかけ、そして会場の撤収、清掃、ゴミ処理などあらゆる仕事を分担してこなしていきます。



たった二人から始まったこのイベント。今では十数万人を集める大イベントとなりました。不肖私の友人であり、私が高槻にいた時からの伝説の人間、この人が仕掛けました。北川潤一郎。僕には多くの人が影響を与えてきましたが、この御仁は屈指の人間かもしれません。僕がよく使う「できない理由よりできる理由」もじゅんちゃんのパクリだし。


このタケオビートルズアベニュー(勝手につけました(笑))も高槻ジャズストリートが多いに参考になると思います。高槻はジャズで、武雄はビートルズで。かっこいいなぁ。僕も「がばい」のおかげで何人かスーパーミュージシャンとお友達になれたので、声かけてみようっと!
by fromhotelhibiscus | 2010-07-19 21:51

生物と無生物のあいだ

一時期、話題になった生物と無生物のあいだ、やっと読んでいます。買ったのはいいものの、本棚のどこかに埋もれていて、一年振りに発掘。

岡山の実家で、しこしこ読んでいますが、がばい面白か。何で、人間の体がこんなに大きくなくてはいけないのか、など、文系バリバリ人間でも取っ付きやすい。また、ノーベル賞受賞を巡って、盗作やらスパイもどきやら、脇の話もなかなかいい。でも、何で、この表題になったのか、よく分かりませんが、とにかく、文章が瑞々しい。恐らく、この本は寺田寅彦なみの科学者エッセー文学となると思います。
d0047811_1823391.jpg

そういえば、この家。知らない間に光回線が入ってました。2年前まで、携帯電話もかからないすごいところでしたが、光ですよ、光。大原地区に光。こんなに光が凄いとは思いもよらず。うちに帰ったら、早速、光に乗り換えようと思っています。

22時から、龍馬伝。楽しみ。
by fromhotelhibiscus | 2010-07-18 20:51

男の料理教室で麻婆豆腐つくりました。

今日は、ばたばたでした。4年振りの橘町、男の料理教室。盛り上がりました。ここの料理教室は和気あいあいです。

僕の持ち分は、最も得意とする料理の一つ。麻婆豆腐。しかも、僕のは、徹底的に油を使わないとてもヘルシーな麻婆豆腐で、いくらでも入ります。しかも、塩もほとんど使わないときているので、安全安心。レシピはこちら

実は昨晩、しこしこ練習していました(笑)。眠くて鍋を振っている最中に思わず、落としそうに。


やっぱり、料理は最高ですね。充実感あるし。高槻時代はよく作っていたんですが、市長になって4年のうちに3回も選挙があったり、連日(土日も含めて)夜が遅いので、少し、縁遠くなっていました。でも、今日を機に、本格的に料理したいと思っています。お誘い頂いた小田さん、感謝です。


明日から、月曜日まで岡山美作の妻の実家に里帰り。2年振り、いや、3年振りかな。墓参りも含めて岡山で少しのんびりしてきます。というわけで、すみません、楼門朝市は欠席です。
d0047811_22551611.jpg
d0047811_22554776.jpg
d0047811_22561835.jpg

by fromhotelhibiscus | 2010-07-16 22:57

お結び課長募集中

最近、お結び課長公募のことでよく聞かれます。新聞各紙にも割と大きく取り上げていただいています。極めてユニークなのは、公募要件の一つが、「60歳以上」ということと、給与そのものが、「基本給+出来高払い」というもの。ぜひ、応募してください。


武雄市は、元気がありますね、とよく言われますが、やっぱり、こちらは、もっとすごい。由布院。83歳以上で作成された水彩画を公募ときました。武雄市もGABBAを含み、元気な83歳以上の皆さんが多くいらっしゃいますので、ぜひ、このブログを見ている全国の皆さん、83歳以上の大先輩にお声かけお願いします。
d0047811_2125196.jpg


