<   2009年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

議会について

霞が関時代、何度か、省の国会担当を仰せつかりました。国会担当といえば、花形は花形なんですが、根回しやタイミング、頭脳と体力勝負。私は多くは、仕分け作業で蓮舫さんの後ろに陣取ってたびたびテレビに映っておられた山下参事官から学びました。よく、武雄市議会と執行部と連携が取れていると多くの自治体から指摘されますが、杉原議長さんを始めとする議会、そして、実務の要である古賀副市長、政策部のおかげです。

実は、国会でも市議会でも議会運営委員会がその中心となりますが、牟田副議長さんが明快なコメントをされています


今日は、給与(賞与)減額のための臨時議会だったのですが、私を含む職員の給与減額条例案に対して、共産党の平野・江原両議員と社民党の大河内議員は反対。大河内議員の反対については、不利益遡及という最高裁判例までいった難しい法理を持ち出され、私と激論。もちろん、私は是としませんが、その反対の理由そのものは分かります。

しかし、ここからが問題。

続いて、議員の報酬(賞与)減額条例案について審議。我々政治家が、まず、今日のデフレ状況といった厳しい社会経済情勢、市民の皆さんの生活苦、市民感情に思いを寄せる必要があります。

そして、報酬は市民の血税で成り立っていることからも、まず痛みを有さなければいけないのは、公務員の皆さんもそうなんですが、私たち政治家そのものだと思っており、こればかりは全会一致と踏んでいたら、何と、共産党の平野・江原両議員は反対。

しかも、通常は反対の理由を「討論」という形式で述べるのが筋なはずなのに、それも無い。今日は臨時議会でテレビが入っていなかったのが理由かどうかは分かりませんが、私には珍しく激しい憤りを感じました。そして、牟田副議長のブログで書かれていますが、このお二人は議員定数削減には反対。自分たちの狭い利益を守る、そういう意味でしょうか。


僕は共産党のことを総体としていろいろ言っているわけではありません。霞が関でも、出向した高槻市役所でも、共産党の方々は、確かに私とは相容れない政治姿勢(これを悪いというつもりはありません)でしたが、それでも、理屈ははっきりと言われ、私も感銘を受けることがありました。

私は昨年の今頃、共産党主導と言われるリコールを受けましたが、あれとて、議案そのものにノーを突きつけるのであれば、議会へのリコール等をすべきで、今でもあのリコールは筋が通らないと思っていますし、市政を混乱せしめたと率直に思います。

12月議会の一般質問で、お二人の共産党議員が、この私の意見に対して、どのようにおっしゃるのか、注目をしたいと思いますし、もし、彼らのご意見が私の気持ちを打つのならば、それはテレビ中継の中で素直に同意します。


議会終了後、レモングラスプラス緑茶等新製品の記者会見に同席。老人趣味の作品展表彰式で市長賞の授与、そして、夕方は、橘公民館で、六角川調整池期成会設立総会、その後、調整池候補地の見学。この頃、本を大量に購入したので、久しぶりに夕方帰宅して読書三昧。面白い本をまた紹介します。ブログを見ていたら、袋とじのある町という興味深い記事が
d0047811_19593847.jpg
d0047811_200114.jpg
d0047811_2002254.jpg

by fromhotelhibiscus | 2009-11-30 20:24

地域づくり団体のタウンミーティング

今朝は楼門朝市。話題の中心は、そう、TVQの看板番組きらり九州めぐり逢いで武雄がほぼ1時間放映!されたこと。レポーターが辺見マリさんというのがまた良かった。

武雄温泉、塚崎太鼓、工房わらべ、山内町の長井さんの自然体験、レモングラス・・・。強烈でした。市役所2階の市民フロアーでしばらく流したいと思います。ぜひ、ご覧にお越しください。
d0047811_17543440.jpg


桜山を歩こう会に参加。いろんな方々がお越しでした。お話を聞きながら歩くのは、気持ちいいものです。この方も参加。ランチは家に帰って、あごだしラーメン。

午後は、地区まわり。「ブログいつも見てます。」、「草払い何とかならないか。」、「循環バスの存続は?」などいろんなお話を聞きました。

僕も公務員をやっていたので分かりますが、ルール(条例や規則、予算)を真正面から読むとできないことでも、少し見方を変えたら簡単にできることもあるし、また、そのルールも古色蒼然としたルールについては、樋渡市政は大胆に変えてきました。時計の針を戻すことは許されません。

