<   2009年 07月 ( 34 )   > この月の画像一覧

【お知らせ】ミュージックインタケオ

d0047811_010955.jpg
伝説のライブ「ミュージックインタケオ」が4半世紀ぶりに復活します。呼びかけは、この方。親しくさせてもらっているブロガーです

佐賀新聞はこちら


当日は、特別ゲストとしてGABBAも登場。17:30~というのがまたおもしろい。おばあちゃんたちにも優しいライブ。僕もステージに上がってGABBAを紹介します!ちなみにGABBAですが、某大国で来年ライブをやるかもしれません(笑)。

お一人でも多くの皆さんのお越しをお待ちしています。僕はこういう野外ライブというのは行ったことがないので、今から楽しみにしています。
by fromhotelhibiscus | 2009-07-31 23:59

できました! 武雄市特産へ、イノシシ肉加工品

今日は注目の記者会見。その前にいろんなところから電話が。この件でした。旧山内町、そして、現武雄市と引き続いた問題で、今後このようなことがないようにしたいと思っています。申し訳ありませんでした。


いのしし加工品の会見。あまりのプレスの多さにびっくり。詳しくはこちらをご覧ください佐賀新聞はこちら
d0047811_22252854.jpg

d0047811_22254457.jpg
d0047811_2226880.jpg

来客。その後、佐賀県庁へ。佐賀県西部地区開発推進協議会の知事提案活動。協議会での提案事項はほとんどが生活道路。
d0047811_22263266.jpg

d0047811_22265193.jpg
とんぼ帰りで、年1回の西川登町の町づくり推進協議会懇談会。市長になって以来、できない理由を言わずにできる理由を言おう、あるいは対案を示そうと心掛けてきたのですが、各部長のコメントにはそのことがにじみ出ていて、とても嬉しく思いました。
d0047811_22271079.jpg
また、各区長さんから、異口同音に、今回の水害が起きた後の、市役所の対応の早さについてほめていただきました。あまりほめられることに慣れていない我々は、率直に嬉しかったです(笑)。

いよいよ梅雨明けのような一日でした。
d0047811_22272880.jpg

by fromhotelhibiscus | 2009-07-30 22:27

官僚たちの夏

城山三郎の官僚たちの夏

この本で、霞が関官僚を志した人たちは数知れず。かく言う僕もそうかもしれない。それほどまでにインパクトのある本でした。
d0047811_227515.jpg


今、ドラマでやっていますが、全部、ハードディスクに落としてました。あんまり期待していなかったんですが、国定三条市長のブログを読んで、一念発起!?して見たら、面白いのなんの。

毎回、車、テレビ、繊維といった具体的なテーマのもとに、熱くいきいきとした官僚の姿がそこに。

国家をどうするのか、国家のために自分が何ができるのか、といった青臭い話がそこにあって、こりゃ、果たして視聴率は大丈夫かなと思うんですが、それはそれとして、清々しい。


一方で民主党のマニフェストが出ました。16.8兆円の財政出動で財源をどうするのか、という問題は既にマスコミが書いているとおりです。

実際、霞が関に身を置いた者ととして、国の予算の組み替えをやってムダを徹底的に排除し、これを財源に充てると言いますが、私の経験では頑張ってみてもせいぜい3000億円が関の山。わずか1.8パーセント。残り98パーセントは、増税か国債(借金)に頼らなくてはいけません。民主党は子どもたちの世代にツケを回す気でしょうか。

その財源論以上に失望したのは、「子育て・教育、年金・医療、地域主権、雇用・経済に、税金を集中的に使います」というくだり。こりゃばらまきです。

あるべき国家像もなければ、集中して投下すべき対象も無い。政策というよりばらまき。自民党のマニフェストもちょっとだけ出てきていますが、どっこいどっこいかもしれません。

官僚たちの夏で出てきた官僚の皆さん、少なからずそういう官僚の皆さんは存在します。声を上げてほしいと思っています。

僕自身は、こういう閉塞感漂う今日だからこそ、今日よりも明日が良くなる豊かな国家像を語り、その上で、どうやって国民の皆さんの所得を上げるか、地域の所得を上げるのか、地域の絆を再生するのか、そのための政策をしない限り、幸せは生まないし、税収も増えず、必要な政策が打てないと感じます。

自民党のマニフェストも期待せずに待っています。
by fromhotelhibiscus | 2009-07-29 22:11

元気な雄武っ子が武雄市を訪問

今日は8時半から、災害復旧に当たる職員の皆さんに挨拶。その後、佐賀県庁の流通課と協議。ここは野武士揃いで、全国屈指の流通課だと思います。レモングラスの海外進出について話をしました。