夕方、幸山熊本市長から電話。あるプロジェクトが大きく動き出しそうです。さすが、アクションが速い。「今あるものを活かす」観点で、全国に例を見ない面白い企画をします。これから煮詰めていきますので、もう少しお待ちください。やっぱり、この市長さんとは同世代ということもあり、気が合いそうです。
by fromhotelhibiscus | 2010-07-15 21:29

武雄育ちレモングラスat新宿伊勢丹

今朝もまた早起き。まず、九州各市長さんたちと自民党本部へ。治水予算要望。ナマ谷垣総裁と話をしましたが、とても、丁寧な方でした。「武雄市長の樋渡です。」と言ったら、「佐賀のがばいばあちゃんですね。」と。恐るべし。
d0047811_092389.jpg

その後、目黒区の伊藤ハムへご挨拶。伊勢丹新宿本店に移動。リーフルの山田社長さんと久しぶりにお会いするが、社長さんのおかげで、今年は3回目のレモングラスフェアになりました。秀島・弦巻の黄金コンビと一緒にトップセールスを行いましたが、飛ぶように売れました。20日までです。ぜひ、お越しください。
d0047811_094524.jpg


午後は、国土交通省。治水予算要望。河川局長に対して、六角川調整池の整備を、iPadを用いて行いました。おもわず、おーっ!という声が。今日は時間がなくて写真を貼り付けただけですが、次回は、keynote、使います。事務次官も、強い関心を持たれました。
d0047811_22404013.jpg

一緒におられた幸山熊本市長と、とあるプロジェクトをやろう!と合意。今あるものを活かすものになると思います。待ち合わせの際、「樋渡さんのブログ見てますよ〜。」と吉田横須賀市長。横須賀市長さんは前から注目していた首長なので、また、いろいろ教わろうと思っています。

夜は、フジテレビ、総務省の先輩ほか皆さんと合流。長い一日でした。
by fromhotelhibiscus | 2010-07-14 23:59

カールじいさんの空飛ぶ家

カールじいさんの空飛ぶ家、DVDで見ました。出張中移動の中でしたが、買ったMacBook Pro13インチが画像が鮮明でかつ音もいいので、食い入るように見てました。ヘッドホンしながら、笑い声が出ていたようで、古賀秘書官からは後で笑われました。
d0047811_22524155.jpg


僕はアニメが大好きで、ディズニーでは、美女と野獣を始め、いろんなものを観ていますが、一つ不満がありました。それは、どのアニメもメインキャラに高齢者が出てこないことでした。日本の場合、昔話で結構、お年を召された皆さんがど真ん中に位置されることもあったことや、ご存知、「佐賀のがばいばあちゃん」を観ていたkとから、余計違和感があったのかもしれません。

結果、この空飛ぶ家。ストーリー展開に多少の無理どころか大いなる無理があるのはあるんですが、それはそれとして素晴らしい出来だと思います。特に、最初の10分。今のピクサーしかできないすごい話の運び方。

それと、DVDのおまけ(特典映像)がすごい。監督やプロデューサーが、難しいラストの場面をどう持っていくか、アニメーション付きで別バージョンが次々に出てきます。ストーリーを作る面白さを味わえたし、舞台となる中南米の秘境中の秘境に分け入って入っていく、これまた監督やプロデューサーの皆さんの表情。こっちのほうもまた楽しめました。

老いや介護、友情、生きがいなど、難しいテーマがさらりと入っているので深みがあります。オススメです。
by fromhotelhibiscus | 2010-07-13 23:59