そこで頂いた言葉が、「樋渡さんが市長になって活気が出てきた。」ということでしたが、私が作ったのは、そのきっかけ。そのきっかけに応じて、また、その前から、元気を出して頑張っておられるのが、まちづくり団体の皆さん。

今日はそのまちづくり団体のタウンミーティング。大勢の皆さんが集まっておられました。こういった場を作っていただいた武雄JCの皆さん、ありがとうございます。また、この方が実行委員長でした
d0047811_17533064.jpg
d0047811_17535575.jpg


武雄町スポーツ野球団の納会。僕は朝日小学校野球部だったんですが、当時の武雄小野球部(まだ、御船が丘小は無かった。)は強かった。当時の連中とは今でも付き合いがありますが、卒業後もその絆を大切にしてほしいものです。今日の最後は嬉野市。長い一日でした。
d0047811_17541693.jpg

by fromhotelhibiscus | 2009-11-29 23:08

武雄ライオンズ40周年

今朝は、第3回武雄グランドゴルフ大会。300人以上の方がお見えでした。市長になって3年半くらいですが、集まった皆さんの半分のお顔やお住まいが分かります。始まる前にいろいろお話を聞いたんですが、話題の中心は、仕分け作業で決まった新幹線フリーゲージと議員定数。

議員定数は少し誤解があるようで、私は議会に提案しません。議会が独自に判断するマターで、私としては議会の見識ある判断を待ちたいと思っています。
d0047811_0123234.jpg

夕方は、武雄ライオンズ40周年記念式典。和やかな雰囲気の元、式典が進みました。なお、司会者はこの方でした写真はバンバンこの方が撮られていました。私は来賓だったので写真が撮れず。式典の模様はこちらの方のブログで。極めていい式典でした。

なかなかリンクは便利です(笑)。そうそう、式典で何人かの方から、「今朝のTVQ九州経済NOWに出てたよ。九州三湯物語の温泉祭り」と声をかけて頂きました。


夜は、武内町の鳥越公民館で、地区の皆さんと市長と語る会。50人の皆さんに集まって頂きました。たくさんのご意見、ご質問を頂きました。寒い中、ありがとうございました。今後は、今のところ、

1日(火)19時半~ 市長と語る会(武内町森の木公民館)

2日(水) 19時半~ 市長と語る会(橘公民館)

3日(木) 19時半~ 市長と語る会(武内公民館)

13日(日)19時半~ 市長と語る会(武内町東真手野公民館)


です。お会いすること、楽しみにしています。また、お近くで開催ご希望の場合は、このブログコメントでもメールでもどうぞ。よく、人数のことを聞かれますが、お二人でもお三人でも、大歓迎です。
by fromhotelhibiscus | 2009-11-29 00:13

フリーゲージと事業仕分け

今日は朝からそわそわしていました(いつも、そわそわしているという指摘も受けますが。)。というのも、夕方から始まる新幹線と在来線を相互乗り入れできるフリーゲージトレイン(軌間可変電車)の研究開発費等27億円の行方。

僕自身、以前のブログにも書いたとおり、仕分け作業そのものは賛成だし、フリーゲージそのものが仕分け作業に乗ることも賛成。というのも、フリーゲージそのものが、国民の目に晒されることなく、トンネルというか密室でどんどん事が進んでいるという印象を受けていました。

国民が注目する仕分け作業の中で、どういった議論がなされるだろうとそわそわしながら見ていたら、概算要求どおり決定。ニュースはこのとおり
d0047811_0221251.jpg

決定した瞬間、仕分け作業の会場から電話が入りました。その直後から、取材攻勢。一問一答は次のとおりです。

Q 予算がつくと思っていたか?
A 思っていなかった。

Q 今の気持ちは?
A 期待していなかったので、予算編成過程が勝負だと思っていた。安心した。

Q 今後はどのような展開になるのか?
A  公開の場、しかも、注目の仕分け作業でゴーサインが出たので、今後、フリーゲージ開発が加速されると思う。

Q なぜ、予算がついたと思うか?
A  もちろん、事業の必要性もあると思うが、ノーベル学者達による科学技術予算の巻き返しが大きいと思う。最終日というのが幸いしたと思う。



今日もまたいい一日でした。
by fromhotelhibiscus | 2009-11-28 00:22

医師会、公文書、視察

今朝は、武雄杵島地区医師会が私のところへ。看護学校改修事業について定住自立圏等民間投資促進交付金の内示を受けたことを報告頂きましたが、これは危なかった。民主党政権になって、この交付金そのものが激減して、佐賀県は伊万里市とうちだけ。しかも、額は武雄市が圧倒的に多かった。