政策部、営業部、まちづくり部と打合せ。被害状況等について、国土交通省武雄河川事務所の田中所長さんから報告を受けましたが、やはり今回の豪雨は記録的なものでした。

西川登町へ。土砂災害を受けた地区を、松尾まちづくり部長とともに訪問。急傾斜地の土砂崩れには言葉を失いました。事故が無くて何よりでした。お見舞いとともに、復旧の指示。
d0047811_0152857.jpg
d0047811_016629.jpg

d0047811_0154860.jpg

夕方は、恒例となった雄武町の小学校生徒が武雄市へ訪問。ほとんどの子が、ホームスティと宇宙科学館を楽しみにしていました。

牟田副議長のブログはこちら。挨拶巧し。

なぜか、楼門朝市ブログはこちら。視点が面白し。
d0047811_0164376.jpg

最後に、災害対策本部。被害状況と今後の対策について協議。長い一日でした。
by FROMHOTELHIBISCUS | 2009-07-29 00:34

復旧へ

ブログのアクセス数が跳ね上がりました。全国から多くのお見舞い・励ましのメールを頂きました。ありがとうございます。明日以降返信いたします。すみません。

全国では大雨、竜巻被害などまだまだ被害が続いています。この場を借りてお見舞い申し上げます。

それにしても、武雄に限ってみても考えもできなかった凄まじい被害の数々。自然の猛威もさることながら、それ以上に何て、文字どおり、「我が郷土」が弱ってしまったんだろうと悲しくなりました。


今朝は、8時から災害対策本部。その後、災害復旧に当たる職員の皆さんに訓示。市民の皆さんが不安に思われているので、迅速かつ丁寧な対応をお願いしました

9時から、何と、アフラックの大竹美喜創業者・最高顧問が武雄市を訪問されました。紹介いただいたのは、たけおブログでもおなじみのこの方。がん撲滅対策については、いつかしっかり書きます。


橘町、朝日町で床上浸水を被られた皆さんのところへ。災害復旧職員団の皆さんと相前後して伺いましたが、どのご家庭も、ご自身の被害のことはさておき、消毒、ゴミの搬出などを行う武雄市役所の職員のことをほめていただきました。

橘町では山崎鉄好議員さん、朝日町では吉川里己議員さんに同行かたがた、今回の災害で起きた細かいことを教えていただきました。

被害が広範囲に及んでいるので、明日も職員団が伺います。いろんな声をお寄せください。
d0047811_23262673.jpg
d0047811_23264286.jpg
d0047811_2327239.jpg
d0047811_23274228.jpg
d0047811_2327572.jpg
d0047811_23281495.jpg
d0047811_23282925.jpg
d0047811_23284497.jpg

by fromhotelhibiscus | 2009-07-27 23:33

平成2年以来

前のブログを書いたときは、今日は大丈夫かなと思っていたんですが、悪いほうに急展開。11時52分に私を本部長とする災害対策本部を設置。
d0047811_1813538.jpg
d0047811_1814343.jpg
d0047811_18111043.jpg

本部会議前後で、災害地を松尾まちづくり部長と巡回。多くの市民の皆さんから不安の声を聞きました。
d0047811_18113875.jpg

未だかつて見たことのない状況を見ることになりました。
d0047811_18115456.jpg

被害状況等はこちらをご覧くださいたけおブログにも多くの記事が
d0047811_1812797.jpg
d0047811_18133113.jpg

12時の有明海満潮からしばらく経ってもなかなか水が引かず、自然の猛威をまざまざと感じました。
d0047811_18122062.jpg
その中で、被害地において、佐賀県庁の武雄土木事務所の皆さんの対応が速いこと。私もスピードにかけては人後に落ちないと勝手に思っていますが、それでも、彼らは早かった。

古川知事に早速お礼の電話を入れました。
d0047811_18141083.jpg
d0047811_18135314.jpg

消防団の皆さんには引き続きお世話になっています。不眠不休で頑張って頂いていること、心から感謝しています。
d0047811_18152128.jpg

今、この時点では雨は降っていませんが、どうなるか心配です。もし、明日雨が降らなかったら、災害復旧を開始します。
by fromhotelhibiscus | 2009-07-26 22:32

今日も雨

d0047811_923282.jpg
7時過ぎに、橘町や北方町を周ってきました。その後、市役所の災害情報連絡室(Tel 0954-23-9315)へ。消防団、市役所の担当官はほぼ2日間にわたって徹夜状態。ご苦労様です。

今のところ、冠水も堂島交差点周辺しかないのですが、有明海の満潮時刻が11時50分であること、そして、雨のピークが正午まで続くことを考えると、これから、冠水・洪水被害が出てくる可能性も大きく、気が抜けません。
d0047811_925879.jpg

被害予想地の皆さんにおかれましては、必要な情報については、さまざまな手段を用いて提供しますが、ぜひ、早め、早めの対応をお願いします。
by fromhotelhibiscus | 2009-07-26 09:03

首長の力

午前中に浸水被害を受けている橘町へ。実際に被害に遭われた住民の皆さんに声をかけましたが、毎年毎年被害を受けておられることを考えると、これは人災に近いと判断するに至りました。それにしても、消防団の皆さん、ありがとうございました。
d0047811_23565265.jpg