大町町から「武雄市・大町町1市1町合併協議の提案撤回について」の申し入れ

今朝はいきなり、大町町長、議長から「武雄市・大町町1市1町合併協議の提案撤回について」の申し入れ。こちらは、牟田議長、前田副市長が同席。

私からは、「仲良くやりましょう!」とお答えしました。


臨時議会。その後、議員連絡会。私から、合併撤回の申し入れと、住民訴訟関係の説明を議員のみなさんに行いました。

この場でも、

特定政党の特定議員が、記者会見等を行ったことからも分かるように、住民訴訟を煽動している。今後、この住民訴訟は1億3千万円かかることとなり、これらは全て一般財源、すなわち、市民負担となってしまう。その結果、武雄町公民館、武内町公民館など各種施設整備が滞る可能性が出てくる。私としては、こういう状況について、ありとあらゆる場で訴えていく。議員各位のご理解とご協力をお願いする、

と申し上げました。特定政党の特定議員が何やらぶつぶつ言ってました。「職場での職員へ」の赤旗の販促やめましょうね。


常々尊敬してやまない大榎蓉華先生(おおえのき ようか)から額書を寄贈頂きました。天衣無縫。大好きな言葉です。まさかこんな意味があるとは。大榎先生、ありがとうございました

午後から、神崎市議会からの視察。並行して、滋賀県大津市議会からの視察。あっち行ったりこっち行ったり、説明しました。夕方から、北方町へ。雨が降ってきました。明日の大雨が心配です。
d0047811_22173468.jpg

by fromhotelhibiscus | 2010-07-12 22:17

参議院選挙が終わって

大分、当落がはっきりしてきました。現時点で残り17議席。

僕はよく自民党支持者と言われますが、必ずしもそうではありません。それは、僕自身のリコールに加担した自民党議員の動向からしても、総体として僕が自民党を支持することはない。そういう意味からも、先の市長選では、自民党を含む各政党に推薦願いは出していません。

選挙応援は、あくまでも政党ではなくて個人ベース。応援していた人で、当選確実となった皆さんは、順不同で、

福岡資麿さん(自民党)・・・厚生労働行政で特に力を発揮してくれると期待、
秋野公造さん(公明党)・・・まともなドクター(前厚生労働省医官)で、自身の介護体験に感動した、
大久保勉さん(民主党)・・・武雄市民病院の民間移譲で力になってくれた、
金子原二郎さん(自民党)・・・長崎県知事時代から数々のアドバイスを頂いていた、

ぜひ、国政の場で、日本丸のために、しっかり活動してください。武雄出身で頑張っておられた田中茂さん(みんなの党)が気になるところです。


衆参のねじれ現象が確実になる今、足を引っ張る状況に我が国はありません。政策ベースで大同団結をしていただきたい。それがだめなら、政界再編成をやって、安定的な政治基盤を作ってほしい。そう願うのみです。
d0047811_23211832.jpg

by fromhotelhibiscus | 2010-07-11 23:16

住民訴訟第一回口頭弁論

今日は、私は出席していませんが、市民病院の民間移譲に関する住民訴訟第1回口頭弁論。市側は、請求の棄却を求めて全面的に争います。佐賀新聞はこちら

今日を期に、司法の場で、私たちが文字通り心血を注いだ市民病院の民間移譲に関して、その正当性を訴えていきます。


それにしても、今回の住民訴訟は「外形」的に極めて異様。共産党の平野・江原両議員が煽動して行うもので、しかも、その議決事項に対してやっているものだから、天に唾する行為。議員を辞めてから、訴訟を行うのが筋だと思います。

その共産党の平野・江原議員は、赤旗を市の職員に勤務時間中に売り込むなど、言語道断。4年前、私にまで買ってくれとわざわざ市長室までお見えになりましたが、即座に断り、市の職員に対しても、勤務時間中の購読は禁止しましたが、未だに、何人か勤務時間中に購買をしているようなので、改めて、禁止したいと思います。

私は何も表現の自由など憲法が保障する権利は否定しませんが、一般紙と同じように、自宅等、職場以外で購読するのが吏道だと思います。

いずれにしても、平野・江原両議員の行っていることで、職員が今まで泣き寝入りしていたことを含め、いろいろありますが、徹底的に戦います。
d0047811_032933.jpg

by fromhotelhibiscus | 2010-07-10 00:05