医師会とは、去年の今頃は徹底的に対立するなど、いろいろありましたが、医師会に関係するもので市民のためになるものと踏んだ政策については、対立前からもそうですが、徹底的にサポートしています。この交付金についても所管の総務省に何度かお願いに行きました。ぎりぎりセーフで良かったです。


菊池尚人慶應義塾大学准教授がお越しに。政策協議。この菊池先生ですが、東京を基点にこの一ヶ月で武雄からニューヨークまで飛び回っている、私の総務省時代の同期(平成5年入省)で、情報政策のエキスパート。この人と話していると、これからの世の中が見えてくるので、とても楽しくなります。
d0047811_1823473.jpg


私より4つ上の期の岡本信一参事官(内閣官房)を招き、「公文書等の管理に関する法律と自治体」について研修会。岡本さんとは、総務庁、中央省庁等改革推進本部などで一緒に仕事をしましたが、いろいろ教えてもらいました。どの仕事もこなされるダヴィンチみたいな先輩です。毒舌なので面白い。一番前で神妙に聞いているのは僕です。

大阪府交野市議会から視察。先日、スポニチの裏一面にどーんと掲載された営業部、私の市政運営のヒアリング。

夕方から会合、月1回の山内後援会へ。いい一日でした。
by fromhotelhibiscus | 2009-11-26 23:08

いつもの一日

d0047811_23263260.jpg
今朝は濃霧。北方町の大渡公民館へ。一年に一度の集まりで、朝から盛り上がっていました。
d0047811_23265394.jpg

移動中、年配の皆さんと暫しの即席懇談。長生きの秘訣を教わりました。決め手は、ゲートボールだそうです。
d0047811_23272280.jpg

橘町で、お母さんたち、JCの皆さんと懇談会。こども部、教育委員会同席。いいお話を聞けました。
d0047811_23274091.jpg

午後は、青少年問題協議会。最近学校が荒れていることを受けて課題の整理と共有。予定時間をオーバーし白熱。現場のご意見は参考になります。来年はフリートーキングの時間をもっと取ろうと思いました。
d0047811_23281934.jpg

まちづくり部、政策部、くらし部と協議。僕の場合、トップダウン型と言われますが、内実は、各部から持ち込まれる膨大な行政課題に対して、判断というか決断の連続です。ここの判断で生きてくるのは、現場にどれだけ出向くか、そして、読書。判断を下支えしてくれます。取材。

夕方は、陽光美術館。続いてセンチュリーホテルで、九州各県から集まった皆さんに対して講演。夜は会合。私の後援会の会長との打ち合わせ。最近は大体こんな感じで一日が過ぎていきます。
d0047811_23283583.jpg

by fromhotelhibiscus | 2009-11-25 23:28

コーラス

今まで見た映画でベストといえば、日本のでは、高校時代NHKでやっていた、黒澤明の羅生門。海外は、大学時代、はまったアマデウスだったんですが、僕にとって、ついに両者とも超える映画を見ました。

NHKのハイビジョンで放映されたフランス映画のコーラス
d0047811_23202331.jpg

1949年、音楽教師マチューは「池の底」という名の寄宿舎に赴任する。この学校には、親をなくした子供や素行の問題で親元を離れた子供たちが集団生活をしていた。子供たちに本来の純粋さや素直さを取り戻してもらおうと、マチューは合唱団を結成し、歌う喜びを教えていく。最初は面白半分だった子供たちも、徐々に歌うことの素晴らしさ、楽しさに目覚めていく。そんなある日、マチューは誰もいないはずの教室から美しい歌声を耳にする。それは学校一の問題児、ピエールだった・・・。

という内容なんですが、ラストもいくつか仕掛けがあって泣けます。押し付けがましくなく、教育の素晴らしさが、よく分かる小品。

この映画はストーリも配役も超一流なんですが、映像がフランス映画らしく圧巻。灰色基調のスタートから、だんだん、生徒が心を開いていくに連れ、徐々に色調が明るくなる粋な計らい。

映画は素晴らしい、心底思いました。


今日のメインは、12月議会の記者会見。予算資料はこちらです。16億円の市民病院事業清算の予算を出しますが、すべて財源の手当てがついています。ということで、市民の皆さんに財政的な負担をかけることなく、市民病院の民間移譲を果たすことになります。