ポンプアップも限界、堤防も費用や環境面を考慮すると現実的では無いですし、これら二つの古典的な方法だと、結局、下流域に被害を与えてしまうことになります。
d0047811_23571328.jpg

したがって、実際の貯水できるスペースに緊急避難的に水を流すことがベター。ちょうど、東川登町の大坪石材の掘削地があり、六角川からたった数十メートル。しかも、今、この状態で300万トンの水が入り込めることを考えると、批判の高いダム建設と違って費用もさほどかからない。
d0047811_23573361.jpg

今日、これを加速度的に進めていくことを決意。田中国土交通省武雄河川事務所長さんにも改めて要望しましたが、前向きな回答を頂きました。

近いうちに、国土交通省九州地方整備局、そして、国土交通省の河川局に直接緊急要望に行きたいと思っています。
d0047811_004519.jpg

国道34号線のバイパスは20年近く止まっていましたが、力を入れて要望したら、急展開。「首長という力」を最大限活用したいと思っています。

しかも、僕の場合、役人出身で、同期が企画官という最も実際に権限を持っているポストにずらりと並んでいますので、国がやるべき仕事に関しては、今まで以上に彼らにガンガン地方の声を直接伝えていくつもりです。

今日は痛烈にそんなことを感じた一日となりました。
d0047811_02364.jpg


他に、社会を明るくする大会、そのかぜの杜の夏祭り、自衛隊隊友会の懇親会、北方町杉の岳地区の総会に出席。杉の岳地区の総会は思ってもいなかった評価を頂き、これはまたいつか書こうと思います。

今もまた雨が。明日がまた心配です。
by fromhotelhibiscus | 2009-07-25 23:58

あまりの雨に

今日は武雄でも相当量の雨が降りました。今は小康状態。先ほど、高橋川を見に行ったのですが、水量そのものはまだ大丈夫でした。


さて、今週の東京出張では往復の飛行機の中で根をつめて読書。市長になって3年ちょっと経ちますが、当時と今との飛行機の中の違いは、

パソコンをしている人が大幅に減ったこと、

です。その代わり、本を読んでいる人たちが増えたような。

その中で、

1兆円を稼いだ男の仕事術
仕事するのにオフィスはいらない(新書)
戦争詐欺師
2011年新聞・テレビ消滅(新書)

は特に良かった。


d0047811_0181688.jpg
夏野剛さん。名著iモード事件の松永真理さんとともに、iモード開発に取り組んだひと。おサイフケータイ、FOMAの再生、キッズ携帯などとどまるところを知りません。

その舞台裏を描いたのが、1兆円・・・。内閣府時代に、ドコモと一緒に仕事をする機会があったのですが、あの頃のドコモは強烈な光を放ってました。その立役者の一人が夏野氏。

あの頃の夏野氏はいつもせこせこ、せかせか動いていた。あそこにもいた、ここにもいた。しゃべるだけしゃべり、その一方でじっくり聴くだけ聴く、

動く、動く。今の僕のモデルの一人は実は夏野氏です(笑)。

成功と失敗、とても面白い。個人の信念だけが商品価値を決める、仕事×情熱=社会の発展、変わることの必要性など、体験に基づくストーリー仕立て。

お薦めです。
by fromhotelhibiscus | 2009-07-25 00:18

伊勢丹新宿本店にて

今日は、伊勢丹新宿本店にてレモングラスのトップセールス。うちのレモングラス課職員の松本、どこにいるかなあって見ていたら、伊勢丹の店員に同化していました。にこやかに接客して僕が遠目で見ていた数分間でも売りまくっていました。

伊勢丹に来る前は、かなり緊張して気が重かったらしいのですが、なんのその。伊勢丹やリーフルの方々が口々に松本のことを評価していたので、とても嬉しかったです。

きっと、一職員の異文化体験。きっと得るものがあるでしょう。
d0047811_0503981.jpg


さて、肝心のレモングラスですが、売れていました。特に生葉が売れる、売れる。去年のフェアにお越しの方もリピーターとして買っていただきましたし、武雄高校の先輩である松原さん、共同テレビの江森浩子プロデューサー、写真家の安田菜津記さんNHKステラ編集長の濱田さん、佐賀新聞の辻村さん、サガテレビの有岡さん、上京中の杉原議長、わざわざ、岩永浩美参議院議員も。BRUTUSにも大きく載っていたリーフルの山田社長さん
d0047811_051573.jpg

また、感心したのは、佐賀県の首都圏営業本部、流通課の皆さん。よくサポートしていただいています。山口本部長さんもお越しに。
d0047811_0512884.jpg

いろんな方々のおかげで、武雄のレモングラスがここまで来ました。この場を借りてお礼を申し上げます。
by fromhotelhibiscus | 2009-07-24 00:52