市民病院の民間移譲で、私たち執行部の答弁を検証することなく、市民に多大な負担をかけると言い続け、市民の不安感を煽ってこられた議員さんたちの政策的な反論を12月議会で聞いてみたいと思っています。
by fromhotelhibiscus | 2009-11-24 23:25

九州三湯物語・第2回温泉祭り

d0047811_23375978.jpg
d0047811_23382358.jpg
今朝は、まっすぐ福岡市役所へ。ふれあい広場で開催される九州三湯物語・第2回温泉祭りへ。まず、あれっ!と思ったのは、足元を見たら、冷たいコンクリートから温かい人工芝に変わっていました。これは、いいですね。ねっころがったりするには打ってつけだし、見た目がとてもいい。
d0047811_23355950.jpg

d0047811_23384464.jpg
d0047811_23371373.jpg
さすが、吉田福岡市長!と思っていたら、吉田市長ご夫妻がお越しに。ご挨拶も頂き、心から感謝です。このふれあい広場をこころよく貸して頂いたことは生涯忘れません。ずっと、微力ですが、応援したいと思っています。
d0047811_23365126.jpg
d0047811_23392529.jpg
d0047811_23394638.jpg
d0047811_23361974.jpg


とにかく、ぞんこぞんこ、人が集まる、集まる。由布院、杖立、武雄の実行委員の皆さんが一年かけて練りに練った仕掛けのおかげです。1万8千人の集客だったようで、多くの皆さんから声をかけて頂きましたが、「今日、来て良かったよ。」との声には本当に嬉しく思いました。光武さんのブログもどうぞ夕方、TVQでもニュースが流れたようです
d0047811_233738100.jpg

d0047811_233922.jpg
d0047811_23431511.jpg

夜は、杉原議長の全国議長会表彰のお祝い会。保利衆議院議員、岩永参議院議員、石丸・稲富両県議と不肖私が来賓。杉原議長のお人柄を反映して、温かく盛り上がったお祝い会でした。
by fromhotelhibiscus | 2009-11-23 23:44

鄙 錦  -実りをいただいて-

すごい花展に行きました。小原流百武社中が繰り広げる釘町家にて。

とにかく、京都にありがちな侘びさびに逃げることなく、伝統を踏まえ挑戦する、飛躍する意気込みを感じました。雨の中、県内外の多くの来訪者の数がそれを物語っています。

また、釘町家は現在、こずみが食事を出していますが、この食事がまた美味しい。目に良し、口に良し、そして、心に良し。25日(水)までです。ぜひ、お越しください。

詳細のレポートはこちらをぜひ
d0047811_239686.jpg
d0047811_2392443.jpg
d0047811_2310772.jpg
d0047811_23102243.jpg

d0047811_23112494.jpg

by fromhotelhibiscus | 2009-11-22 23:10

東国原知事は宮崎をどう変えたか

面白い本を読みました

マニフェストを基軸にして、県庁出身の学者さんらしく、また、東国原さん寄りに書いてありますが、何が面白いかというと、古川知事を含む他の知事とのマニフェストの実行に関する比較論が興味深いし、文章が平易で読みやすい。ちなみに、著者は佐賀県庁の行政評価システムを高く評価しています。

また、この本を評価すべきところは、政治家としての側面、行政の長としての側面を切り分けて書いている点だと思います。知事や市町村長は、議員とは違い、政治家の他に、行政の長として面があるので、僕もたまに混乱します(笑)。

個人的には、今、来春の選挙に備えて、マニフェストを執筆し始めましたが、大いに参考になりました。
d0047811_22571914.jpg


この本には書いてありませんでしたが、この知事がすごいのは情報収集能力。実は、樋渡市政が始まって、がばいばあちゃん誘致で話題になる前から、何度も、宮崎県庁から、私に直接、毎日ブログの意味、営業部を作った意味、がばいばあちゃんロケ誘致の経緯から何から何まで聞かれましたというか問いただされました。

今では、全国さまざまな自治体が視察等にお越しいただきますが、その早さ、県庁レベルでは宮崎県庁が他を圧していました。市レベルでは国定市長でした。そして、全国で一番早かったのは、この方でした。実は、聞かれながら、「あっ!こんなところに関心があるんだ。」「なるほど、ここが欠点か。」とこちらのほうが軌道修正等に役立たせていました。

行政に携わる皆さんに特にお薦めの本です。今日市の図書館から借りたので、明日返却します。
by fromhotelhibiscus | 2009-11-22 22:57